屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:縦走 ( 9 ) タグの人気記事


2017年 03月 28日

生命はぐくむ屋久島の奥岳

1泊2日の大縦走。
九州最高峰の「宮之浦岳」、日本一太い杉「縄文杉」、
もののけ姫のモデルとなった「白谷雲水狭」。

この3つを組み合わせた自然好きにはたまらない
贅沢な山旅でございます。


今回は自然大好きな親子さんと。


だいぶ溶けたけどまだ雪残る奥岳。
生命あふるる春に向けてカエルさんも頑張ってます。


f0252883_16153452.jpg

下が♀、上が♂
オスの抱きしめ方が強すぎて中には死んでしまうメスもいるみたい。
これから産卵4月の終わりごろには奥岳の高層湿原では
ヒキガエルの卵でいっぱいになります。
約1万個の卵の内、立派なヒキガエルになれるのは大体5匹前後だとか。
がんばれ新たな生命!!



今日も風が強いぜ。森から抜けた投石平。
霧のすごい今日。宮之浦岳山頂で展望は見えるのかな?
近くにあるはずの黒味岳も全く見えません。


霧がどんどん濃くなる。
お腹が減ってきて口数も減ってきた。
少し風の防げる場所で早めの弁当タイム。
ここで馬力をつけて最後の登りがんばろう!!



弁当を食べ始めてしばらくすると
ピカッと!!辺りが明るくなる。
f0252883_16183897.jpg


あっあれはまさか・・・!!!


f0252883_16175991.jpg



きっと3人とも願っていた太陽様のお光が
屋久島の奥岳にやっと降臨です。


ぱーっと霧が晴れる。

f0252883_16202028.jpg


これから行く栗生岳が見えた。
2人はまだ見ていなかった、奇岩がたくさん天上界が姿を現した。


あーーー最高!!最高しか言えないなぁ!!
ああああああああああああああさいこーーーーーーーーーーーーー
ありがとう!!しぇいしぇい!!サンクス!!
あーーーーーーーーー今度はありがとうしか言えない!!笑


思考も行動も山にいるとどんどんシンプルに!
この世界では語彙力とかいらないぜ!



晴れは歩きやすいし最高だけど
変化に富んだ曇りや雨、風が強い。
そんな厳しい環境の時こそ、
最高にドラマチックなものを見せてくれます。
厳しいからこそ感動もめっちゃすごいです。


そのあと無事に宮之浦岳登頂!!

f0252883_16222292.jpg

この時が最高に霧に風が濃くて、
30分粘ったけど展望は見えなかった。


見せてくれる時と見せてくれない時がある。
ツンデレな屋久島のお天道様です。


その後も濃い霧は続いた大縦走1日目。
f0252883_16171682.jpg


縄文杉のそば高塚小屋の近くでテント泊し
翌日は朝、縄文杉をゆっくりとみて
白谷雲水峡もしっかり楽しみ旅の終わりです。


屋久島の森はこんな感じ。
f0252883_16225447.jpg
木々が共生しあってます。


今日は朝からたびたびあられが降り注ぎました。
一瞬で雪景色に(これ全部あられです


近くで見ると・・・
苔のアクセントになってめっちゃ可愛い♪


春の訪れの花オオゴカヨウオーレンはきっと
何だかまだ寒いなぁなんて思っていることでしょう。



今年は寒いぜ!!そんな屋久島の2日間でした。




※このツアーは体力ある人向けです。
体力がないけど、山で泊まってみたい。
朝の森も夜の森も全部を見たい、聞きたい、感じたいって
欲張りさんには2泊3日がおすすめです!


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-03-28 16:12 | 旅の日記
2017年 03月 18日

雪残る屋久島の奥岳より

雪の奥岳。
昨日、里では雨が降っていたけど山は雪だったみたい。
木々にうっすらと雪がのってて最高に綺麗だ!

f0252883_21394716.jpg

花之江河も雪景色。

f0252883_21574701.jpg

空の青と雪がベストマッチ!
ただ雪はシャリシャリでスリッピー。
気を付けながら歩きます。
黒味分かれにて軽アイゼン装着!


投げ石平。

f0252883_16085093.jpg


さあ森を抜けて稜線歩きへ。

f0252883_21415373.jpg

風が冷たい。寒すぎてなかなか止まれません!
ふと思った時、屋久島にいるのがわからなくなるとお客さん。
南国なのに雪の見れる素敵な島「屋久島」



次から次へと屋久島のかっこいい山が見えてくる。

f0252883_15593940.jpg

頂上にはいつも大きな花崗岩がどーーんとね!!
あれは何に見える?俺は亀!オレはうさぎ!
感性は様々。自然も人もいろんな感性が混ざると最高に楽しいです。



13:20 宮之浦岳到着!
やっほーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f0252883_16101321.jpg


さあ下り気を付けてこう!


平石岩屋。

f0252883_16095011.jpg

集中して一歩一歩を積み重ねた。
1,2時間前にいたあそこ(山頂)がとても懐かしい。
山頂は風がびゅんびゅん、凍えるような寒さだったけど
こっちの風はとても穏やか。
まだ先はあるけどみんなで少しほっとした。


宮之浦岳から噴火してるような雲がきれかった!!



平石岩屋~新高塚小屋

f0252883_15461999.jpg

森の中に戻ってきて強風に当たることなくなった。
森の中は日陰が多いから雪がたくさん残ってて
天然の滑り台だったり、ほふく前進で進まないといけない道だったり
最後までワイルドな登山道でした。


f0252883_15445996.jpg



寝床の新高塚小屋に着いて屋久島雪景色はこれにて終了。
スリッピーな登山道と寒さでいつもの縦走より体力を使ったなぁ。
この寒さと疲れにはあったかい飯と芋焼酎の湯割りが最高。
しみる・・・に尽きる1日でございました。


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-03-18 21:40 | 旅の日記
2016年 10月 06日

親子で屋久島縦走!

今回は旅好き親子との縦走。
日本に世界にいろんなところを旅行している3人。
ディズニーランドも上海以外すべて行ったとか!


海が好きなママさんの話は今海にひかれてる僕にはとても新鮮で楽しかった。


2日前の台風は嘘のように過ぎ去り
天上界は最高の天気。



屋久島大縦走!どんどん移り変わる山の景色たち。
宮之浦岳をバックに1枚!
f0252883_07355344.jpg


雲海も綺麗だった。
f0252883_07354575.jpg


台風が空気のよどみをとってくれた。
硫黄島もはっきりと見えた。
f0252883_07352435.jpg


2日目には朝陽と共に縄文杉を拝んだ。
f0252883_07360249.jpg



下山後は里でゼロキャンプをし
翌日は川でカヤックをした。



次はどこへ行くのかな?


ヤクシマウメバチソウ 
f0252883_07353538.jpg
花言葉はいじらしい。
ウメバチソウが矮小化した可愛らしい花。
屋久島も着々と秋へ。

屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-10-06 07:33 | 旅の日記
2014年 08月 15日

サラサラの笹

f0252883_00540000.jpg

島の中心部の高い山々は笹で覆われています
その笹をサラサラと感じながら歩くのがとても心地いいです



[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-08-15 00:52 | 旅の日記
2014年 05月 31日

屋久島のもう一つの魅力はヒト

f0252883_1431293.jpg

山好きな男たちは、なんでこう無邪気なんだろう。
山登りって辛いのに、いつも笑ってる。そして優しい。

f0252883_1441348.jpg


一人で山を歩いてたら、10人ぐらいの山に魅せられたガイド友達に出会った。
仕事もプライベートも自然に飛び込んじゃうM男たち、山と空が似合う最高種族であります!笑

f0252883_1445251.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-05-31 14:03 | 島に生きる人
2013年 12月 22日

神探し

f0252883_21412756.jpg

自分たちがヒゲのはえたオヤジであることをすっかり忘れてしまい、小学生のようにはしゃいでしまうのはなぜだろう。雪山の魅力をいったいどうやって伝えたらいいんだろう。

目には見えず、言葉で表現できない「何か」を僕らは神とよんで胸を高鳴らせた。

屋久島には八百万以上の神が宿っている。

僕らはその神々が写真に写りこむかもしれないという淡い期待を抱きながら、「おー、ここにも神がおられる!」という興奮をカメラのシャッターボタンに伝導させて夢中で撮りつづけた。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2013-12-22 21:39 | 島に生きる人
2013年 06月 13日

山のトイレ掃除

f0252883_733274.jpg

またまた山泊してきました。
今回の目的ももちろん写真撮影!・・・ではなくて

山のトイレと山小屋を綺麗にする任務でござる。

どのトイレも小屋も綺麗で、屋久島に来てくれる旅人さんのマナーの高さに感心する2日間でした。天気もよく最高の掃除&トレッキング日和で、フリータイムの夜も最高のカメラ時間を過ごすことができました。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2013-06-13 07:03 | 島に生きる人
2013年 05月 13日

ふじちゃんより

f0252883_84853.jpg

無事に奈良に帰ってきました。
今回も4日間、もっくん共々お世話になりました。ありがとうございました。
すご~く濃厚な旅になりました。
4回目の屋久島でも未体験なことがたくさんありましたが、今回は島にも随分なじんできたような気持ちになる時間でした。
最後の最後の報告になってすいません。(笑)
最終日、俊三さんに報告しようって言う私に、もっくんから言うなら最後にして~って釘さされたので。ちょっとひねくれた照れ屋なので大目にみてください。
随分、俊三さんに葉っぱかけられて言ってくれたんですかねえ。
涸沢では星を見るのを楽しみにしてたんですが、雲があって見えなかったので今回は満天の星空のもと話ができて良かったです。
これからは二人で、また遊んでください。
あゆみさんの手料理すごくおいしかったです。もっくんも感心してました。よろしくお伝えください。またごちそうしてくださいね~。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2013-05-13 08:38 | 旅人の声
2013年 05月 12日

ふじちゃん、おめでと!

f0252883_2135958.jpg

いつも女友達と遊びに来るフジちゃんが、4回目にして彼氏モックンを引き連れて上陸!

しゅんぞう 「ダイビングはこの
レギュレターと僕を信じてくれれば問題なく潜れますからねー」

もっくん 「僕を信じてくれなんて詐欺師以外言わないですよー」

しゅんぞう 「・・・・・・」

出会って1時間でこんなこと言ってくるコテコテの関西人に先がガックリと思いやれたが、予想は見事に外れ(笑) 漫才のノリで楽しい4日間を過ごさせてもらいました。

そして、今日の別れ際にビックなギフトが!


もっくん 「昨日、あれ渡しましたよ。」

山で泊まった時に「武田鉄矢風に僕は死にましぇ~んってこれを婚約指輪にして渡してください」って僕が冗談でモックンに渡した山に捨てられていた昔のジュース缶のプルタブを、今日別れ際にフジちゃんが嬉しそうに見せてきた。

わおー!!! 

昨夜、屋久島の星空の下、素敵な愛のドラマがあったようです。
二人のハッピーな時間に人生交われて、本当に嬉しい楽しい感動の4日間となりました。

ふじちゃん&もっくん、ありがとねー、そしてお幸せに!
f0252883_2154712.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2013-05-12 21:03 | 旅の日記