人気ブログランキング |

屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:縄文杉1泊2日 ( 4 ) タグの人気記事


2016年 07月 16日

静かな森歩き sanpo

1人旅、縄文杉1泊2日の旅。


まだ梅雨明けぬ今日。
ゲリラ豪雨と雷、かと思えば森に光がさしたり
色々な顔を見せてくれました。



雨のおかげで森は濃密な緑色に。


f0252883_11545586.jpg



太鼓岩では天気雨の恩恵、虹が見れた。


f0252883_11540524.jpg



ガイドの大先輩、月野さんから屋久島ではもうほとんどとれない
パッションフルーツの原種をいただいた。



f0252883_11541873.jpg




酸味と甘みが絶妙で運動中の体には最高にしみる。
こんなおいしいパッションフルーツは本当に初めてだった。
ありがとうございます!また来年もお願いします!笑



今年は滅多に見れない鹿さん。

f0252883_11544457.jpg


この日は切り株の中で雨宿り。
なんと切り株から外に出られず僕に捕まえられそうに。笑
冗談だけど、逃げ場はつくっておかないとね!



1泊2日の醍醐味、森の独り占め。



f0252883_11543031.jpg




森にいるのが大好きな方、体力の自信のない方へ。
ゆっくりのんびり森を楽しめる1泊2日、おすすめです。



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html


by shunzo_tabibito | 2016-07-16 11:53 | 旅の日記
2016年 06月 17日

ピーナッツバーを分け合った仲 パート1

6月16日

去年の夏に屋久島に来てくれたタクロー君
今回は仲良しのシンゴ君を連れ来てくれた♪
僕も入れて3人とも愛知県出身!!
さあ、でら楽しい旅にしよまい!笑

僕らの旅のお供はたくろーくんがもってきてくれたピーナッツバー!

f0252883_19223951.jpg

山の中でみんなで食べたらめっちゃおいしかった♪



f0252883_19230471.jpg


笑いの絶えない2日間の山旅~はじまりはじまり♪



トレッキング当日は暴風に霧雨が強かった。
そんな雨にも風にも負けず縄文杉に

「いま、会いにゆきます」

のジャケット風大人バージョン笑。


f0252883_19240783.jpg



いま、会いにきましたが、霧と雨で縄文杉があまり見えなかった。
なので翌日の朝、晴れを願ってゆっくりと見ることに!!



宴は質素にだけどテンションは盛大に終わり翌朝へ。




6月17日
タフな2人は疲れもなく今日も息ぴったり

f0252883_19243437.jpg

こんなシュールな写真も入れつつものんびりと縄文杉とご対面。



もう出発しようということ光が差して照らし出された縄文杉が
最高に心に残りました!いつもありがとうございます^^


f0252883_19250795.jpg


帰りは楠川歩道を通り白谷雲水狭を通って帰った♪



縄文杉トロッコ道の楠川分かれから辻峠までの1時間の急坂も
2人はどんどんと歩みを進める。
ガツンと登って苔がきれいな岩に寝ころんだしんごくん。
めっちゃ気持ちいっすよね!!最高!!

f0252883_19232928.jpg


最後はのご飯は鹿児島ラーメン!!


f0252883_19234519.jpg


きくらげが聞いてるぜい♪
登山中の塩分は最高のご褒美です。



下山後・・・まだまだ終わりじゃないぜ!!
尾之間温泉のあっつい湯船に3人で入って!!


その後はゼロキャンプ。


旅の後、みんなで火を囲んだ。

f0252883_19254637.jpg

旅のことから2人のこと、僕のことに
本当にいろいろなことを語り合った。


タクロー君がたき火をしながら
「屋久島(自然の中)にいると原点にかえれる気がするんだよね!」
それを想い出しにまた屋久島に来る。



すごく嬉しかった♪



大自然の中に身を置いて
自然の厳しさも優しさも、色んな景色を見て
山から下りてみんなで火を囲む。


北京原人の遺跡には焚火が残っていて
彼らは常に火を絶やさないようにして、
それがみんなの暖になり、コミュニケーションの場になり
調理場になり、それが宗教の対象になることもあり
いろいろな使われ方をしてきた。


50万年前の日常は、今は非現実的なことだけど
今は忘れかけている大切なものを思い出してくれる
すてきなものだと思います。


さあ明日はカヤックだ♪

屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html


by shunzo_tabibito | 2016-06-17 19:20 | 旅の日記
2016年 05月 14日

縄文杉へ、のんびりと。

今回1泊2日で白谷雲水狭と縄文杉を見るツアー。



早朝にスタート。
朝の森は静寂、まだちょっぴり肌寒い空気が
歩いて温まった体にぴったり。


だんだんと太陽が当たる場所へ。
太陽って本当にあったかい!
歩いてたらあっついもん、さっきまであんなに肌寒かったのになぁ。



白谷雲水狭名物の太鼓岩!晴れてて気持ちい~♪


f0252883_13565027.jpg


さあ!縄文杉へとまた歩くぞー!!!


大きな岩を気で持ち上げた!笑
目指せかめはめ波!!笑


f0252883_13551901.jpg


白谷の楠川歩道から縄文杉のトロッコ道へ。
トロッコを過ぎれば後2,5km。


縄文杉ルートのシンボルマーク、ウィルソン株のハート。

f0252883_13535975.jpg


そしてついに縄文杉へ!
でしたがこの日は霧が強く縄文杉が見えなかった。。。
翌朝、おはようの縄文様。

f0252883_13580918.jpg


幻想的な森をバックに堂々とした縄文杉。
いつ見てもイカす!!!!


この木は何に見えるかな?

f0252883_14031409.jpg

りんごとバナナを食べててほほえましい光景でございました。笑


帰りは少し寄り道。
木の中に入ってみた!


f0252883_13593581.jpg


苔に夢中になったひろさん。

f0252883_13595574.jpg


帰りのトロッコ道では手すりのない橋が出現!
高所恐怖症にはたまんない!?笑


f0252883_14005092.jpg


この日は朝から雨が降っていた。
昨日とは違った滴の世界が素敵な森でした。


f0252883_14012713.jpg



晴れと曇りと雨と屋久島らしい変化のある2日間。



のんびりトレッキングといっても荷物はどうしても重くなる。
はじめてだったら尚更きつく感じてしまうこともあると思う。


でもそれは
衣・食・住を自分で背負った重さ。
それがザック1つで背負えちゃうって考えたら軽いなぁって
僕は思っちゃいます。



これも泊まりの魅力の1つ。
生きるための最低限の荷物と少しの嗜好品とともに歩く。
普段住んでいる里(街)では味わえない充実感が味わます^^




屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html



by shunzo_tabibito | 2016-05-14 13:51 | 旅の日記
2015年 07月 12日

大雨の1泊2日

今回は久々の泊まりのガイドをしてきました。



今回の素敵な2人。
自由すぎるチエミーと優しすぎるメグミー。



大雨と突風の自然コンビと
自由と優しさの人間コンビ


お互い仲良くなれるかな?

f0252883_09291729.jpg
普段はこんなに穏やかな滝が今日の大雨では・・・
f0252883_09291218.jpg
めっちゃすごい!!大迫力!!!




俺は雨も風も大好きなのでウェルカム!!(登山後の後片付けは嫌だけど!笑)
2人は最初は慣れない雨風に不安そうでしたが、
2日目には自然に溶け込んで友達になってました。

f0252883_09292307.jpg
溶け込みすぎて保護色に!!笑




夜の宴は最高だったなー
雨に濡れて寒い体にみた~けお湯割りがしみわたる!!
このおいしさは雨のおかげ、ありがとう。
話も弾む!素敵な話をたくさん、すごく楽しい時間。




これからのお二人の活躍がめっちゃ楽しみです!!!
次お会いできるいつかなー




屋久島の森は雨も最高!!
しずくがうるうる、きぶんはうきうき。
きっとハイテンションで楽しめるはず!!




☆今回は泊まりの魅力を(初心者でも手軽な縄文杉の泊まり)!!

1.森をゆっくりみれる
➡縄文杉の日帰りってすごく大変で往復22キロを11時間くらい歩きっぱなし。
そんな時とまりならたったの11キロだからその分ゆっくり森を楽しめます。
ゆっくり見るから小さな発見がいっぱい。

2.縄文杉が貸し切り!
➡日帰りと時間をずらせるから、そしてその近くに泊まるから
夕方、夜、早朝いつだって見れる!自分が見たい時にみれるっていいよね。
俺は夜に森の隙間から見える星も大好き。

3.森の中で小さな宴!!
➡山で食う飯はうまい!腹減ってるから尚更うまい!
うまい水で沸かしたお湯で屋久島の焼酎でわって乾杯。
回し飲みで兄弟の盃(さかずき)ってのも最高!
水うまし!空気うまし!飯うまし!話もはずむ!今日はありがとうって。
で早めに寝たら明日はもっと山が楽しいはず。

4.変化のある森が楽しめるかも
➡昨日と今日で森は大きく変わるから
昨日は咲いてなかった花が、見たことない生き物が
晴れから雨、雨から晴れだったり。
昨日の景色と全く違った景色を見ちゃったら
もう屋久中(屋久島中毒)間違いなし!!

5.まだありますけどこの辺にしときます。




屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html




by shunzo_tabibito | 2015-07-12 09:28 | 旅の日記