人気ブログランキング |

屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アレンジ山旅 ( 8 ) タグの人気記事


2016年 01月 02日

2016年初ガイド

f0252883_141501.jpg

あけましておめでとうございます!

アペルイのしゅんぞうです。31日から2日まで山泊でハルくんと旅してきました。去年のお客さんの中で最多の3回の来島で、もう仲間のような存在になっちゃってる。笑 

f0252883_295833.jpg


出会いとは本当不思議で、自分に足りないものをもっている人が絶妙なタイミングで現れ、相乗進化をしながら後戻りできない一生を突き進んでいる。ハルくんとボクの出会いを言葉であらわすと、デジタルとアナログの出会い。

f0252883_148541.jpg

最新のアウトドアギア情報やデジタル楽器、星ガール・・・次々にハル君の口からでてくる新ワードに、男二人テント内で、メキメキと新企画が生まれていく。2016年も新企画が生まれますよっ!農園カフェがオープンしたら、新企画を発表します。

f0252883_1535345.jpg

2016年の初日の出にココロ踊るハル君

f0252883_1561460.jpg

今回の旅の目的は雪山。しかし、暖冬で雪がまったくなーい!大晦日の天気予報は晴れということで雪はもう2人とも完全にあきらめていた。が、しかし!想いが天に届いたのか、夜から吹雪いた。奇跡は起きますね。翌朝起きると5cmほど積もっていた。そして満天の星空!見事、日の出を拝んでパワー充填したハル君は、念願の雪で・・・顔を洗いだした。笑

f0252883_1595882.jpg

そして、食べだした。完全に小学生に戻ってますね。笑

f0252883_203748.jpg

氷も食べだした・・・

f0252883_212641.jpg

今度は石をもちあげたぞ・・・

f0252883_224791.jpg

もうテンションマックス!笑

宮之浦岳周辺の陽の当たらない登山道は雪は少ないものの、ツルツルに凍っているので簡易アイゼンが必要な状態です。宮之浦岳に登ると去年の12月29日のときと同じ雲海が広がっていた。

f0252883_263837.jpg


徐々に姿を見せる永田岳に言葉を失う世界が・・・

f0252883_274762.jpg


f0252883_28539.jpg

グレート永田岳の全容が姿を現した!

夕方の雲海の景も本当にすばらしかったです↓
f0252883_2173692.jpg

以下のサイトに大きいピクセルの写真をアップしているので、是非大きい写真でみてもらいたいです。
https://500px.com/photo/134615413/cloud-sea-by-shunzo-tanaka

2015年の締めと2016年の始まりを最高の仲間と過ごせたこと、最高に幸せでした。
今年もガンガン山登るぞー!2016年のアペルイも全力で楽しいことやっていくので、よろしくです。

今回の旅のベストショットはこちら↓
https://500px.com/photo/135416551/sunrise-on-new-year-s-day-in-2016-by-shunzo-tanaka


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html

by shunzo_tabibito | 2016-01-02 01:35 | 旅の日記
2015年 08月 13日

はるくんの夏休み

お盆ど真ん中!!
今日は4月にもアペルイに遊びに来てくれたハル君とその友達のタクロー君と泊まりの登山。


f0252883_13262268.jpg

これはまだ元気な1日目。今回のトレッキングは
笑顔あり、苦痛あり、屋久島特有の常に変わり続ける天候で課題がたくさん出たトレッキングになりました。

f0252883_13254806.jpg
いつも綺麗な淀川。
よ~く見ると、何か映り込んでるぞー!?

f0252883_13261363.jpg

これが『漢』の水の飲み方。勉強になります!!笑


f0252883_13263333.jpg

投石平。これから森は終わり稜線へ。
天気が良くて気持ちいい。軽くお昼寝タイム。

f0252883_13264223.jpg
今日は永田岳で最高の夕陽をみるんだ!
やくざさに囲まれて絶景を楽しみました。


その後、永田岳に登りましたが暴風で疲れがどっと出てしまい夕日は断念。
翌日に備えます。

f0252883_13270216.jpg


翌日は雨に風雨でなかなか行動できず9時半ごろから下山開始。
3人で話し合って行きとは違うルートをたどって
縄文杉をみて荒川登山口に戻るルートを選択。


タクロー君の要望で2泊3日を1泊2日へ変更。


f0252883_13265314.jpg

鹿くんも登山道のが歩きやすいもんね。何度も遭遇しました。


f0252883_13271377.jpg

ハル君の笑顔は最高!!

縄文杉に着いたのは夜の7時。
お客さんを説得して高塚に泊まるべきでした。

その後タクシーを夜中の11:30に手配し、時間通りに到着。
そこでタクシー会社とのハプニングあり荒川三叉路まで歩いて
帰宅が翌朝の4:30でした。


今回は、馴染みのある晴君の夏休みだしナイトトレッキングもいっか!!
と思ってしまっていたけど心の中では高塚小屋が一番無理ないよなーってわかっていた、
心の声をしっかりと逃さないことがすごく大事だと実感しました。

心の声=直感

1年間ガイドを経験してきてたくさんの経験をしてきました。
お客さんに寄り添うことを重視しすぎて直感を無視してました。
その結果で色んな判断ミスを犯してしまった今回のトレッキング。

お客さんの命を預かっている以上、
寄り添う以上に大事なことあるだろ。
今回は何もなかったけど次はあるかもしれない。


今回は寄り添うことも大事だけど
自分の意見を提案すること、直感を意識すること
大切なことをたくさん学べました。


ハル君は僕を成長させようって、
意見をくれて、意見を聞いてくれて、ダメなとこはダメって正してくれます。
本当にありがとうございました。


今回はガイドをやってきて一番悔しいトレッキングでした。
ハル君を次はもっと喜ばせれるように日々精進します。




by shunzo_tabibito | 2015-08-13 13:22 | 旅の日記
2014年 09月 21日

青空と巨石と人

f0252883_01500765.jpg


by shunzo_tabibito | 2014-09-21 01:49 | 旅の日記
2014年 06月 30日

最幸の島

f0252883_9313581.jpg

住めば住むほど行きたい場所が増え続ける魅惑の冒険島ヤクシマ

エッジの効いたこの花崗岩のピークは最幸
3日後に写真の山男が最幸の結婚式をあげました

最幸な日々が続くヤクシマであります

by shunzo_tabibito | 2014-06-30 09:31 | 島に生きる人
2014年 06月 08日

地球にプラグイン

f0252883_7353221.jpg

山で裸足になるとなんでこんなに気持ちいいんだろう。
地球にプラグインして、パワーを頂いてる感覚がたまらなく心地いい。

花之江河登山道のビャクシン沢渡渉点にヒノキの大木(写真奥)が倒れ、渡りにくくなってます。登山予定のある方は増水時、注意が必要です。

by shunzo_tabibito | 2014-06-08 07:34 | 島に生きる人
2014年 06月 08日

林床を埋め尽くすシャクナゲの落花たちに

f0252883_7324775.jpg

溺れてゆく心友

by shunzo_tabibito | 2014-06-08 07:30 | 島に生きる人
2013年 02月 25日

俊朗さん

f0252883_23311314.jpg

島育ちの俊朗さんはとにかく島の穴場的、魅力的な場所をよく知ってます。そして、植物の知識も半端ないです。そしてそれ以上に、連発するギャグは国宝級です。笑 そしてそして、人を楽しませるたくさんの引き出しを惜しみなく、もちろんお金ももらわず、若者に伝授してくれる懐の深い人です。

合言葉は「高平、麦生、ハロー!」です。
この挨拶の面白さは、屋久島に来たらわかります。笑

俊朗さんのお店「屋久島ガイドシステム」
是非チェックしてみてください!
http://www1.ocn.ne.jp/~iwakawa/index.html

by shunzo_tabibito | 2013-02-25 23:31 | 島に生きる人
2013年 02月 25日

晶子さん

f0252883_23293883.jpg


休憩の度に森に溶け込もうとする晶子さんは、気づくとどこかで目をつぶって寝ころんでます。どんな絵の構想が生まれているんでしょうか・・・。晶子さんは屋久島在住の画家です。

遊べば遊ぶほど味が出てくるスルメのような人で、いつも笑っていて楽しいです。

昔は、井上陽水さんや斉藤和義さんに絵を提供したこともあったそうです。

晶子さんの世界感、悔しいほど素敵です。
下のホームページのギャラリーを是非のぞいてみてください!
ワクワクする絵画でいっぱいです。

http://www.shokomumu.com/

by shunzo_tabibito | 2013-02-25 23:30 | 島に生きる人