屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 25日

徳ちゃんより

f0252883_14434367.jpg

屋久島を訪れるのは今回で8回目。
和蔵を通して旅をしたのは4回目になる。
今や私の屋久旅は、和蔵なくして有り得ないものになっている。

縁あってオープン直前の和蔵にお願いして
龍神杉トレッキングに連れて行ってもらって以来、
黒味岳、モッチョム岳、蛇の口滝といった登山・トレッキングや
栗生川での沢遊び、湯泊でのスノーケリング、
大川の滝、西部林道、横河渓谷、永田いなか浜などを含めた島巡りと
たくさんの自然をともに旅してきた。

なぜここまで和蔵に馴染むようになったのか。
それはたぶん、和蔵は旅人との関係を「ガイド対客」ではなく
あくまでも「人間対人間」として捉えているからではないかと思う。
同時に私自身も、ガイドさんに対しガイドだけではないものを求めていたから
和蔵を通しての屋久旅が心地の良いもにのなっているのだろう。

屋久島の雄大な自然に触れるとき、人生観が変わるなんて大袈裟かもしれないけれど
今までの考えが改まったり、悩み過ぎてぐちゃぐちゃになったことが
とてもシンプルに考えられるようになったり、そんなことがよくある。
山の中を無心でずんずん歩いていると、余計な考えが削ぎ落とされるような感覚になる。
そんな感覚が好きで、脇目もふらず黙々と先を歩くこともしばしばあるのだけれど
(先を歩き過ぎて道に迷ったかと慌てさせてしまったこともあったっけ・・・)
基本的に俊三さんは止めもせず、後ろから見守っていてくれている(多分)。

もちろん、植物の生態などのレクチャーもあるけれど
ポカポカして気持ちよかったらお昼寝したり、一緒に小石を積んで遊んだり、
ときには自然や人生について深く語り合ったり、
怪しい写真同好会となってひたすら写真を撮りまくったり・・・
とにかく自由に気の向くままに遊ばせてくれる、親戚のお兄ちゃんテイスト。

ああしろこうしろと押し付けることはないし、あくまでも旅人ペースに合わせつつ
自然との遊び方を教えてくれて楽しませてくれる・・・。
そんな付かず離れずの距離感が、私にとってはしっくり来るのかな。

そして、阿弓さんが作る素朴でありながらこだわりの利いたお弁当も最高。
洸ちゃんの成長を見るのも、屋久島を訪れる楽しみのひとつになっている。


さてここで、屋久旅8回を数える私からこれから屋久旅を計画する方々へアドバイスを。
屋久島といえば縄文杉、白谷雲水峡という2大スポットが代表的で
この2箇所に観光客が集中しているのが現状です。
そのことによる環境への影響も問題視されているのも事実。
だからというわけではないですが、屋久島の魅力はこの縄文杉・白谷のみならず。
あえてこの2つを外したプランを楽しむのがお薦めです。
自分たち以外だれもいない静かな森で自然にどっぷり浸ってみてください。

そして屋久島の魅力は山のみならず!
海や川も屋久島の自然を形作り育む上で欠かせない要素。
ぜひぜひダイビングやカヤック・沢登なども体験して欲しいです。

和蔵ならまとめて案内してくれますよ(笑



《フォトサービス感想》

今まで利用した和蔵以外のエコツアーサービスでも
写真を撮ってくれることはありましたが、縄文杉の前とか
ウィルソン株の前とかそういうポイントに限られていたと思います。
それも自分が所有するコンパクトデジカメを渡してという形で。

和蔵では、伝家の宝刀(?)デジタル一眼レフカメラを携えて
旅の始めから終わりまで、頼まなくても知らぬ間に旅のヒトヒラを
たくさん写真に切り取ってくれます。

「ハイ、チーズ!」で撮る構えた顔ではなく
心底楽しんでいる、驚いている、感動している表情を捉えていて
自分でも知らなかったような顔にちょっと照れてしまったり。

グループで旅をしていて、友人同士で撮り合っていると
必ず誰かが欠けてしまうけれど、そんなこともない。



何より、屋久島のダイナミックで、繊細な自然の数々を美しく写真に収めてもらえたら
旅のあとに友人に見せるとき屋久島の魅力を伝えやすいし
自分自身も思い出にどっぷり浸れるから嬉しい。

俊三さんの写真が素敵なのは和蔵サイトに掲載された
数々の写真をご覧頂ければ分かると思います。

どうぞ、和蔵フォトサービスで屋久旅の美しい景色や
楽しい時間、深い感動をより素敵に残して旅のあとも楽しんでください。
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2010-01-25 14:43 | 旅人の声
2009年 12月 25日

大輔君より

f0252883_1535227.jpg

屋久島の旅はこれまで海外旅行ばかり行っていた自分にとって、日本の雄大な自然を感じられる思い出深いものになりました。ブラジルへの出発が延期になったからこそ、できることをやりたい!と思っていましたが、今回の旅は正にそんな思いを実現することができました。4日間付きっ切りでガイドをしてくれた俊三さん、美味しい手料理&コーヒーを振舞ってくれたあゆみさん、そして屋久島の大自然の中ですくすくと育っている洸平くん、和蔵ファミリー皆さんのおかげです。ありがとうございました。

HPと友人の方々のブログ等の情報でほぼ直感的に和蔵を選びましたが、個人的には今回のセレクトは大正解だったと思っています。二日目に南の海にダイビングついでに島内観光をしたり、俊三さんのボンベ忘れついでで(笑)温泉に行けたり、最終日前夜は家に招いてもらって家族の団欒に招いてもらったりと、予定コースアウトのプラン連続でかなり満喫できました。(そんな辺り「この人商売っ気ないですよ」と書かれていたコメントも大方外れていないかなと思います 笑)


今後の和蔵を思って個人的に感じた改善点を以下書いてみようと思います。

・和蔵を他社から差別化している点を強みにする工夫を考える
屋久島のエコツアーは大半が山か海かどちらかに特化しているケースが多いと思います。和蔵のように海も山も対応しているケースはどちらかといえば少数派だと思うのですが、それは強みにも弱みにもなると思います。要は海も山も中途半端なレベルだと思われてしまうとそれは広告効果として、デメリットになってしまうというケースもあり得るということです。
(山に行きたい人は山専門のツアー会社に、海に行きたい人は海専門のツアーに行った方が良いと思うこともあるということです。)
一方、海も山もやっていることが、強みになることもあるかと思います。例えば自分のような海も山もやりたい場合に、夫々別の会社に御願いするのは手間の面からは面倒ですし、予定が変わった時に柔軟に対応することができないというのは不便かなと思います。
その点海も山も同じ店で扱っていれば、天候に応じて海と山の日程を前後調整したり、柔軟に対応してもらうことができる、というのは和蔵の強みの一つと思います。
一例ですが、個々のツアーに加え、2泊3日で屋久島の海と山を満喫するプラン等複数日程の組み合わせもコースに加えては如何でしょうか?
あるいは日程とやりたいことを教えてくれれば海と山と楽しめる旅程をコンサルティングします!といったような宣伝をどこかに加えても良いかと思います。
また現在「太忠岳」等コースに含まれていない場所もあるかと思いますが、対応できるコースはなるべく多くHPに掲載しておく方がよいかと思います。
(例えば太忠岳に行きたい人はHPに乗っていないというだけで、他社に行ってしまうと思います。)

以上今後の和蔵の発展を願って思いついたままを書かせて頂きました。少しでも参考になれば幸いです。

それではまた会う日までお元気で!
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-12-25 15:29 | 旅人の声
2009年 11月 08日

飯塚さんより

f0252883_15402166.jpg

こうしてメールしている今も、屋久島で田中さん家族と団欒している気分ですよ、本当に。『和蔵、田中さん一家』とかけて、遠き昔の初デート、と解く、その心は、 若者が恋をしているような、そんなトキメキ感一杯の屋久島一拍め。一つの器を囲んでの食事、コレが今でもシビレマス。見ず知らずの旅人に。一番嬉しかったです!

アレ、こんな写真もあったんだ?、なんて独り言いいながら、たった昨日の事と思えてならない、田中さん一家との喜びの出会い。今振り返れば、全てがこうゆうふうに成るように仕組まれていたのかと。年初めのツウリングの予定が屋久島に行くこと。それが、農林大学に行き、高橋君と知り合い、和蔵を紹介され、旅が実現する。偶然ではなく、必然的に思えてなりません。正しく、出会いによって人生が左右されるいい時間をいただいた事に感謝申し上げます。

なん、なんだ! 『屋久島』と言うところは、違う惑星のような気がしてなりません!!。なんて言ってイイのか、言葉が見つかりません。そのくらい、行くトコ行くトコ、驚きの連続でしたから。ハッキリ言って、帰りたくなかったです。

俊三様、奥様、御曹司、和蔵に泊めていただき本当に有り難うございました。
出会いは命ですね。今後も、ご家族皆様が健康で益々活躍の場を広げられ、全ての出会う人々に、喜びの感動を与え続けてくださいますよう、心よりお祈り致します。

追伸、今楽しみの一つに、ブログの中の、和蔵に会いに行くことです。
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-11-08 15:38 | 旅人の声
2009年 11月 05日

まことくん&かなちゃんより

f0252883_1544819.jpg

苗をあげた旅人です。
俊蔵さん、三日間本当にお世話になりました。スゲェーー楽しかった!!
1番印象に残ったのは雨の中の白谷。つづいてカヤックで水没(デジカメ復活!!買わずにすみそう)、燻製シイラのパエリア、島の人から貰ったという謎のフルーツ、島一周、西部林道、数々の滝、三日間を思い出すと書ききれないです。
最終日に自宅に誘ってくれた時、ものすごくうれしかった~。手みやげを選んでいる時は嫁と二人でニヤニヤでした。俊蔵さんの友達のおっつ君、ともさんと囲んだ夕飯はおいしかったし楽しかった!!みんなのマル秘な暴露で大盛り上がりだったし最後の集合写真は後で嫁に送らせます。パソコンが苦手で。パン食べましたよ。いやいやウマさにビックリでした。阿弓さんのカフェ計画が成功するように祈っています。
今回の屋久島の旅、たくさんの思い出ができ、たくさんの自然に触れ、たくさんの人のやさしさにふれました。(みんなと飲んだ後ホテルで目がうるんでました)屋久島サイコー!!絶対にまた行きます!!その時は和蔵泊でツキンボしたり、BBQしたり色々遊びたいっすね!!
俊蔵さん、1年間突っ走ってきたと思います。あまり力が入っているとコケてしまいます。たまには休憩休憩。今度会ったときに燃え尽きていないようにこれからもホムペからではありますが、和蔵の発展を楽しみにしています。
では、またそのうち。  まこと


充実した、素敵な三日間でした。お世辞ではなく、今までした旅行の中で一番良いものでした。
前々から来たかった屋久島だったという事もあるとは思いますが、俊三さんに出会えた事も大きかったと思います。
山と海と川の素晴らしい大自然と、俊三さんとの楽しいお話。屋久島のイロイロな事を教えて頂き、質問にも丁寧に答えてくれました。
今まで雨の日の登山なんてありえないと思ってましたが、雨の日の山のきれいさ素晴らしさを知りました。
ゆったり周りを見渡しながら、自然に触れ、自然の偉大さを感じました。
今まで何度か旅行でガイドさんをお願いしたことがありますが、俊三さんは普通のガイドさんとは違う気がします。もちろん良い意味で。
私たちも楽しんでいましたが、俊三さんもガイドをすることを楽しんでやっているのが伝わってきました。
そして、とても人が大好きなんだろうな。ひとつ、ひとつの出会いを大切にしてるんだろうな。と感じました。
何か大切な事を教わった気がします。
白谷雲水峡では、携帯を水没。翌日のカヌーでもデジカメを水没・・・
そんな事もあったけど、それ以上のものを得た旅だったと思います。ありがとうございました!!

PS.
最終日、自宅へ誘って頂きとっても嬉しかったです。
阿弓さんのおいしい料理、おっつさん、ともさんとのみんなでの楽しいお話。洸平くんには癒されました。
おみやげにもっらたパンとっても美味しかったです!!  かなこ
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-11-05 15:41 | 旅人の声
2009年 11月 03日

はるくん&あやちゃんより

f0252883_15481975.jpg

先日はどうもありがとうございました。はるくん&あやです。
今日京都に帰ってきたので早速HPをチェックすると…
私たちの写真をトップに持ってきて頂いてまたまたテンションあがりました!!! 
白谷雲水峡すごーーーく楽しかったです♪
なによりしゅんぞー兄さんの素敵なガイドがあったから☆☆ 
森についてのいろんなお話や旅行の話や生活の話などいろいろ聞かせて頂いてありがとうございました!
はるくんは「欲を捨てる」という言葉が相当印象深かったようで、あの日から毎日唱えてはります笑
屋久島ではあのあと大川の滝に行き、翌日は島一周で西部林道ではお猿さんに何度も通行止めをされ、はるくんは永田前浜で泳いでました笑 

私達そんなに好奇心の塊でしたか?笑 でもこの写真すごく良く撮って下さってますね♪ HPの写真もいろいろ見ましたがどれも素敵でした!
太鼓岩からの景色は一生忘れません。次は屋久島で沢登りとダイビングもしようと、それから今度オススメの加計呂麻島に行こうと旅をしめくくりました。
本当に本当にありがとうございました(^^)
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-11-03 15:47 | 旅人の声
2009年 10月 31日

かおりちゃんより

f0252883_1127145.jpg

こんにちわぁ~
和蔵のストーカーかおたんです。

2日間お世話になりました。俊蔵さんのおかげでとっても楽しく、リラックスして霧と雨の白谷雲水峡と、感動の海での時間を過ごすことができました!ありがとうございます。

海から上がってアオウミガメがゆっくり泳いでくれいていたことを教えていただいた時に、さらに感激しました。なんて優しいコなんだろう。あとシンデレラウミウシもすごく美しかったです。テレビなどで見たときは、それほど感じていなかったのですが、海で出会うと何倍も綺麗で印象がかわりました。キビナゴの海のオーロラ、雨に光る苔、複雑に絡まる根、水墨画のような太鼓岩からの景色、おいしい愛妻弁当…なにもかも書ききれないくらい本当に美しかったです。素晴らしい体験をありがとうございました!あ、『ヒゲガイド』なんて思ってないですよ。


阿弓さまはじめまして。
24日に白谷で和蔵さんにお世話になりました。
お弁当とってもおいしかったです
特にカボチャの煮物が冷めていてもおいしくて感動でした。
あと、ゴーヤとサバ節のマヨネーズ和えもおいしかったので
”カフェオープンまでの~”を拝見して帰ってから作ってみました~

塩茹でにした落花生を思い出してよだれが出そうです。
焼酎サイコーだと思います。

洸平くんの成長などこれからもブログ楽しみにしています。
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-10-31 11:27 | 旅人の声
2009年 10月 23日

まりちゃんより

f0252883_15503013.jpg

今は屋久島で過ごしたことが夢のようで、写真を見て思い出にひたっております。
屋久島では本当に素敵な時間が過ごせました。最初、縄文杉トレッキングも自分たちだけで行こうかと迷ったりしましたが、俊蔵さんにガイドをしていただいて、本当に良かったと思っています。縄文杉に出会う前にも、色々なサプライズ、発見があり、期待以上のツアーで大満足してます。言葉だけでは語り尽くせないもので、表現できないのがくやしいです・・。

帰って来てから早速、京都の山を登りました。往復1時間ぐらいの山でしたが・・・。

友達にも屋久島の良さをいっぱい伝えております♪♪


本当にありがとうございました。
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-10-23 15:49 | 旅人の声
2009年 10月 20日

お父さん&お母さんより

f0252883_155879.jpg

今回、屋久島は、初めてでした。白谷雲水峡トレッキングは、実に良かった。体力的な負担も殆どないし、まさに屋久島の自然を満喫できるコースだと思う。苔と屋久杉が調和した、微妙な素晴らしい自然。きっと、殆どの人は、感動するのではと思う。

その自然に加えて、和蔵の俊三さんのガイド&トークが、絶妙。もののけ姫の森や太鼓岩など重要スポットで、彼は、「五感でゆっくりと感じて下さい」ということだけ言って、あとは、参加者が皆、思い思いに、何も話さず、五感で感じとりました。説明はそれから。この間の取り方と、参加者の感性を優先して自然の素晴らしさを感じさせるガイドぶりには、参った!一本やられた!という感じ。

往き帰りの車の中や登山中も、俊三さん、それと彼によって心を開かせてくれた参加者の人(Yさん)とで、大いに話し、笑っぱなしでした。私なんか、2年留年もした馬鹿息子の人生相談にも乗ってもらったりして。このトレッキングの1日で屋久島が本当に好きになりました。それは、私だけでなく、妻と参加者のYさんも同感だったよう。もう一度、是非、屋久島に行きたい!

最後に、もし、初めて屋久島に訪れる人へのアドバイス。和蔵の俊三さんは、本当に商売っ家がなく、屋久島の自然を心から味わって、楽しんで欲しいと思っている人です。だから、彼に、自分の登山経験やダイビング経験、そして、どんなことをしたいかなどを連絡して、屋久島に行く前に、アドバイスをもらうと良いと思います。お勧めの宿や食事をする処などいろんなことを教えてくれると思いますよ。私は、お土産のアドバイスをもらって、三笠の焼酎とサバ節を買って帰りましたが、絶品です。今回の屋久島旅行は、本当に感動した、私が生まれて旅した中で、最高の旅行でした。和蔵に感謝!これからも、この感動を、たくさんの方が味わえるよう、俊三さん頑張ってね。陰ながら応援してますよ。
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-10-20 15:56 | 旅人の声
2009年 10月 20日

ゆかさんより

f0252883_15533142.jpg

「期待と不安で出かけた屋久島一人旅、今年3月に「和蔵」さんへ遊びにいった知人の紹介で何気なくガイドをお願いした俊三さんと出会って、私の屋久島旅行は何十倍にも素晴らしい忘れられない時間になりました。旅行会社の大人数ツアーの一員としてだったら、屋久島は私にとってこんなに心が揺さぶられる場所にはならなかったかもしれません。

1日目縄文杉、2日目白谷雲水峡&星空ツアー。
観光地巡りだけのツアーガイドではなく、屋久島の風土のすばらしさ、大自然や地球、そして命の循環の神秘、自然に負担をかけず寄り添う生活、夢を持つことのすばらしさなど、たくさんたくさん会話をしていくうちに、自分の心も日常を忘れ開かれていく感じで、初対面ってこと忘れていたかも。(笑)ガイドさんとお客さんという関係ではなく、友達として俊三さんともっともっとお話ししていたいな~って、思いました。

屋久島に行ってみたい!という人は、私のまわりにもたくさんいます。気になっている人には、是非是非時間を作って行って欲しいです。縄文杉だけじゃない、大自然の森や空や海や川や星、、、、 そして、俊三さんに会って、素敵な感動を共感してみてください。

最後になりましたが、白谷で一緒させていただいた、おとうさん&おかあさん。お二人と一緒に一日を過ごせて、本当に本当に楽しかったです。またいつか屋久島で、今度は宮之浦岳か黒味岳で一緒に大笑いしながら感動したいですね!」
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-10-20 15:52 | 旅人の声
2009年 08月 03日

香織ちゃんより

f0252883_14411913.jpg

田中さーん!!

ほんとに楽しい幸せな時間をありがとうございました!!
みんな気分良く奈良に帰ってきました。
屋久島は最高だったと口を開いては連呼する中いつの間にか田中さんは良かった良かったー最高だったと屋久島話が始まると99%は田中さんの話でもちっきりで田中さんとの想い出に酔いしれています(笑)

みんなで屋久島の想い出のデジカメをTVで上映している時にホームページでのアップが確認出来 泣き笑い そして喜び、大騒ぎでした!

田中さんは自然を通して人とのつながりを大切にされているんだなと全身で感じました。
そんなガイドの田中さんと壮大な屋久島の地で出会えた事にほんと感謝しています!

又みなぎる田中さんのパワーをチャージしに屋久島の地を訪れますね!

是非又、奈良や大阪、京都にも遊びに来てくださいね!
今度はお礼に案内させて頂きますので!

ではまたお会い出来る日を楽しみにしています!
本当に楽しい幸せな時間をありがとうございました!

奈良のパパママ達、娘・香織より
[PR]

# by shunzo_tabibito | 2009-08-03 14:40 | 旅人の声