屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 26日

レシャップベル ARSELLE(16,5KM)~LA CROIX DE BELEDONNE(32,4KM)

第1エイドArselleをすぎると、景色が一気に変わった。


今こんな感じだったのが
f0252883_04582799.jpg


こんな感じに♪
f0252883_05004365.jpg

木々の数が減って、足場が悪いガレ場主体の道。
相当集中しないと走れない道へ。
切り立った山々が目の前にたくさん出てきた。
きっとあれを登ってくんだね^^



事前確認で30個もあるという湖も遂に出てきた。
f0252883_05013543.jpg
美しすぎてそれに見合った言葉は出ない!
ただ「最高!!!!!」って叫んでしまう!


標高はどんどんあげる、
2,500m付近からはちらほらと残雪も出てきた。
f0252883_05012546.jpg
ここも走るんだ!(後半には長い残雪の下りも出てきて楽しすぎた)
下りはストックでスキーしてビューンっと行けるから
岩に飽きたころに出てきてくれて最高に楽しかった^^
転んだついでにお尻で滑ってみたらこれが大当たりで
面白いように滑って気持ちよすぎた♪
ただ1か所岩が突き出ててめっちゃ痛かったけど。笑


この辺りから頭がめっちゃ痛くなってきた。
照りつける日差しでめちゃめちゃ暑かったからそのせいだって
最初は気のせいかと思ったから無視して進んだ。



だんだんと身体に力が入らなくなってきた。
ふらふらしてただでさえ足場は悪いのに。
「そんなペースは速くないはずなのにおかしいなぁ」
そんなことを思ってるうちにも症状は悪化して
岩場に隠れて何度か吐いた。


レースで吐くのは初めてだから
しかもここはまだ30kmくらいしか進んでないところで
めちゃめちゃ不安になった。


これから大丈夫かな?


その後も何とか体を進めて今回最高点へ。
f0252883_05014340.jpg
なんだあの湖は・・・
綺麗すぎて心がもってかれる!笑
一瞬だけど頭痛いのも気持ち悪さを忘れた!
ここまで33km累積標高は3,200m。
ほんとにずーっと登ってきたんだなって思った。
これから得意の下り。
気持ち悪いの収まってくれ。
ただこの暑さと標高じゃきっと症状は治まらないから
とにかく先へ!はこの時の気持ち。


高山病なのか熱中症なのか
どっちもなのかどっちでもないのか


標高下げればわかるだろうと思った。
といってもほぼほぼ2,000m越えのこのレース。
どうなることやら。




トレイルランニングガイド アペルイ http://land.aperuy.com/torerun.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-26 13:00 | 旅の日記
2016年 08月 26日

レシャップベル Vizille(0km)~Arselle(16,5km)


am6:00すぎレーススタート!!


最初はのどかな道。
しばらく行くと砂利道に入ってそこからひたすら登る登る。
これは日本でもよくある景色だ。



距離にして16kmで最初のエイドステーション。
f0252883_17221206.jpg
※エイドステーションとは食事や水がとれる休憩所
標高282mから1,488mになっていた。
まだ屋久島だと太忠岳くらいか!!
太陽も出てきて雲がなくテンションも上がる!
のどかな牧場のようなところだった。
f0252883_17215703.jpg


お客さんが『バァーブー、バーブー』と迎えてくれた!
言葉は、

メルシー(ありがとう)
エクスキューズモォ(すいません)
ボンジュール(こんにちは)
スィルブプレ(お願いします)
サバ(元気)
シュペーブ(最高)

だけ覚えていったからわからなかったけど
この後もバーブーバーブ言われたから
俺は『がんばれ!』だとおもってうけとった。



みんな温かい声援をくれて元気がますます出る♪
フランスの人は気さくで笑顔も最高!!


エイドでは、
バナナなど果物が3種類ぐらい
パウンドケーキ2種
全粒粉パン
チーズ、チョコレート、カシューナッツ、ドライフルーツ
飲み物は、
水、炭酸水、コーラ


他のエイドでもこれが基本になってて
スープや温かいヌードルがたまにあって嬉しかった。


ただ今回俺は試したかったことがレース前にあった!
ジェルでどこまで行けるのか?
※ジェル=ウイダインゼリー濃縮ドロドロバージョン
雑誌でジェルだけの方が内臓系のトラブルが少なくなると
書いてあったから試してみたかったんだ!
今までは固形物中心でほとんどジェルはとらなかったから
心機一転で挑戦してみた。


ジェルは、マグオンっていう会社のジェルを使った。
知り合いにお勧めされたから使ってみたけど、
ジェルなのにさっぱりしてておいしかった。



エイドでは水だけ補給してここを出た。
さあいよいよ道も景色も
変わってくる!!

トレイルランニングガイド アペルイ http://land.aperuy.com/torerun.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-26 08:26 | 旅の日記
2016年 08月 26日

レシャップベル ~スタート前~

去年俺の大好きなトレイルランナー山本健一さんが出てたこのレース。

距離144km 累積標高10,900m

ヤマケンはこのレースが今まで見た景色の中で一番美しかった!
そして1番難しかったって言ってた。

世界を走ってきた大好きなランナーがはっきり一番美しいって言ったから
だからその美しい景色を見てみたかった。

漠然と映像を眺めてた時は想像もしなかったけど
今自分はここにいると思ったらめっちゃワクワクした。


朝1:30に目覚ましで起床!
テーピングに朝食、忘れものの確認をして
最後にFacebookで出発報告!

f0252883_17174609.jpg
よーし準備完了!!
3:00すぎに宿からすぐのバス停留所に行くと
選手のみんながたくさん集まってきていた。
みんな眠そう。俺も眠い。


ここで日本人の3人を発見!!
f0252883_16573031.jpg

やーすぐ盛り上がる!

f0252883_16574347.jpg
左から堀さん、奨太さん、俺、宮崎産!


今回のレース、日本人は僕を合わせて5人。
言葉が通じる人がいると安心します。


みんな気さくですごく優しかった^^
山の人はみんな笑顔が最高!!


さあレースが始まる!!
f0252883_16575912.jpg

色んな事に思いをはせながらスタートを待つ。
訳はなくただただワクワクしすぎて何も考えてなかった^^
早くスタートしたい!!

トレラン初めて早3年!
初めて出たのは北海道のルスツ70km!
礼文島でリゾートバイトしながら毎日野山をかけていたのが本当に懐かしい!
あの時は22歳だったのか・・・若い!
あの時、夢見たヨーロッパの舞台が目の前にあるなんてすごい!!
どんな世界が広がってるのかこの目で見れる。
今考えてもワクワクするスタートライン!

マイクのお兄さん、今日はいつもよりさらに
舌がよく回るのか!?6:00をすぎてもスタートしません。
選手は待ってるのにお構いなし。
日本にはないそんな緩さがすごく心地よい!

さあ長い旅のはじまりはじまり♪

屋久島トレイルランニングガイド アペルイ http://land.aperuy.com/torerun.html


[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-26 06:00 | 旅の日記
2016年 08月 22日

キミのためならボクは走れる。

先日、大和杉を見に行ったとき
前ちゃんが見せてくれたこのタオル!

f0252883_20172442.jpg


「キミのためなら ボクは走れる。」って言葉と
素敵な絵に完全に虜になっている僕を見て
前ちゃんがこのタオルをデザインした、たっくんに下山後すぐに連絡をしてくれていました。



昨日愛知県の実家について封筒を開けてみたらTシャツと
たっくんの手紙に、言葉の入ったネックレスが入っていてすごく感動しました。



「はじめまして!たっくん!
素敵なTジャツにメッセージ、すごく力になります!
ありがとうございます。
またお礼をいいに会いに行きます^^」

“前ちゃん、こまともちゃん、まるともちゃん!
すぐに手配してくれた前ちゃん本当に感謝です。
おかげさんでフランスのゴールでこの服を着れます!!
3人のあったかい笑顔と気持ちにありがとう!!“


みんなからたくさん応援をしてもらって嬉しすぎます。




「キミのためなら ボクは走れる。」

f0252883_14003042.jpg



144km長丁場のレースは楽しいだけじゃ終わりません。
辛い時があるからこそ楽しい時がより一層うれしくなります。
辛い時はこの言葉とみんなの笑顔を思い出して
ゴール目指して頑張ります^^


それではいってきま〜〜〜〜す!



世界中を旅しながら、筆と墨を使って言葉を描いている「たっくんコドナの落書き」
たっくんのページ https://takkun-kodona.stores.jp/about/


屋久島トレイルランニングガイド アペルイ http://land.aperuy.com/torerun.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-22 14:04 | 旅の日記
2016年 08月 16日

夏の楽園!

気づけば3人と過ごせる時間も今日が最後!!
今日はみんな初の沢登り!!場所は迷いに迷って淀川。
この時期しか見れない標高1,300mの世界に胸膨らみます。


スタートは淀川登山口。
f0252883_12223108.jpg


宮ノ浦岳登山でよく使われるこの登山道!
僕らは小1時間歩いて淀川小屋を目指します。
そこの川が今回の遊び場です。


今日も道中猿を発見!
f0252883_12224298.jpg

この2日間でたくさん鹿や猿を見ました。
そう前ちゃんの周りには動物が多くて
昨日から動物を呼ぶ男と崇められております。笑
ほんとにたくさん見ました^^



出発が遅かったから目的地に到着するまでにお腹ペコペコ。
先に腹ごしらえです。


f0252883_12230280.jpg


腹ごしらえ場終わったところで早速沢登り開始!!



最近雨がほとんど降っていない屋久島。
苔はほとんどが休眠中で少し元気がなく映ります。
梅雨の間は毎日見れた、
水をいっぱい抱えた苔たちがなかなか見れません。
川の水量もかなり少なめ。
でも川の水のおかげで苔が生き生き。
3人が見たかった幻想的な森がここにはありました。


f0252883_12234344.jpg




今日も3人の笑顔はフル稼働してます!

f0252883_12235651.jpg




そして今日もやっぱり昼寝が格別です♪


f0252883_12251586.jpg



今日はまるともちゃんの誕生日!!
たまたま今日はスイカ割りだと思って持ってきていたスイカ
まるともちゃんの一番好きなフルーツでした!
よし、誕生日プレゼントに変更だ!!



誕生日おめでとうございます!!
優しい笑顔が魅力のまるともちゃん。
今年はさらにハッピーになれますように^^


f0252883_12244916.jpg
f0252883_12242839.jpg


スイカと戯れること小1時間。。。


f0252883_12270690.jpg


f0252883_12260655.jpg
f0252883_12255583.jpg


その後、美味しく頂きました。



下山後は、温泉に行ってその後、
縄文キーズのキャプテン敏郎さんの店『といも』へ。



誕生日サプライズ演出も忙しい中していただき
料理もたくさん、すごくおいしすぎて大大満足!
敏郎さん、しずかさんありがとうございました。



f0252883_12254589.jpg


f0252883_12263539.jpg


笑ってといも!笑って前ちゃん!笑ってWともちゃん!笑って小太郎!

これにて愉快な3日間終わりです。



家族のような温かさのある3人。
3人が帰った日は寂しかった・・・
また遊びましょうね♪



屋久島沢登りガイド アペルイ http://river.aperuy.com/rivertrekking.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-16 20:16 | 旅の日記
2016年 08月 15日

大和杉へ会いにゆく

今日は大和杉に会いに行った。


こまともちゃんが前からずーっと行きたがっていた大和杉。
f0252883_12143114.jpg

遂に実現。今回は胸にあったかい思いも込めて。


当日は宮ノ浦に5時に集合。朝早かったからみんな眠い。
ってことでスタートまもなく川で朝寝タイム♪

f0252883_12115717.jpg

まだ日も出てなかったから寝初めは肌寒かったけど
太陽が体に当たったとたんめっちゃあったかいから
太陽のパワーに感動でした。


前ちゃんがこんなものを持っていた。

f0252883_20172442.jpg

「キミのためなら ボクは走れる。」タオル。
知り合いの方からのものだそうで、めっちゃイカす!!



朝寝ですっきりさあ今度こそスタートです。
みんな自然が大好きだから、写真をばんばん撮っていった。
3人はずっと笑顔で本当に素敵です♪


f0252883_12164615.jpg





スタートのヤクスギランドを抜け花之江河歩道へ。
道が急に急登になった。みんなの体もオーバーヒート。
標高1,000m以上でもこの時期は歩くと暑いね。



縄文杉とは違い全く人の気配のない森。
静かな森の中響く3人の『うわーすごい!』って声がとても印象的でした。

f0252883_12172488.jpg

大きな巨木がたくさんでてきた。




すごい急登だからこまめに休憩をとってゆっくりと歩いていきました。



こまともちゃんは屋久島の森が大好き!
1年前の6月に出会ったばかりなのにもう今回で会うのは5回目です。
今回のトレッキングはこまともちゃんにとっては大切な思いがこもったトレッキングでした。

f0252883_20175256.jpg


森と会話しているように思えたのは僕だけだったかな?




その後も、大きな立ち枯れ木


f0252883_12192854.jpg


仲良く並ぶモミの巨木。


f0252883_20184476.jpg



たくさん驚く巨木たちに出会った。



深い森の中歩いていくと今まで出会った木とは雰囲気の違う巨木がどーんと!
見上げたらすごい迫力。
f0252883_12200019.jpg


遂に!大和杉に到着!巨木がたくさん生えてるこの壮大な森で
そこの主のような大和杉。母親的な包み込むような優しさを感じれて僕は大好きです。

f0252883_12153446.jpg



のんびり眺めて、大和杉の周りで昼寝してお腹いっぱい胸いっぱいになって下山開始。



木の根っこが入り組んだこのルート、下山時は常に根っこに注意が必要です。





帰りもやっぱり川によった。
さあ今度は夕寝だ~♪
f0252883_12201763.jpg


川の辺りは涼しい風が最高に気持ちよくて至福の時間でした。



帰りの橋では夕焼けまじかの優しい光がほんと綺麗だった。


f0252883_12121559.jpg



3人といると凄く落ち着きます。
みんな笑顔で「ありがとう」にあふれて何の否定もない。
この笑顔がどんどん生まれてくる屋久島の自然は本当にすごい。

屋久島中毒がどんどん進む3人と僕。


明日は沢登り!!!!



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-15 20:13 | 旅の日記
2016年 08月 14日

夏のリバーカヤック!

Wともちゃんと一緒に前ちゃんがはるばる屋久島に来てくれた。
f0252883_20070909.jpg
Wともちゃんは陶芸品を作りに行ったので
2人でのんびりとカヤックを楽しんできました^^


カヤックでのんびり漕いで暑いから日陰に逃げて
ゆっくりゆっくり明日登る山々を眺めて、自由に自由に。


夏のカヤックはアクティビティが豊富。
春はまだ水が冷たくて眺めているのがとても気持ちいいけど
夏は体が水に入りたいって動き出す。


スノーケルをしたり、岩から飛び込んだり色んな遊びができる夏の屋久島。



スノーケルをして水の気持ちよさを思い切り楽しんだ。


f0252883_20063778.jpg



ハゼがたくさん、エビもたくさん。
f0252883_20062244.jpg
俺の足をエビがたくさん突っついてきたのはきっとプランクトンが豊富だからでしょう!笑



泳ぎ疲れたら岩の上でしばしの昼寝。
f0252883_20065108.jpg
前ちゃんが寝ている時に丁度太陽がかげってくれたから
太陽にしっかりあっためられた岩と心地よいそよ風が最高に気持ちよかった^^





初の屋久島、僕と前ちゃんが会うのも初めてのはずだけど
それを感じさせないでいてくれる前ちゃんの居心地の良さと温かい笑顔が最高!
水が苦手だと言っていたけど、水に入ればそんなことは感じさせないはしゃぎっぷりが最高!



さあ楽しい3日間が始まった♪



屋久島カヤックガイド アペルイ http://river.aperuy.com/kayak.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-14 20:04 | 旅の日記
2016年 08月 13日

最幸の太陽の下で!

今日も最高の天気!太陽は人に元気をくれる!
俺は雨も大好きだけどやっぱり晴れのが大好き^^

きっと生きもの全ての元気の源♪


今回は自然大好きなお二人さんと。



岩に体を任せる。
1,500万年前にできた花崗岩、僕ら人間とは全く違う年月を生きてきた。
1,500万歳の大自然と僅か20~30歳のカップル。比べると面白いです^^


f0252883_20022144.jpg


途中には鳥の羽が落ちていた!
f0252883_20030494.jpg


調べたらアオゲラの羽。
アオゲラは頭の赤と背中の緑色がチャームポイントのキツツキ科の鳥。


黒味岳は、標高1,831m屋久島で6番目に高い山。
敷居が高そう、と思いきや
ある程度の体力があれば手軽に行ける。
そして最高の展望!!


f0252883_20001324.jpg


もちろん難所もあるよ!
だけど山好きには楽しいアトラクションの一つです!

f0252883_20012956.jpg


今日の太陽はすっごく笑顔すぎた!
太陽がまぶしくて2人の笑顔が全然わかんない!笑


f0252883_20043752.jpg



こんないい天気にはゴロンと横になって日向ぼっこ。
太陽があっち~だけどきもち~そんな感じです。


f0252883_20060178.jpg



下山は気を引き締めなおしていきます。
行きと帰りで景色も全然変わってくるのが自然のすごいところ。
道路とは違うのさ♪


f0252883_20040238.jpg



最後は川でクールダウン。
この時期しかできない、標高1,300mでの水遊び!

f0252883_20033278.jpg

疲れた足をリセットして下山。



屋久島の力強いお陽さんの笑顔に
2人の笑顔も最高に輝いていました。


笑顔ほど最幸なものはないね^^
ハッピーハッピーハッピーday!!


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-13 19:49 | 旅の日記
2016年 08月 07日

山と仲良く2泊3日!

〜1日目、今回はこの2人と旅してきました〜
f0252883_12411772.jpg


山に行くのは初めての2人。
日帰り縄文杉とカヤックのプランからいつの間にか
2泊3日の山旅になっていたみたい。笑
キーワードは、やっぱりのんびりと!



花之江河では鹿さんと会いました♪

f0252883_12405951.jpg


湿原がよく似合うね!



そして今日めっちゃびっくりしたのは、
モグラの赤ちゃんがいたこと。
f0252883_12404439.jpg


お母さんからはぐれちゃったのかな
「じーじーじー」ってずーっと泣いてた。
目が退化してて耳が大きい。
僕らの話声はきっとうるさかったろうな。
無事育ってくれていると嬉しいです。



そして夕陽を見に黒味岳へ。
1日目のメインイベントはさあ!どうだ!

f0252883_12401339.jpg

f0252883_12402402.jpg



最高でした!空が色んな赤色で染まった時はみんなでテンションあがりました。



〜2日目は、昨日の疲れもありゆっくり寝てスタート〜



さあいよいよ稜線にでるよー!

f0252883_12422635.jpg



黙々と歩いて歩いて歩いて
ヘットヘトだけど霧が出て太陽の熱さからは守ってくれました。
ひんやり冷たいミストの中でもうひと踏ん張り!がんば!

f0252883_12421289.jpg



頂上に着いた頃にはしっかりはれてくれた。
昼ごはんの後は、九州最高峰でお昼寝タイム
極上のひとときです。

f0252883_12424278.jpg



下山中後ろを振り返った時の一コマ
「もうこんなに歩いたんだ!」ってびっくりする2人


f0252883_12432261.jpg




坊主岩すごく幻想的だった♪

f0252883_12430803.jpg


雨にも降られずただただ気持ちの良いミストを歩かせてもらったことに感謝。
3日目はどんな1日になるかな?


〜3日目のこの日もゆっくりとスタート〜
ゆっくりと行っても5時には起きてます!
山の朝は早し!


朝の空はすがすがしくて最高!!

f0252883_12435268.jpg



縄文杉も人が少ないからゆっくり見れた!




歩いていくと昨日寝ていた宮ノ浦岳が見えた。
もうこんなに歩いてきたんだね^^

f0252883_12440978.jpg



縄文杉の森は苔が濃い森、昨日までの森との違いを
存分に楽しんでもらった!!

f0252883_12442996.jpg



今回の旅も色んなハプニングがあった!
それも旅の醍醐味!
こうやって毎日毎日変化がある山は幸せだなぁ♪

自然さんいつもありがとうございます!!





屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-07 12:38 | 旅の日記
2016年 08月 05日

ゆっくり歩こう!

詰め込む旅と詰め込まない旅。
今回は詰め込まない旅へ。


日常だと無意識にスマホを見てる瞬間が自然と触れ合う時間になる。
緑にその匂いに、触り心地に音に癒されてどんどん自然に入り込んでいく。


ゆっくりとゆっくりと。

f0252883_20134532.jpg



今回の旅、天気は曇りに雨、たまに晴れ。

f0252883_20185444.jpg


不安定だからこそ色んな表情を見れました。





1日目の夕陽前。
ぼーっと陽が沈むのを待つ。

f0252883_20164291.jpg


明日はあの山に行くのかぁ。ってぼーっと。



2日目の朝陽は、優しく全てを照らしてくれた。

f0252883_20182777.jpg



朝から山頂で昼寝してお腹ぺこぺこだー
朝食は2人で米を3合!
がっつりゆっくりご飯を食べてさあ今日もゆっくりと行こう!



見える景色はゆっくりで、だからたくさんの動物に会えたのかな?


むしゃむしゃおいしそうにご飯中の鹿さん。
周りはすべておいしいご飯。俺だったら大好きな焼肉に360度囲まれてるイメージ!笑


f0252883_20123163.jpg



敏感なお猿さんには、ゲストさんがにらまれていた!笑
「おめえ喧嘩うってんのか?俺つえーぞ!」
f0252883_20115797.jpg


宮ノ浦岳山頂では大雨で身動きが取れなかった。
永田岳に向かう途中、丁度雨雲を抜けたころまたまた鹿に遭遇

f0252883_20224282.jpg

『いやぁ、さっきまで雨すごかったのに・・・ははは!晴れちゃったね』って顔してんなぁ♪



その後、霧が晴れて姿を現した永田岳。
めっちゃかっこよかった^^


f0252883_20181182.jpg


神様が見えた場所に立つとそれは鳥肌もんでした。
f0252883_20142824.jpg
f0252883_20153059.jpg




3日目の宮ノ浦岳は最高の空を見れた。

f0252883_20160424.jpg
f0252883_20140495.jpg


3日間山に泊まった。
日帰りではなかなか体験できない色んな表情を見せてもらえてありがたい。
自然の厳しさを見せられたからこそ3日目の晴れが本当にあったかい。





一喜一憂。それが楽しい。てのは今回のゲストさんの言葉。

f0252883_20132808.jpg

ガイドをやっていると一喜一憂の憂がなくなっているなぁって思った。
屋久島の自然は変わりすぎるから。



新しい見え方がまた増えました^^


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

# by shunzo_tabibito | 2016-08-05 20:10 | 旅の日記