屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 22日

海岸サンライズトレッキング

今日は島のガイド仲間とお気に入りの海岸から朝日を拝みに。

ちょうど日の出30分前におめあての海岸に到着。雲が結構かかると予想していたのだけど、意外に雲はなく、空の色彩はあまり変化してくれない。

f0252883_2141255.jpg

そんな退屈な僕の心を知ってか、ケンシンくんが30mロープをだし始めた。何をするのか聞いたら、

「崖から海までの高さを知りたい!」

好奇心旺盛な彼は、高さを調べると、次は崖を降りはじめた!
完全に日の出を忘れてケンシンくんの動きに無我夢中に。
f0252883_21395150.jpg


検診くんと一緒に崖を降りて、見上げると今度はテルくんが動き出した!
f0252883_21543843.jpg

月に行こうとしてるじゃありませんか〜。写真に月が写ってるのわかるかなあ。
日の出を前にみんなどんどん変態になっていってる。。。

f0252883_22243145.jpg

小学生のようにはしゃいでると種子島からゆったり優しい日の出が。今日の日の出は優しい光で、長時間撮影が楽しめた。屋久島では海からも山からもサンライズが素敵でオススメです。

f0252883_2243023.jpg

魚(多分ダツかな?)の骨が絶壁の上に。写真に写る細長い白い棒のようなもの。海鳥が捕食した残骸だろうか。

f0252883_2143308.jpg

日の出を十分堪能した後。これからの冒険話に花を咲かせているのかな。

f0252883_22301559.jpg

小学生3人が、またまた動き出した!今度は海岸ギリギリにいるジンガサ(貝)を蹴っ飛ばして採りだした。朝日を浴びて狩猟採集の血がさわぎだしたようである。そして、ジンガサを捕食した山シェフがすかさず走った!

f0252883_2237553.jpg

いったい何が彼をそうさせたのでしょうか。何か熱いものが彼の心にこみ上げてきたのでしょう。

f0252883_22441154.jpg

その何かとは……ジンガサを美味しくいただく調味料でした。ダッシュでとりに向かったのはマヨネーズとイタリアン・ソルトとチリパウダー。

f0252883_2255392.jpg

おぬし、なぜそんなものを持ってる?!「1日をいかに楽しもうか」そんなスピリットが、みんなを笑顔に。素晴らしいガイドスピリットをもった男です。

f0252883_2325893.jpg

「じゃあ、俺今日ガイドの仕事があるから、またね!」そう言って切り立った岩場を小走りで早々に帰って行った山シェフ。朝の早い屋久島のガイド仕事、その仕事前の眠い時間をも楽しもうとする彼の姿に、「何か」大きなものをもらいました。

f0252883_231717100.jpg

最後に登った迫力ある岩場。タイムアップで急ぎ足になってしまった。次回はこの下に大きな洞窟があって、そこを泳いでエントリーする予定です。さあ、新たな変態ガイドと待ち合わせして新たな屋久島の聖地を求めて冒険することになっているので、僕ら3人も後ろ髪引かれながら聖地をあとに。

写真に写る2人の左下にオレンジ色のブイが一つ。。。なぜこんなところに。
屋久島を旅していると毎回必ず摩訶不思議に出会う。その出会いが心に喜びをもたらしてくれる。
冒険はワクワク生きるための最高の調味料、イタリアン・ソルトの味。

つづく

高画質の写真をこのブログで紹介することができないので、以下のサイトにアップしてます。
屋久島の風景を是非高画質でお楽しみください。
https://500px.com/shunzotanaka
[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-03-22 20:55 | 旅の日記


<< 冬から春へ Play Yaku...      雪残る屋久島の奥岳より >>