人気ブログランキング |

屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 20日

冒険パトロール

尊敬するガイドの輝さんとのトイレパトロール(登山する人が使う小屋やトイレの清掃や記録)と少しの冒険。
今回は少しの冒険について。

今回のコースは、淀川登山口から淀川小屋、花之江河、翁分かれまで行き
花之江河まで戻って石塚小屋で一泊。
次の日の朝に旧石塚歩道を行き昔40年前まで屋久杉の伐採が行われていたトロッコ道までの少しの冒険。
その後花之江河歩道を下ってヤクスギランドがゴール地点。


今回のブログは旧石塚歩道について。


道は2,3年前、輝さんとその仲間で整えたもの。
やっぱり時がたてば木々はまた伸びて目印のピンクテープもなくなっていたり、
道を外さないように楽しく慎重にを心がけて行く。
藪を漕ぐところもあり道が不明瞭なところもたくさんありました。


何度も道を外した。
何か違う!!って思ったら引き返す。その直感が正しいってのは今回の2人の教訓。
無理やりいったらますます迷子です。
そんな道を少ない情報を頼りに復活させてくれた
輝さんとその仲間の皆さんに感謝です。



素敵な古道、今回僕らが歩いた道は40年前まで登山道だった。
昔はここしか九州最高峰の宮ノ浦岳への道はなかったんだとか。



清澄小滝。

f0252883_15260311.jpg

花崗岩の間を一直線に水が落ちてく。

f0252883_15253435.jpg

夏の暑い日はここでクールダウンかな!

子供が遊ぶには丁度いいサイズ♪
大人が修行するのにも丁度いい♪笑

f0252883_15245977.jpg

人が置いただろう花崗岩の道や階段。
40年も立てば苔もびっしりで、歴史を感じさせる。
普段歩きなれている白谷雲水狭の楠川歩道も同じ石畳の道だけど
登山客がたくさん歩いているから苔は少ない。
写真を撮り忘れたのが少し心残り。


そしてさまようこと数時間後・・・
九工大の遭難碑を発見!!

40年前、猛吹雪の中の宮ノ浦岳登山中!
2名の方が3月の吹雪の中、低体温症になり亡くなられました。


亡くなったのはここではなく、1人は翁岳付近で
もう一人は花之江河付近でとのこと。


国立公園内に遭難碑を建てるのはだめだったようで
ちょうど目立たないここになったとのこと。


輝さんは数年前にその九工大の亡くなった1つ後輩の方々と
遭難して亡くなられたお2人に挨拶をすべくこの道をガイドしました。


f0252883_15264654.jpg


想いを込めて。ジーンときました。




何千、何万、何億と生きてきたこの大自然に僕らは勝てるはずがない。
自然と遊ぶことは、たくさんの感動や楽しみを僕らに与えてくれます。
でも自然が牙をむいたらその逆もあるのが自然遊び。



体力に見合った登山を!苦しい時は諦める勇気を!
体力、時間的に余裕がある登山では違った森の楽しみ方がきっと生まれてくると思います。



~昨日ののんびり冒険で出会った生きもの。~
苔の緑に混ざって、ひっそりと咲くツクシショウジョウバカマ。
(九州を中心に生えているツクシショウジョウバカマより小さいので
少し前まで屋久島の固有種、ヤクシマショウジョウバカマと呼ばれていた。
今は固有種ではなくツクシショウジョウバカマの矮小化したもので
区別の必要なしとのこと。)


f0252883_15235597.jpg

日の当たらないところに生えるようで
同じ時期に生えているコケリンドウと大違い。

f0252883_15233411.jpg


コケリンドウは晴れの日に花を開いて
陽がかげったり曇り雨の時は閉じちゃうからなぁ!
植物にも人間と同じように個性があって面白い!



木々も人間もみんな同じ生きもの~♪



輝さん2日間お世話になりました!!
色んな屋久島の話を聞かせていただいてめっちゃ勉強になりました^^
次の冒険が楽しみ♪



~番外編~旧石塚歩道より九工大遭難碑を通りしばらく行くとあるトロッコ道

f0252883_15281461.jpg

f0252883_15274672.jpg
40年・・・たった40年でこんな変化が!!
自然ってすんごい!!!!!!!!!!!!!!!



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html


by shunzo_tabibito | 2016-04-20 15:22 | 旅の日記


<< 雲海の太鼓岩      大雨だと思ったら・・・天晴れ縄... >>