人気ブログランキング |

屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 28日

苦楽を共にした友との再会

「子供たちに海の楽しさを!そして、自然の大切さを伝えよう」


ジャック・モイヤーさんが立ち上げたオーシャンファミリーでいっしょに働いた仲間、イマッチが新たな仲間を引き連れて遊びにきてくれた。イマッチは同い年でバカができて、いつも悪ふざけができる数少ない僕の親友だ。いっしょに働いている頃は、給料より家賃の方が高いという 新婚生活だったから、食料調達に毎朝、海へヒジキを採りに行ってたっけな。思いばかりが強くて経済的には破綻寸前の僕らのメンタル面を、笑いと熱い志で支えてくれた友だった。その友もオーシャンファミリーから離れ今はBEACHや海洋大学などで自然の魅力を多くの人たちに伝えている。苦楽を共にした仲間の再会だけでもとても嬉しいことなのだけど、お客さんを引き連れてきてくれて、そして、まさかまたいっしょに仕事ができるなんて・・・


涙がでるほど嬉しい3日間だった。


台風2号の接近によって天候が崩れ一日旅が短くなるなど、予定していた遊びは一つもできないという、開店以来の慌しい日々だったけど、今振り返ると、これが本当に楽しかった。


「人は自然にはかなわない。その時、そのタイミングでベストな場所を見つけよう。」

「海と同じだよ、しゅんぞう。」


彼が口癖のように話すこの言葉が僕は好きだ。毎日、夜になると翌日の内容をあーでもない、こーでもないと打ち合わせしてる時間が、最高に心地よかった。仲間と仕事をするってやっぱりいいなあ。
f0252883_1125979.jpg

悪天候が心配された2日目、黒味岳を変更して白谷雲水峡へ。樹海を覆っていく雲海に皆大興奮。そして3日目は土砂降りの雨の中、西部の森で裸足になって遊んだ。足の裏から伝わってくる地球の柔らかさが皆の心を童心に還らせてくれた。


「裸足で歩くと気持ちい~」


大雨の中、子供のように遊ぶ皆の姿を見てるイマッチはとても嬉しそうだった。友の期待に応えられた気がした一瞬だった。ウルウル・・・


イマッチについてきてくれる人たちだから、予定が変更したり、えっ!こんなことするの?っていう信じられない変化も素直に受けとめて、その環境を存分に楽しんでいたように思う。皆イマッチ教祖にすっかり洗脳されてるのかな。笑


相変わらずいい仲間が周りにいるね。素敵な時間を、これまた相変わらずありがとう。

第一印象から決めてました。好きですイマッチ!
f0252883_1126440.jpg


by shunzo_tabibito | 2011-05-28 11:24 | 旅の日記


<< まさひろくんより      思いは口にしよう >>