屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:黒味岳 ( 20 ) タグの人気記事


2017年 03月 15日

寒波トレッキング2

寒波トレッキング3日目。予報では北西の風は今日も吹き荒れる予報。一夜で雲を吹き飛ばしていないかなあと夜空を見上げると、お月さんがぼんやり。まだ雲が結構残ってるなあ。

「行ってみないとわからない。」そんなポジティブな気持ちに突き動かされて、眠い目をこすってナイトトレッキングスタート。再び黒味岳のピークへ!

ワクワクドイドキで黒味岳のいただきに立つと。。。
昨日より、風が吹いてるぅぅぅ〜〜。そして、寒い!
一夜にしてアセビやヤクササに霧氷がぎっしり。
昨日は全くなかったのに。。。相当冷え込んだんだろうなあ。

f0252883_1738918.jpg


ん〜、山の神様はいったい僕らに。。。

こんな過酷な環境に身をさらされると、なぜか肯定的なココにいる意味を見出そうとするのは僕だけだろうか。山にはネガティブな感情は一切入り込む隙はなく、過酷になればなるほどポジティブな心の持ちようになっていく。そして、多くの人が不思議な笑みを浮かべだす。死を予感してはじめて生を感じれるのか、なぜかイキイキと輝きだす不思議な現象が山ではよく起きる。

太陽は全く姿を見せてはくれなかったが、ガツンと大きな「何か」を叩き込まれた気分で下山。

f0252883_17562859.jpg

奥岳でベスト10に入る僕のお気に入りの杉。黒味岳の山頂付近にたくましく鎮座してます。風雪に耐えた、いやその表現はネガティブだな。風雪をビクともしないボディをつくりあげ、そこにもう何百年も動かず存在し続ける姿に、計り知れない無形の偉大な「何か」をもらい続けている。

今日は霧氷がついて、ますますカッコよかった。

f0252883_18221027.jpg

花之江河まで降りてきたら晴れてきた〜。。。
低気圧通過後の寒波の雲劇と日の出に絶妙のタイミングで出会うことの難しさを痛感。
まだまだこの山岳には通わないとだなあ。

晴天の青空に気分が盛り上がって、高盤岳まで足をのばすことに。

f0252883_18273556.jpg

高盤岳の中腹から振り返ると、深〜い森のはるか奥に黒味岳が。ここの風景は屋久島の深さを体感できる一見の価値ありスポットです。

f0252883_18384533.jpg

山頂にはトウフ岩という豆腐を切ったような巨大な奇石があり、かなり楽しめます。

人気の縄文杉や白谷雲水峡と奥岳(宮之浦岳や黒味岳)をセットに縦走すると、かなりタイトで厳しいトレッキングになってしまうけど、縄文杉と白谷雲水峡を断捨離すると、屋久島の奥深き太古の山岳をゆったり楽しむことができます。当店のおすすめする屋久島の自然を深く味わう一つの考え方です。

f0252883_19101517.jpg

屋久島のふか〜い自然を堪能するのは、ゆっくりノソノソが宜しゅうございます。

これが最後の寒波になりそうな屋久島。雪景色が見れなくなると少し寂しいですが、標高500m付近ではヤクシマオナガカエデの鮮やかな新緑も始まり、春の気配にワクワクする今日この頃。どの季節も魅惑の屋久島です。

高画質の屋久島写真を随時以下のURLにアップしてます。
ブログの写真では伝えられない屋久島を是非高画質写真で体感してほしいです。

https://500px.com/shunzotanaka
[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-03-15 13:50 | 旅の日記
2017年 03月 15日

寒波トレッキング

奥岳聖地巡礼のリクエストで2泊山に籠ってきました。本来はスタッフの太郎が行く予定だったが、風邪で寝込んでしまったのでピンチヒッターで。低気圧の通過の中、3月13日入山。二日目より西高東低になり寒波流入も想定しての山行。いろんな意味で心身しびれる3日間でした。

f0252883_632187.jpg

雨の中、淀川登山口を出発。1200m付近では雪はまばらでとても歩きやすかった。

f0252883_6421344.jpg

小花之江河のうっすら雪化粧がとても綺麗だった。

小花之江河に鎮座するある杉の古木が自分はとても好きで毎回会えるのを楽しみにしているのだけど、今日は周りの杉の葉が茶色に葉して変色していて、素晴らしい世界になっていた。落葉樹は紅葉した葉は落としてしまうけど、杉は葉を落とさず春になると再び緑に変色します。なんで冬にだけ葉を茶色するんだろう。毎年、この時期に湧き出る疑問です。

今日はしとしと雨の中、石塚小屋まで。天気図をチェックすると明日から北風ビュンビュンになりそうだ。風の影響は避けられなさそうだが、風が雲を一気に吹き飛ばして晴天になってくれたらいいな。そんな期待をしながら就寝。永田岳まで果たして行けるかな。

f0252883_6483663.jpg

小花之江河にて。大好きな老木と紅葉した杉たち。

山行2日目。雨は降りやまず、濡れたままの雨具を羽織ってスタート。濃霧が続く。

f0252883_714444.jpg

投石平にて。雲が落ち込んで黒味岳は見えず。けど、幻想的な風景だった。

f0252883_78015.jpg

時折雲が切れ、安房岳が。晴天への期待が膨らむ。

ここ最近、気温が緩んで暖かい日が続いていたからか、翁岳から宮之浦岳間の雪の状態がとても悪く苦労させられた。この区間の登山道は、崩落してる階段が数箇所あって、そこの緩んだ雪に足を取られることがしばしば。そして、吹き付ける雨と寒風も加わってかなりの体力を持っていかれてしまった。黙々と自分と向き合う歩行を続け、宮之浦岳登頂。が、しかし見晴らしはゼロ。。。 天気予報では徐々に晴れるがそれに伴って風が強まる予報だったので、トレースが少ないと予想される永田岳への道のりはより過酷になると予想し、断念。屋久島の山奥はやっぱり厳しいなあ。山頂気温マイナス5℃。

f0252883_7124846.jpg

記念写真を撮って早々に撤退。

f0252883_730161.jpg

予報通り、天上界は午後から晴天。もう少し天気の変化が早まってくれたら。。。なかなか思い通りにはいかないですね。でもだからこそ、また山に行きたくなってしまうのかもしれません。

f0252883_7405339.jpg

山の天気は気まぐれ。夕方から再び雲がかかり始めました。今日のクライマックスは黒味岳で夕陽を見ることに。上の写真は黒味岳山頂付近。どんなマジックアワーになるか、ドキドキさせられるような雲の動きにワクワク。雲はどんどん増えてきて、朝と同じ真っ白の世界に。。。そして、山頂は半端じゃない強風。立つこともままならない。山の天気予報では風速15mの記載だったから、体感はおそらくマイナス20℃の世界。濡れた登山靴があっという間に凍りだした。

ちっぽけな人間はいつも、山の天気に面白いぐらい揺さぶられて一喜一憂する始末。嫌な予感がよぎるが。。。



一瞬だけ陽が出てきた〜〜!
やべ〜!めっちゃ感動〜!!

この動画後あっという間に雲に覆われて、二度と太陽は姿を見せてはくれなかったけど、この一瞬で今日のすべての苦労がチャラになった気分。山はいつも思い通りにはいかないけど、想像を超える躍動するシーンを小出しに与え続けて、僕らをジワジワと山の中毒者にしてしまう。

夜の帳が下りて行く闇を二人、ニヤニヤと余韻にひたりながら石塚小屋まで。

小屋に着くと、風邪で寝込んでたはずのスタッフの太郎が料理を作って待っててくれた!なんてサプライズ!これだから山旅はやめられない!

「お前、寝込んでたんじゃないのか?!」
「寝ててもつまらないから、登ってきちゃいました。」

ここにも危ない中毒者が一人いたか。

つづく。

f0252883_13391233.jpg

一瞬の夕陽をかき消して一面雲の世界に逆もどり
[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-03-15 06:23 | 旅の日記
2016年 08月 13日

最幸の太陽の下で!

今日も最高の天気!太陽は人に元気をくれる!
俺は雨も大好きだけどやっぱり晴れのが大好き^^

きっと生きもの全ての元気の源♪


今回は自然大好きなお二人さんと。



岩に体を任せる。
1,500万年前にできた花崗岩、僕ら人間とは全く違う年月を生きてきた。
1,500万歳の大自然と僅か20~30歳のカップル。比べると面白いです^^


f0252883_20022144.jpg


途中には鳥の羽が落ちていた!
f0252883_20030494.jpg


調べたらアオゲラの羽。
アオゲラは頭の赤と背中の緑色がチャームポイントのキツツキ科の鳥。


黒味岳は、標高1,831m屋久島で6番目に高い山。
敷居が高そう、と思いきや
ある程度の体力があれば手軽に行ける。
そして最高の展望!!


f0252883_20001324.jpg


もちろん難所もあるよ!
だけど山好きには楽しいアトラクションの一つです!

f0252883_20012956.jpg


今日の太陽はすっごく笑顔すぎた!
太陽がまぶしくて2人の笑顔が全然わかんない!笑


f0252883_20043752.jpg



こんないい天気にはゴロンと横になって日向ぼっこ。
太陽があっち~だけどきもち~そんな感じです。


f0252883_20060178.jpg



下山は気を引き締めなおしていきます。
行きと帰りで景色も全然変わってくるのが自然のすごいところ。
道路とは違うのさ♪


f0252883_20040238.jpg



最後は川でクールダウン。
この時期しかできない、標高1,300mでの水遊び!

f0252883_20033278.jpg

疲れた足をリセットして下山。



屋久島の力強いお陽さんの笑顔に
2人の笑顔も最高に輝いていました。


笑顔ほど最幸なものはないね^^
ハッピーハッピーハッピーday!!


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-08-13 19:49 | 旅の日記
2016年 07月 31日

ゆったりのんびりと家族で山へ

親と子でゆくサンライズトレッキング。

普段は忙しいご家族。

だから屋久島旅行は「ゆったり、のんびり。」をキーワードに。



ゆっくり山を登って、
ゆっくりご飯を食べて、
気持ちの良い場所があれば昼寝して、
また歩きだして、
本能のままに夕陽を求める。

f0252883_13433700.jpg

陽が水平線に沈んだら、
ゆっくりと立ち上がって寝床を目指して黙々と歩いた。


翌朝も自然のパワーを体全体に浴びたいから
少し早起きしてまた山の頂へ。

f0252883_13434652.jpg


朝陽が出てきて何だかワクワクしてきて
太陽が出きったころには眠気がワーッと。
優しい朝陽に心もほっとした。
そのまま目を閉じて二度寝をした。



標高1,800mのこの世界では夏だけど夜は寒い。
それが日が昇ればこんなにもあったかくて心地いい。



最後は淀川の川で水遊び!
疲れた足に川の水が気持ちいい。
裸足で歩いたら天然の足つぼマッサージだ。
3人で遊べば家族の絆もより深く。
最高の憩いの場!!
f0252883_13440015.jpg


天然の遊具がたくさんある自然には遊びの達人子供には
絶好の遊び場。今回はいくつ新しい遊びが発見できたかな?
大人が子供から学ぶことが多い自然です。


f0252883_13432307.jpg



太陽のありがたさ、自然の厳しさ
ゆっくりと自然と対峙できるサンライズトレッキング。


最高!!


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html



[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-07-31 13:41 | 旅の日記
2016年 06月 04日

水の島に水を求めに2泊3日~旅フォト~

2泊3日の縦走


~1日目 天晴~

梅雨前とは思えないひんやりした空気で
汗もほとんどかかずに快適なトレッキング♪


今日も素敵すぎる淀川。

f0252883_15393744.jpg

水の大好きなゲストさんと水の旅の始まりです。



岩陰で昼寝をしてのんびり歩いて


f0252883_15404988.jpg



本日のメインディッシュは夕陽♪


f0252883_15423778.jpg


ご馳走様でした^^

f0252883_15425227.jpg


夕陽の下に口永良部島、一番左に国割岳、真ん中に永田岳、一番右に宮ノ浦岳。
屋久島を代表とする山々が夕陽に照らされてかっこよすぎた!


f0252883_15421877.jpg


夕陽が沈むころにいつも太陽のあったかさを身にしみて感じる。
明日の太陽を楽しみにおやすみなさい。


~2日目 晴れのち曇り&しゃくなげ登山~

投げ石平で昼寝をしてお日様パワーをもらう。


そこからガーっと急登を登った。
後ろを振り返ると絶景が待っていてまた頑張ろって思います♪

f0252883_15432319.jpg


ガーっと登った後に飲む水は最高にうまくてうまくて・・・病みつきになっちゃう。笑



山頂付近からは満開のしゃくなげをまだ見れた。

f0252883_15465986.jpg


僕らの想像では、しきれないほど厳しい環境で生きる天上界の生きものたち。
凄く厳しいところにいるのに厳しい自然を背景にこんなに綺麗に咲いてくれるしゃくなげ。
2年前の石楠花がすごかったからか今年はダメっていう人もいるけど
充分すぎるほどに魅せてもらいました。


2年前は咲き乱れるしゃくなげを1つの景色としてしか見れなかったけど
今年は1つの花として大切に見ることができました。


f0252883_15474783.jpg


毎年毎年違った景色や感性を与えてくれる生きものに感謝^^


~3日目 雨~


雨の森は最高!
雨でこそ輝く木々や苔たち。

f0252883_15492756.jpg
f0252883_15483440.jpg


ヒキガエルもいきいきと。

f0252883_15501314.jpg


疲れもある中、水好きのゲストさんは

淀川、宮ノ浦岳最後の水場、新高塚小屋の水場、ウィルソン株の湧き水。


f0252883_15495645.jpg


色んな場所で汲んだたくさんの水で膨れ上がったザックを背負い


最後のトロッコ道を歩きます。


f0252883_15503668.jpg



「北海道の水が本当においしかった。屋久島の水も本当においしかった。」



こう言われるともっとたくさん水を入れる容器持ってこればよかったなぁと!
僕もたくさん持ち帰りたくなっちゃいました^^



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html


[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-06-04 15:38 | 旅の日記
2016年 03月 24日

屋久島の高山に春の気配

f0252883_9524.jpg

屋久島の深部に鎮座する黒味岳に2日間かけてじっくり参ってきました。
天気予報どおり昼ごろから濃厚な霧が立ち込めてきました。

f0252883_97257.jpg

ボクの大好きな杉の巨木。久しぶりの雨を待ちわびているかのよう。

f0252883_983680.jpg

無名のツガの巨木。ボクの崇拝する巨木です。

f0252883_993475.jpg

無名のハリギリの巨木。グレイトスピットが内包する巨木です。
こんな感じで、黒味岳に通じる森は巨木の森。太古の森が広がっています。

その森を抜け天上界へ!変化の富んだ本当にいいルートです。日帰りで十分いける距離ですが、2日間かけてじっくり歩くことで、太古の息吹が五臓六腑に2倍染み込みます。そして、スローダウンすることで見えてくる世界がたくさんあります。

f0252883_9163180.jpg

ん??この曲線はなんだろう?

f0252883_9172167.jpg

答えはカエルの卵。ただ今、ヒキガエルの産卵期のまっさかりでした。湿原にはたくさんの卵が潜んでいました。生きものたちの気配が濃厚になってきてるなあ。ぱっと見た感じでは、標高1500mより上の世界は派手な春の披露はまだですが、ジワジワ少しづつ春は始まってます。

f0252883_9284699.jpg

杉は葉緑体を保護するために紅葉するといわれています。標高の高いところに生きる杉は冬の間、茶色くなる者がとても多いです。常緑樹の紅葉現象はナンテンやヤブコウジでも起きます。里ではあまり見られない現象なので、寒さが起因しているのでしょうか?なぜ冬に葉緑体を守る必要があるのでしょうか?自然は不思議でいっぱいです。その紅葉した杉たちが春になると色を緑に戻します。その現象がいたるところで始まっています。屋久島の山登りで春が来てるなあと感じる瞬間です。写真右奥の杉はまだ茶色がかっていますが、手前右の杉はもう緑色をしています。人と同じで、杉たちも個性があるんですね。

f0252883_9415823.jpg

枯れていそうな杉も内側からしっかりと春(緑)が発色してます。

f0252883_95592.jpg

アセビの花もまもなくといった感じで、つぼみが膨らんでます。

夕方から雨が降り続きましたが、翌日寝袋から這い出すと、天気予報ははずれ、みるみる青空が広がり始めてました。心躍らせクライマックスの天上界「黒味岳」へ!

f0252883_9463039.jpg

森林限界を超えると、緑と青の世界がっ!

f0252883_9473220.jpg

天上界の住人に見守られながら
f0252883_9533896.jpg



f0252883_9482354.jpg

黒味岳が見えてきた!

f0252883_949042.jpg

後もう少し

f0252883_9492580.jpg

つ、つ、着いた~! 

もうこの感動は言葉で表現できません。

黒味岳の展望は、個人的に百名山の宮之浦岳より壮大で
黒味岳に続く森は、ミーハーな縄文杉の鎮座する森より太古の息吹を感じる
現地ガイドのボクがおすすめするトレッキングルートです。

最後に興味深い現象の紹介です。

f0252883_1011296.jpg

針葉をつけるビャクシン。ビャクシンは本来鱗状葉をひろげる木。

f0252883_1072985.jpg

本来はこんな感じの葉をつけます。

造園業をしていた頃、鱗状葉をつけるカイズカイブキを強く刈り込んだら、針葉が吹いたことがあった。その時、親方に教えてもらった「先祖がえり」という現象。ある個体に、親はもっていないがそれ以前の祖先がもっていた形質が現れることを先祖返りといいます。

高山の厳しい環境で、登山者に踏みつけられながらもたくましく生きるビャクシン、かっこいいです。そしてまんまるに杉っぱを伸ばす容姿、たまらなくかわいいです。

いや~この星は本当おもしろいっ!


屋久島ガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-03-24 09:03 | 旅の日記
2015年 11月 07日

2泊3日宮ノ浦岳縦走の旅 1日目


去年屋久島に来てくれたきこちゃんが1年ぶりに屋久島へ戻ってきました。
今回は自身初の2泊3日。
自称雨女。屋久島の天気予報もそこだけ雨マークが!!笑
ワクワクドキドキの1日目!


1日目天気予報は曇りでした。
里のほうは晴れていたけど山のほうを見るとこびりついたように分厚い雲が。
不安いっぱいで標高1,300ⅿの淀川登山口へ。
上に着くと何やら晴れ間が!!
どうやら雲の上に来たみたい。


f0252883_13315465.jpg


朝日に照らされるしずくがとても綺麗だった。
穏やかなスタートでした。


f0252883_13311845.jpg


スタートから1時間ちょっとで淀川小屋に到着。
紅葉のぞく淀川のせせらぎに耳を澄ませばうとうとと・・・
せっかくだからお昼寝をしていこう!!



のんびりと自然と対話できるゆったり旅。
2泊3日最大の魅力かな!!


昨年来た黒味岳。また登りたいときこちゃん!!
登るとそこには絶景が待っていた。


f0252883_13320402.jpg


ダイナミックな雲海に海がちらりと姿を見せる大パノラマ。
ここまですごい雲海は予想外で僕もテンションマックス!!
ついでに夕陽もみることに。



f0252883_13324284.jpg



奇跡のレインボー太陽にこれから何が起こるのかめっちゃ楽しみ。
天気予報見たら、明日は晴れだってさ♪


2日目へ続く・・・



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html



[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-11-07 09:42 | 旅の日記
2015年 10月 26日

夢へ向かって旅立つ友へ

ガイド仲間のゆっちと屋久島最後の旅

f0252883_14481694.jpg

花之江河歩道を歩いた
推定樹齢4000年の巨木が見れるこのルートは
屋久島を代表とする鮮やかな苔をみれて
なおかつワイルドでタフな楽しい道でした。

f0252883_14491648.jpg
綺麗なこの川は、ボーっと瞑想して
夢をイメージしてたらどんどん膨らむような
とても居心地のいいとこだった。

f0252883_14475759.jpg
ウチワカエデが鮮やかで森を尚更楽しくしてくれた。

f0252883_14490141.jpg
日が大分沈んできた。
オレンジ色に輝く夕陽に胸が躍る。

f0252883_14483423.jpg

優しい光に綺麗な雲海。
息をのむ絶景!
「屋久島ってすごいなぁ!!」
そればっか言ってたな!笑

f0252883_14484537.jpg



f0252883_14473830.jpg
朝陽はめっちゃ気持ちよかった。
暗がりから日が昇るあったかさに感動。
気持ちも今日もがんばろか!!
太陽の力に改めてありがとう!!

黒味岳で夕陽と朝陽を見て
ヤクスギランドに戻って
トレランで石塚山は鏡岩へ

2人の夢をお祈りしてきた。



俺にとってゆっちは屋久島で一番自然体でいれる仲間でした。
夢をかなえるために旅だったんだから叶えて来いよ^^
店ができたら食い荒らしに行く予定!!
楽しもう!!

一生青春 一生挑戦


トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html





[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-10-26 14:47 | 旅の日記
2015年 08月 19日

ヤクシマチドリを求めて

f0252883_18552788.jpg

屋久島の中でも激レアな屋久島の固有種ヤクシマチドリというランを探しに奥岳を徘徊してきました。毎年、夏になると高山植物が咲き出す屋久島の深部の山は、ロリータ好きな登山者が地べたを這いずり回る不思議な光景に出会えます(ミーハー縄文杉信者が多い屋久島では、これまた激レアな光景です。笑)。

普段の縦走スピードでは出会えない小さな花たち。シフトダウンすると、多角的な思考回路に脳内がシフトチェンジするから不思議です。

今回リクエストをいただいたのは80歳の日本の高山植物を愛する方。僕が指名されたきっかけは、2013年にブログアップした写真をみてくれてとのこと。しかし、あれ以来今日まで一度も出会えてないヤクシマチドリ。2014年は全敗。そして、今年は4件のリクエストいただいていますが、1発目の今日は・・・ むなしくも無常の撃沈っ!

日本列島を隅々まで歩き、花を写真に収めている大先輩に、ツクシゼリ、ツクバネソウ、ヤクシマムグラ、ヤクシマママコナ、ヤクシマカラマツ、ヤクシマショウマ、ヤクシマコオトギリなどなど紹介するも、感激のイキイキ顔を見せてくれることは一切ありませんでした。

「今回の屋久島の目的はヤクシマチドリ「だけ」だからね・・・」

この言葉が今も心に刺さり、「現地ガイド」としてさらなる精進をしなければと痛感するトレッキングとなりました。

f0252883_19205544.jpg
今、僕がもっとも屋久島で出会いたい花ヤクシマチドリ。屋久島ガイド暦7年目で出会ったのは1度だけ。1cmほどのこの花を探しだす旅は、サハラ砂漠でダイアモンドを見つけるに等しいぐらい、壮大な物語だ。


彼女は屋久島で今、誰にも知られることなく無言でひっそりとどこかで花を咲かせている。


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-08-19 18:54 | 旅の日記
2015年 08月 08日

シャクナンガンピ開花はじまる

f0252883_6594169.jpg

黒味岳山頂付近でシャクナンガンピが咲き出した。
屋久島の固有種です。

f0252883_743698.jpg
そして相変わらず黒味岳の巨石は圧倒的なスケールで鎮座してます。
なんてかっこいい山なんだろう。
80才になっても登りにきたいな!

屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-08-08 06:56 | 旅の日記