屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 21日

永田岳を目指して2

雪化粧した永田岳の周辺の銀世界を写真に収めたくて2日間かけてやってきた鹿之沢小屋。三日目は4:00に起床して朝日を狙うことに。前日のしんどさから、森林限界を抜けるまではかなりの覚悟をしていたが、現実は異なっていた。もう昨日ほどの匍匐前進作業は数回しかなく、難なくロウソク岩展望台到着。

大人になるにしたがって苦しみや恐れ、めんどくささといったマイナス要因の経験則をベースに行動を決定することが多くなってしまうようだ。毎日、新たなことに挑戦している幼児たちとは裏腹に、大人たちは自分の安心ゾーンで日々をスマートに生きてしまっている。そんな日々じゃ、心が高鳴るワクワク感は得られない。

未来の世界は頭で考えてる以上に楽観的で、ドラマッチクで、明るい。

森林限界を超えると、もうそこは楽園。
待ってました、山の神様のご褒美!

f0252883_6515466.jpg

月を背に永田岳をめざす

f0252883_710738.jpg

永田岳の岩塊が見えてきた

f0252883_7122769.jpg

最後のひと登り

f0252883_7181553.jpg

月をバックに永田岳登頂

f0252883_7194350.jpg

夢の永田岳雪化粧サンライズ

f0252883_824750.jpg

夢を実現して童心に還ってはしゃぐ大人の姿。

夢を実現すると新たな夢が「必ず」心に湧き出してくるのはなんでだろう。この星は僕らに飽きることのない冒険を与え続けてくれている。

f0252883_7251233.jpg

「永田岳を反対方面から見てみよう!」そんな夢が湧き上がって、宮之浦岳方面に向かって下山開始。

f0252883_7355788.jpg

宮之浦岳に降りてゆく望君

f0252883_7393485.jpg

やっぱり反対側から見る永田岳も最幸だった。永田岳をバックに記念写真。

そのまま、宮之浦岳を目指したかったが、今回の旅はここまでにすることに。

屋久島の銀世界は、里がもう桜が咲いていることを想像すると、とても不思議な気分にさせてくれます。こんな島は日本には皆無です。今年は縄文杉が発見されて50年の節目。縄文杉デッキも新調され、今年もあの巨木が大きくクローズアップされるのかな。100人以上いる屋久島のガイドの一人として、屋久島の知られざる美しさや喜びを伝えられるガイドにバージョンアップしていく1年にしていきたいです。

新たな夢を妄想しながら、帰路へ。

f0252883_7442299.jpg


屋久島の雪山を日本一にしたいという夢が今回生まれました。しかし、このブログの写真で屋久島の美しさを伝えることは到底不可能です。なので、これからブログに未公開の写真たちを下記のURLに随時アップしていきます。高画質で楽しめるので、スマホでなくてパソコンの画面でもてもらえたら嬉しいです。

https://500px.com/shunzotanaka

屋久島トレッキングガイド アペルイ http://land.aperuy.com
[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-02-21 07:56 | 旅の日記
2017年 02月 18日

雪の永田岳を目指して

屋久島で叶えたい夢の一つである「雪の永田岳」にガイド友達の望くんと行ってきました。無雪期なら1日でなんとかいける行程だが、登頂するのに三日を要しました。

2月14日に入山。ワカンをはめていざスタート!

f0252883_6424121.jpg

自分が屋久島で出会ったツガの中でナンバーワンの巨木に出会った。この出会いを皮切りに森が素晴らしくよくなってゆく。

f0252883_6494090.jpg

天気は標高を上げていくに従って霧がかかり、水墨画の世界。

鹿之沢小屋までは1日でいく予定だったが、パウダー状の積雪にワカンを履いていても足が埋まり距離がほとんどかせげず、1日目は桃平周辺でビバーク。

f0252883_77155.jpg

夜明け前、桃平からのぞむ障子尾根。屋久島に住ませてもらえていることに感謝の念が生まれてくる不思議な感動体験。本当に素晴らしい尾根です。

f0252883_7172632.jpg

夜明け前の月と樹氷の世界も最幸でした。

f0252883_716879.jpg

永田のピークは雪がぎっしり!胸が高鳴ります。

f0252883_7233545.jpg

見晴らしの岩を降りて森の中に戻ると朝日が差し込みすばらしい世界の中、二日目スタート!

f0252883_7271821.jpg

ここの巨木の森は、世界に誇れる美しさで、もううっとり。屋久島、愛してますっ!って叫びたい気持ちなっちゃいます。完全に浮かれ気分でいたのも束の間、2日目スタートから1時間ほどして、苦しみのホフク前進トレッキングの始まりはじまり〜。もう積雪は1m以上あり普段普通に歩ける登山道は雪面0〜30cm上に木々の枝が覆ってしまっている状況が無数に連続してる状態。山はやっぱりこうでないとねっなんてMっけ気分で初めは楽しんでいたのだけど、30kgのザックが凶器に変身。四つん這いの僕の体を押し付け膝が雪に埋まって、全く進まな〜い。加えて雪が猛烈にとけだし、雨具をしてても全身ぐっしょりな状態で完全に心と体をノックアウトされてしまった。地図に書かれているコースタイム1時間20分の行程に5時間を要して、フラフラ状態で鹿之沢小屋に到着。その日に登頂することはあきらめてさんさんとふりそそぐお日さんのパワーで濡れた装備を乾かすことに。自分の体力のなさに久しぶりの挫折感と絶望感を味わった2日目はそんなわけで、写真が全くない。苦しみ写真は望くんに任せたっ!

3日目は永田岳山頂でサンライズを見ることに。
さあ、へっぽこ登山隊は無事、登頂なるか。
次回のブログアップに乞うご期待っ!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2017-02-18 08:00 | 旅の日記