屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 11日

あつい想い

“岐阜県高山市奥飛騨温泉郷”
その一番標高の高いところにあるホテル穂高というところで
2年とちょっと前、僕はリゾートバイトをしていた。


自分探しの旅!やりたいことに疑問を持って新しい世界を見つけにきた第一歩目はここだった!!


ロープウエイから近くだから良く乗っていた。
一気に標高2,300mくらいまで行けるんだ。
あの景色とあの時の高揚感は今も忘れられん!!


最初の山登りはクロックスだったなぁ
トレランを知ったのもここで
星空がこんなに鮮明に見えるのを知ったのもここで
稜線に出た時の人間のちっこさを初めて感じたのもここで
仕事の後の温泉がこんなきもちんだって知ったのもここで
世界が僕の中で3週くらいくるくる回ったのを思い出しました!


今日のお客さんはホテル穂高の時の上司さんの紹介です。
本当にありがたい!!ここでつながるとは!!
長くなりましたが、旅の話へ。



初対面の谷君。
ナチュラルで礼儀正しい自然体な彼は初対面の僕だったけどすごく心地良い空気感でした。


今日の天気予報は雨。



f0252883_18141508.jpg
でも最初は晴れた。朝陽が素敵な秋の森。
トロッコ道に紅葉した落ち葉に降り注ぐ朝陽が最高!!


f0252883_18142637.jpg
朝陽でビタミンチャージ!!
さあ行こう!!



f0252883_18143976.jpg
のんびり歩いてた僕らにスロバキアのパトリック。
自然な流れでいつの間にか一緒に歩いていた。笑


f0252883_18144951.jpg
霧がかかって雨が降ってきた。
これくらいの雨なら森の傘が守ってくれる安心感。
逆に幻想的な森にテンションが上がる僕ら♪



f0252883_18150014.jpg
帰りのトロッコ道では鹿や猿がたくさんいた。
雨でも自分の身一つで生きるものたちは改めて力強い。
僕らは弱い。ちっぽけだ。



f0252883_18151778.jpg
帰りの森はさらに霧り濃く奥深い森に。
谷君はこんな自然の変化にすごく興奮してた。すごいすごいって!!
パトリックは疲れ気味!笑 がんばれもうちょい!


f0252883_18152781.jpg
トレッキング後はみんなで宴!!
おいしいトビウオを食べて屋久島を満喫。
ここで新メンバージョニーも加入!
これも旅の醍醐味だよね♪



その後、谷君と湯泊温泉で今日の汗を洗い流し。
楽しい1日が終わりました。



谷君といろんな話をした。
将来の夢や内に秘めた熱い想い、今の生活、農薬やステロイドまみれの食べ物


無駄なものの一切ない自然
酸素を作りだしてくれる生きもの
それのおかげで生きているはずなのに
ごみをどんどん増やす僕ら人間
その影響を受けて絶滅する生きもの



共存しうる世界へ。
一気には変われないからほんのちょっとずつ僕も頑張ります。



次は穂高の温泉で会えるかな?
その時お互いどんな風に変わっているか楽しみ!!
一生青春 一生挑戦!!


トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html


[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-11-11 18:13 | 旅の日記
2015年 11月 09日

2泊3日宮ノ浦岳縦走の旅 3日目



最終日。朝3:30起床。
最終日にして一番早く起きました!
さっそく昨日仕込んどいたご飯を炊いて朝食。
昨日たくさん歩いたからお腹めっちゃすいてた。



ご飯食べてまだお休み中の縄文杉に挨拶をしてスタート!



暗がりから明るみへ。
しずくウルウルの苔の世界に心躍った。
雨が降る中こんな早朝から歩くのは久しぶりだ。
昨日の雨を体験して
きこちゃんはすっかり屋久島の雨になれたみたい。


f0252883_13323462.jpg


ウィルソン株は貸し切り。
切り株の中に流れる清流に耳を澄ますと本当に心が落ち着く。
木魂神社に手を合わせて先へ進んだ。



トロッコ道では濡れた紅葉がアクセントになった。
たまに脇を除くと苔がたわわにしずくをこしらえてて感動した。


f0252883_13322293.jpg


楠川分かれから辻峠までの道のりは上りが続くから
きついところだけど、弱音を吐かずに頑張りました。
たまに後ろを振り返ると自分が歩いてきた道のりに
こんなすごいところ歩いてきたんだときこちゃん。



岩屋で昼ご飯を食べて苔の森を思う存分楽しみました。



2泊3日の大冒険これにて終了!!



不安いっぱいで始まったこの3日間。
紅葉綺麗な淀川で昼寝
神秘的な黒味岳の夕焼け
寒さに震えた稜線歩き
その合間をぬって見える神々の山々
稜線を抜けた時の安堵感
頑張った体に質素だけどおいしい食事
太古の縄文杉からなる巨木たち
屋久島らしい苔と滴の森

色んな景色の中でいろいろな感情をもてた素敵な旅でした。


昨年の屋久島での旅が彼女にとっての
大きなきっかけになったそうで、その話を聞いた時めっちゃうれしかった。


1人の人間の大きなきっかけをアペルイが作ったことに
とても誇りを感じました。


これからもそういうきっかけを作っていけるよう
一生青春 一生挑戦!!
自分にだらしない今を少しずつ治していきます。



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html



[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-11-09 10:45 | 旅の日記
2015年 11月 08日

2泊3日宮ノ浦岳縦走の旅 2日目




昨日の天気は晴れだったけど何だかどんよりな空模様。
朝食を食べ終えるころにはぽつぽつと雨が降ってきた。
稜線は降らないでくれと願ったら徐々に強く降ってきた。
雨が降るのはしょうがないと2人気持ちを切り替えて稜線に入った。


雨に強風で雨具の中の服も濡れてきた。
屋久島で3番目にでかい山、栗生岳に到着した。
ここまで黙々と進んできたからここで少しの間休憩。
岩と岩の間で風をよけて、行動食をとり温かい白湯をのんだ。
きこちゃんは相当寒かったみたいでなかなか動こうとしなかった。
寒い、暑いが死に直結することもある山だから
こういう時は自分の心の声をしっかりとガイドに伝えていただきたい。
服をきてもうひと踏ん張り!!
いざ宮ノ浦岳へ。



f0252883_13321331.jpg



屋久島最高峰の宮ノ浦岳からの展望。
風速10m以上はあるだろう強風の中、雲の隙間からちらりと見える景色に感動した。
山頂にいるときだけ雨が止んでくれた。ありがたかった。



宮ノ浦岳から下山して今日の宿泊地、高塚小屋を目指して進む。
稜線は相変わらずあらあらしい。
道も険しいからゆっくりと慎重に!
下りで雨は一番危険な瞬間。



集中してるから口数少なくでも歩みは止めずに。体が冷えないように。



平石岩屋で昼食をとった。
五目御飯にトマトのスープ。シンプルな食べ物が山ではご馳走になる。
さあもう少しで森へ入る!頑張ろう!


稜線を抜けて森に入った。
強風から木々が守ってくれることに心から感謝。
死と隣合わせの稜線を超えてほっとした。


風が強いから地を這うように生えるしゃくなげ。
標高が下がるごとに木々は高く、そして多種多様な木々がでてきた。


f0252883_13373541.jpg


葉っぱがきれい。



f0252883_13393867.jpg



紅葉は、日光が弱まる秋ごろ
光合成の効率が悪くなった時に木が葉緑体を作ることをやめることで
隠れていた色素(黄色)が見えてくることで起こる現象。
もみじなど赤くなる葉っぱがあるけど
それは別の色素を新たに作り出しているから。
でもその理由は、はっきりとはわかっていないそう。



3日目へと続く・・・



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html

[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-11-08 10:16 | 旅の日記
2015年 11月 07日

2泊3日宮ノ浦岳縦走の旅 1日目


去年屋久島に来てくれたきこちゃんが1年ぶりに屋久島へ戻ってきました。
今回は自身初の2泊3日。
自称雨女。屋久島の天気予報もそこだけ雨マークが!!笑
ワクワクドキドキの1日目!


1日目天気予報は曇りでした。
里のほうは晴れていたけど山のほうを見るとこびりついたように分厚い雲が。
不安いっぱいで標高1,300ⅿの淀川登山口へ。
上に着くと何やら晴れ間が!!
どうやら雲の上に来たみたい。


f0252883_13315465.jpg


朝日に照らされるしずくがとても綺麗だった。
穏やかなスタートでした。


f0252883_13311845.jpg


スタートから1時間ちょっとで淀川小屋に到着。
紅葉のぞく淀川のせせらぎに耳を澄ませばうとうとと・・・
せっかくだからお昼寝をしていこう!!



のんびりと自然と対話できるゆったり旅。
2泊3日最大の魅力かな!!


昨年来た黒味岳。また登りたいときこちゃん!!
登るとそこには絶景が待っていた。


f0252883_13320402.jpg


ダイナミックな雲海に海がちらりと姿を見せる大パノラマ。
ここまですごい雲海は予想外で僕もテンションマックス!!
ついでに夕陽もみることに。



f0252883_13324284.jpg



奇跡のレインボー太陽にこれから何が起こるのかめっちゃ楽しみ。
天気予報見たら、明日は晴れだってさ♪


2日目へ続く・・・



屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuhy.com/guide.html



[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-11-07 09:42 | 旅の日記
2015年 11月 03日

裸足キャンプ 2015/10/31~11/03

今年の1月屋久島ウルトラエコマラニックで出会った裸足王子と
年明けにあってからちょくちょく連絡を取り合って計画を立ててきた
「第一回裸足キャンプ」
みなけがもなくそして楽しく終えることができました。


もちろん課題もでてきたので次回はそこをしっかりとつぶしていきます。

f0252883_13445887.jpg

笑顔が素敵なみんなと
蛇ノ口滝、宮ノ浦岳、白谷雲水狭、西部林道、モッチョム岳
そして海に温泉にとほんと色んなところに行きました。

☆1日目は裸足講習&蛇の口滝ハイク

f0252883_13540098.jpg

裸足講習すごく楽しみにしてた。
身体の使い方と自分のイメージに体の動きがしっかりとついてきているかのチェック。
感覚的なことをわかりやすく説明してくれます。



☆2日目は宮ノ浦岳へ

f0252883_14022043.jpg

天気は曇りのはずがパーット晴れて気持ちよかった!!

速い班と遅い班に分かれて出発。

f0252883_13590651.jpg

山でみんなでお祝いの歌。だって今日は2人の誕生日

f0252883_14203843.jpg
ハッピーバースデイなおちゃん&和田さん♪
今年の抱負はなんでしょうか?^^


☆3日目は島内一周観光&白谷雲水狭と西部林道ハイク+海の欲張りday

f0252883_14122316.jpg
屋久島の妖怪!?白谷雲水狭で発見。
みんなを幸せにしてくれたのはこの愉快のおかげかも♪笑

f0252883_14144038.jpg
西部林道ではガジュマルに感動!!
屋久島は苔だけじゃありません!!
島の低地(0m)から高知(1936m)にかけて
沖縄から北海道の札幌まで色んな気候、それに伴った植物の変化が楽しめます。

ここ西部林道は島の低地、亜熱帯なので
ガジュマル、アコウにヘゴやクワズイモなど南国特有の植物がたくさん。
島のいたるところでハイビスカスが見れます。

☆4日目 モッチョム岳ハイク

f0252883_14372749.jpg

4日目が一番急登です。
みんなきついといいながらも、笑顔で登ってって素敵でした!!

f0252883_14371270.jpg
急登なんてへっちゃらだぜ!!笑


f0252883_14365205.jpg
登り切った達成感はすごいよね。
山頂で食べる弁当は最高でした!!


ツアー終了!!
ツアーの最初の日は王子とあみさん以外赤の他人で、
それが最後には家族みたいになりました。
みんなあったかくて素敵な笑顔が大好きだなぁ♪
また一緒に遊びましょう!!





昔は裸足で生活していた人類。人間の本来の動きを取り戻すのに裸足は必要不可欠だと僕は思います。
登山も裸足でできるようになりたいな。
分厚い登山靴で足場をがちがちに固めてする登山。
一番自然に近づける足をあそこまで固めてしまうのはすごく疑問です。
足が反応できない(靴底が厚すぎて反応が遅れる)から
捻挫や転倒が起こると思う。
それが昔の人が山で履いていた足袋や裸足だったら
すぐ反応できる(靴底が薄い)からそういうことも減ると思う。
慣れはもちろん必要だけどね。

今回みんなが履いていたのはビブラムファイブフィンガーっていう、
裸足感覚で歩けるシューズ。
気になる方は調べてみてください♪



トレイルランニングガイド アペルイ http://land.aperuy.com/torerun.html

[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-11-03 13:41 | 旅の日記