屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

海に全身包まれると

f0252883_18543290.jpg

人もイルカもスマイル顔になってゆく



[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-30 18:52 | 旅の日記
2014年 09月 27日

unworldly island YAKUSHIMA

f0252883_18513448.jpg

屋久島天上界




[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-27 18:51 | 旅の日記
2014年 09月 24日

ワクワクさせてくれる屋久島の雨

f0252883_02042618.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-24 02:03 | 旅の日記
2014年 09月 23日

けんちゃん登場

f0252883_02002076.jpg

島の友人ササッチョが新たなイソウロウを我が家に連れてきた。新アジトができてユニークな人種が続々集まってきて楽しい日々になってます。

明日からどんな暮らしが展開していくのかな。
楽しみ楽しみ・・・


f0252883_02002536.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-23 01:59 | 旅の日記
2014年 09月 22日

トキを忘れさせてくれる森

f0252883_01582987.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-22 01:54 | 旅の日記
2014年 09月 22日

神やどる石

f0252883_01531676.jpg


この屋久島を形成している花崗岩の大きさと年齢に思いを馳せたら、人は何てちっぽけな存在なんだろう。桜が咲いて散っていくかのようなはかない一生を僕らは過ごしている。

石の麓で、登頂を達成して満面の笑みを浮かべながらはしゃぐ3人組。この石に比べたらとても小さい存在だけど、だからこそ彼らみたいに勇気ある一歩を踏み続けて、貴重な日々を満喫して過ごさないとだなあと思う。

今日も教訓豊かな、よか山旅でござった。



[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-22 01:52 | 旅の日記
2014年 09月 21日

青空と巨石と人

f0252883_01500765.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-21 01:49 | 旅の日記
2014年 09月 19日

太陽礼拝の恩恵

f0252883_01450506.jpg
親に連れられ、5歳の時行った富士山。高山病の苦しみがトラウマとなって海男として育ったのだけれど、インドの最北で出会った西ヒマラヤのカラコルム山脈で山の壮大さに心奪われて以来、すっかり山好きになってしまった。その後、たくさんの個性的な山男、山ガールたちに出会ってきた。彼らもまた何かが「キッカケ」で病的に山を愛するようになったわけだけど、みんなに共通している特徴は、


ポジティブで幸せそう
そして山は辛いのになぜか楽しそう


特に山のピークで朝日に遭遇したときは夕日以上に、そのモードになっちゃう人が多いのはなぜだろう。みんな麻薬をやっているみたいだ・・・

科学的思想がまだない古代より、太陽を神として崇める民が地球上にはたくさん存在したと言われている。最近の科学の世界では、朝日を浴びると脳内に3つの物質が分泌されることがわかっています。

セロトニン ドーパミン アドレナリン

セロトニンは、喜びや不安などの神経伝達物質をコントロールする作用があるホルモンで、セロトニンが不足すると、マイナス思考に陥りやすい&鬱状態になる&暴力的になってしまうなど、精神に支障をきたすことが知られているそうです。

ドーパミンは快感物質とよばれていて、ドーパミンが増えると快楽を感じるだけでなく元気になったり脳の働きが向上し、ナイスなアイデアがひらめきやすくなるみたいです。また、仕事の能率が上がるとも言われているようです。

アドレナリンの主な働きは、心拍数や血圧を上げる役割があるそうです。そのため、アドレナリンの分泌が不足すると、心拍数の低下や血圧の低下を引き起こし元気がなくなってしまいます。また、「恐怖」を感じることで、アドレナリンは多く分泌するようです。死を予感させる大洪水や豪雨、絶壁に立った人々がみるみる生き生きしだすのは、アドレナリンによるものかもしれません。

アドレナリンが脳に到達すると、副作用としてドーパミン、ノルアドレナリン、エンドルフィンの3つの物質が分泌されるそうです。


ドーパミンは先に書いた効果をもたらします。また、コカインをやったときにもでてくるそうです。ノルアドレナリンはスピード(覚せい剤)みたいな効果が、エンドルフィンにはモルヒネみたいに痛みを和らげる効果があることがわかっています。


朝日を見た人の体内ではたくさんの物質が出て体に変化をもたらしてるんですね。

心も体も元気になっていく太陽礼拝。アペルイの旅では大切に大切にしていきたいです。


ヤマチュー(山中毒)は逮捕される心配はまったくないから、じゃんじゃん山に入って幸せになっちゃおうね~


[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-19 01:43 | 旅の日記
2014年 09月 17日

自然のスパイス

f0252883_01403370.jpg
4年前にうちの沢旅をとおして出会い、いっしょに遊んだテツとマリちゃんが、いつの間にか結婚してて、結婚3周年で屋久島に再び遊びに来た。


たった一日という短い時間が、人生の中で運命的な瞬間になっちゃうときがあるんだね。

その出会いに魅惑のスパイスをふりかけたのは、もちろん屋久島の自然。特にこの島の清らかな水に全身包まれると、みんな心と体が解放されちゃうのか、自分の感情に素直になっていく謎の現象が起きます。


4年ぶりの旅。今回も屋久島の自然はやっぱり刺激的なスパイスをふってくれました。


雲海にゆっくりと沈んでゆく夕日

その風景に感動し心が解放された二人は・・・


価値観の違いを認め合える人との出会い
多様性ある自然


この2つがミックスすると、人間一人のちっぽけな頭じゃとても想像しえない壮大なミラクル現象が毎日起きますね。これ本当!屋久島人ウソつかな~い。


自然も人も色んな個性が存在するから面白い。

テツ&マリちゃん スパイシーな家族づくりを!


[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-17 01:39 | 旅の日記
2014年 09月 14日

森と人は一心同体

f0252883_01352884.jpg

雨上がりの森

森が輝きだすと 人が輝きだす
人の心が輝きだすと 森が輝いて映る


姿かたちは違えど
森と人は一心同体


森はボク
ボクは森


[PR]

by shunzo_tabibito | 2014-09-14 01:31 | 旅の日記