屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 29日

浩さんより

f0252883_11323845.jpg

写真中央列右が浩さん


葉っぱ隊隊長俊三様

3日間お世話になりました、森嶋です。
初屋久島を台風の発生とともに体験!初日は雨にも降られず、白谷雲水峡を太鼓岩まで無事登り、雲海が見れる絶景に遭遇!俊三さんと直樹さんの絶妙なコンビの機転で、雲水峡に行ったのは本当によかったです。もちろん黒味岳も楽しみだったのですが、我が家には雲水峡がちょうど無理のない歩きでした。夜はウミガメの産卵でしょ、ガジュマルの森ではだしで屋久島を感じて!何て盛りだくさんな屋久島1日半。海も沢も体験したかったですけど、お二人のお蔭で最悪の状況下にもかかわらず、屋久島の自然とパワーを目一杯味わうことができました。全員がまるで子供に帰ったような笑顔で森の中を歩き回っていたのがとっても印象的!自然の力ってすごいですね。あの森や山や動物に出会って、都会からのストレスをひきずる人はいないでしょう。自然の優しさが日頃の疲れた心を癒してくれる、本当に優しい森のひかり!
自然の営みが教えてくれる生命力!本当によく笑い、よく歩き、よく食べ、感動したたびでした。

俊三さんの屋久島に対する熱い思いが一杯伝わってきて、また遊びに行きたいと主人と話しています。ダイビングのガイドもして下さるとのことですし、山も川も海も丸ごと味わえる屋久島はとっても魅力的です。
今回のように大勢で葉っぱ隊を組織(笑)していったのはとっても楽しかったです。皆や雨にも負けず、雨も楽しみ、大喜び!自然との対話を楽しんだことと思います。私(浩)にとりましては、今まで出来なかったことがBeachに通うようになって3年、劇的に痩せて、体力もなんとかついてきました。健康だと心も元気!今回の写真を見て、自然な笑顔で写っている自分がとっても嬉しかったです。

行きたい場所、やりたいことがたくさんあって、次回の屋久島がいつ行けるかわかりませんが、直樹さんがもし「第二次葉っぱ隊」を計画するようなことがあれば参加したいですし、主人とダイビングにも行きたいと思います。
もう少しで主人が完全にリタイアしますので、ゆっくりじっくり屋久島に行けたらと思います。
その頃には、自然にもう少し慣れて虫にも慣れ、キャンプくらいは行けるようになりたいと思っています。(笑)

阿弓さんのパンやお弁当!とってもおいしかったです。洸平君の笑顔もかわいかったです。是非屋久島の自然や人としての豊かな生活の大切さなど多くの人に紹介して下さい。ご活躍お祈りしています。
屋久島の様子など、素敵な情報を時々発信して頂ければ幸いです。本当に細かなお気遣いありがとうございました。
またお会いしましょう。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-29 11:32 | 旅人の声
2011年 05月 28日

山女五人衆より

f0252883_11295520.jpg

ゆうこちゃんより


しゅんぞうさん、あゆみさん改めて本当に素敵な屋久島の時間をありがとうございました。
素敵な写真も届き、今また素敵な時間の余韻にひたっています。
本当に屋久島の時間は素敵すぎて、みんなにどこがよかった?って聞かれるけど全ての時間どこを切り取っても全部楽しかったから選べないよ!って答えてます。
太鼓岩や黒味岳からの眺めは本当になんとも言えない感動が湧いてきて、今まで死にたかったわけじゃないけど本当に生きててこの景色がみれてよかった。って感じました。
本当に屋久島での時間は、楽しすぎる毎日でした。
またいつか、素敵な仲間たちとお邪魔させてくださいね。
楽しかった思い出で素敵なアルバムで来たら見てくださいね。
本当にありがとうございました。




f0252883_11303263.jpg

いっちゃんより


楽しかった旅が素敵な文章と、写真でさらに素敵な旅にパワーアップしてます。
ヒゲゾーさんも言ってたけど、帰ってきてからどんどんこのたびの素晴らしさが私の中で、
沸々と湧き上がってきてます。ほんとーに、ほんとーにありがとう。
あゆみさん、美味しいご飯いっぱい作ってくれてありがとう。好き嫌いの多い私でゴメンネ。




f0252883_1131986.jpg

とくちゃんより

照れくさいくらい青春ドラマだなー。
ドリフか吉本かなって結末はともかく(笑)


和蔵あっての今回の旅だったと思います。
本当に毎度ありがとう。

絶対今回のメンバー、また来るだろうから
いっちゃんに負かされないように精進してください(笑)
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-28 11:28 | 旅人の声
2011年 05月 28日

いけちゃん(写真左)より

f0252883_11272459.jpg

和蔵
田中 俊三さま

本日の午後、無事に大阪に帰ってまいりました。

2日間、本当にお世話になりありがとうございました。
初めてのトレッキングという事もあり、かなり不安でしたが、俊三さんのお蔭で誰も怪我する事なく、
無事に全行程をこなす事が出来、本当に素晴らしい体験をする事が出来ました!
改めて、本当にありがとうございました☆

とっても楽しかったです!!
(縄文杉に出会うまではかなり過酷な旅でしたが...。笑)

想い出に残る素敵な旅となりました!

本当に『和蔵・俊三さん』との出会いにココロから感謝です☆

早速、写真をアルバムにアップ致しました。←こういう所は仕事が速い?!笑

アルバム 全体
http://www.flickr.com/photos/love2freeze/sets/

屋久島2日目 縄文杉に出会う旅
http://www.flickr.com/photos/love2freeze/sets/72157626669773361/

屋久島3日目 もののけ達に出会う旅
http://www.flickr.com/photos/love2freeze/sets/72157626670103385/

良かったら、どうぞご覧になって下さいませね。
カメラを構える俊三さんを激写していたりします。笑

ではでは。

2日間、お世話になりました!!
またご縁があれば、是非よろしくお願い致します!
...って、たぶんいつかまた屋久島が恋しくなってお邪魔すると思います。笑

とっても美味しいお弁当を作って下さった奥さまにもよろしくお伝え下さいませ。
奥さまのお弁当写真も撮ってます。笑

お子さま、早く元気になられるといいですね。お大事に!

ありがとうございました!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-28 11:27 | 旅人の声
2011年 05月 28日

まさひろくんより

f0252883_112627.jpg

和蔵のしゅんぞうさん


先日は、本当にありがとうございました♪
あれからゆりも元気になって、翌日からトモさん、さいちゃんと島めぐり、白谷雲水峡などなど屋久島をいっぱい満喫することができました。
あんなにいろいろ大変だった縄文杉を、最後まで楽しく歩き終えることができたのは、本当にしゅんぞうさんのおかげです。
いろんなアクシデントのおかげで、今回の旅は一生忘れられませんね。。(笑)
旅を終えてみて、もちろん屋久島の素晴らしい自然達に元気をもらいましたが、それ以上にしゅんぞうさんやトモさん・さいちゃん夫妻、屋久島に自分らしく楽しく生きている人達にすごい元気をもらった気がします。
屋久島の旅が終わっちゃったのはさびしいですが、これからの生活に生かしていこうと思います。

あと、写真届きました♪
本当に素敵な写真ばかりで2人でにやにや見させて頂いてます(笑)
お願いしてよかった☆

子供が産まれて、おっきくなったら屋久島に連れて行きたいと思いますので、
そのときはまた、よろしくお願いしますね!!
でわ、また♪

                                      まさひろ ゆり
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-28 11:25 | 旅人の声
2011年 05月 28日

苦楽を共にした友との再会

「子供たちに海の楽しさを!そして、自然の大切さを伝えよう」


ジャック・モイヤーさんが立ち上げたオーシャンファミリーでいっしょに働いた仲間、イマッチが新たな仲間を引き連れて遊びにきてくれた。イマッチは同い年でバカができて、いつも悪ふざけができる数少ない僕の親友だ。いっしょに働いている頃は、給料より家賃の方が高いという 新婚生活だったから、食料調達に毎朝、海へヒジキを採りに行ってたっけな。思いばかりが強くて経済的には破綻寸前の僕らのメンタル面を、笑いと熱い志で支えてくれた友だった。その友もオーシャンファミリーから離れ今はBEACHや海洋大学などで自然の魅力を多くの人たちに伝えている。苦楽を共にした仲間の再会だけでもとても嬉しいことなのだけど、お客さんを引き連れてきてくれて、そして、まさかまたいっしょに仕事ができるなんて・・・


涙がでるほど嬉しい3日間だった。


台風2号の接近によって天候が崩れ一日旅が短くなるなど、予定していた遊びは一つもできないという、開店以来の慌しい日々だったけど、今振り返ると、これが本当に楽しかった。


「人は自然にはかなわない。その時、そのタイミングでベストな場所を見つけよう。」

「海と同じだよ、しゅんぞう。」


彼が口癖のように話すこの言葉が僕は好きだ。毎日、夜になると翌日の内容をあーでもない、こーでもないと打ち合わせしてる時間が、最高に心地よかった。仲間と仕事をするってやっぱりいいなあ。
f0252883_1125979.jpg

悪天候が心配された2日目、黒味岳を変更して白谷雲水峡へ。樹海を覆っていく雲海に皆大興奮。そして3日目は土砂降りの雨の中、西部の森で裸足になって遊んだ。足の裏から伝わってくる地球の柔らかさが皆の心を童心に還らせてくれた。


「裸足で歩くと気持ちい~」


大雨の中、子供のように遊ぶ皆の姿を見てるイマッチはとても嬉しそうだった。友の期待に応えられた気がした一瞬だった。ウルウル・・・


イマッチについてきてくれる人たちだから、予定が変更したり、えっ!こんなことするの?っていう信じられない変化も素直に受けとめて、その環境を存分に楽しんでいたように思う。皆イマッチ教祖にすっかり洗脳されてるのかな。笑


相変わらずいい仲間が周りにいるね。素敵な時間を、これまた相変わらずありがとう。

第一印象から決めてました。好きですイマッチ!
f0252883_1126440.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-28 11:24 | 旅の日記
2011年 05月 23日

思いは口にしよう

f0252883_1128148.jpg



昨日、縄文杉に会いに行った恭ちゃん(左)、みゆきちゃん(中)、イケちゃんと白谷雲水峡へ行ってきた。


縄文杉では雨の予報ではなかったのだけど、縄文杉手前で雨が降ってきた。


「大丈夫かなあ。」

「大丈夫ですって!」


前向きなイケちゃんの予想がずばりあたり、縄文杉に着くと、すーと雨が止んだ。そして、今日の白谷は予報どおり雨・・・。さすがに太鼓岩からの眺めは期待できないだろうと、歩いていると、


「大丈夫ですって!」


雨の中、太鼓岩を登りつめると・・・
f0252883_11284839.jpg

わおー!すごいイケちゃん。最高の見晴らしが僕らを待っていた。


「口に出してると願いは叶っちゃう。」


その哲学いただきます!ポジティブな2日間をどうもありがとうございました!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-23 11:27 | 旅の日記
2011年 05月 20日

夫婦の鏡

f0252883_11303194.jpg

島の友達トモくんとサユミちゃんの友達が屋久島にやってきた。笑顔の素敵なマサヒロ君とユリちゃん。2人と縄文杉に会いに行ってきた。なんて爽やかな夫婦なんだろう。夫婦杉の真似して手を繋ぐこの写真の二人のような夫婦ばっかりだったら世の中平和なんだろうなあと思いながらパシリッ。
f0252883_1131040.jpg

前半は元気だったユリちゃんだったけど、後半から膝横の筋に違和感を感じ始め、サポーターをつけるものの、やがて痛みに変わり足が上がらなくなってきた。とても辛そうだ。マサヒロ君も心配そうで笑顔が消えてしまった。
f0252883_11312794.jpg

長い苦しい時間が続いたが、ユリちゃんは自力で歩ききった。始発のバスに乗った僕らが登山口に到着したのが最終のバス出発のギリギリだったから、12時間以上も歩いていたことになる。本当によく頑張ったなあ。感動です! 


しかし、今日はこれでは終わらなかった。達成感に酔いしれていると、何と!バスが故障!新たなバスが里から上がって来るまでに30分以上待たされ、ようやく乗り込むと、遅れたことを申し訳ないと思っているのか運転手さんは少しでも早く皆を送り届けようと猛スピードで爆走・・・


バスが到着したとき、ユリちゃんは猛烈なバス酔いに座席から立ち上がれないほど・・・何とかバスから降りたものの道端に倒れこみ立ち上がれない。すっかり日が沈み暗闇の中、必死に呼吸を整えるユリちゃんのそばでマサヒロ君がずっと無言で寄り添っていた。


「今日は本当大変は一日でしたね・・・」

「いや、とても楽しかったですよ。」


え~、本当に?何て前向きな人なんだろう。僕より年下の2人の爽やかさは夫婦の鏡です。これからわんぱくな子どもを産んで、平和は家族をつくってくださいね。屋久島で楽しみにしてます。誰もが辛がる登山の苦労を楽しいって言ってくれたこと嬉しかったっす。ありがとうございました!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-20 11:29 | 旅の日記
2011年 05月 19日

屋久島からの餞別(せんべつ)

f0252883_113418.jpg

徳ちゃん見送り屋久島旅も今日でおしまい。昨日は島の友達も誘ってたっぷり飲んで、疲れを引きずりながら今日は朝から安房川へカヤック。
f0252883_11342565.jpg

お昼ごはんを食べた後は大川の滝へいった。もう疲れ果ててる皆は眠り眼で滝つぼへ。するとどうだろう皆の顔がみるみる元気になっていく。やっぱすごいなあ大川の滝。ここで予定よりたっぷりと時間をとって水の旅のクライマックスを楽しんでもらった。そして、西部の森へ猿や鹿を見に行くものの、全然いな~い。いない方が珍しいぐらいなんだけどな。ん~勉強不足だ。きっとたくさんいる時間帯や天気なんかがあるはずだろうからアンテナをはっておかないとな。
f0252883_1135756.jpg

次は屋久島灯台へ。眼下に広がる大海にしばし見惚れる。そして、最後はいなか浜へ。
f0252883_11352786.jpg

この浜でいよいよ旅も終わりに近づいてきた。最後に皆でジャンプ!なんか皆青春してるね~。なんだかとても羨ましかった。しかし、徳ちゃんのリクエストで屋久島の山以外の魅力を伝えて欲しいという思いに何とか応えようとして、大川の滝で時間をとりすぎて、僕の心の中は「お土産を買う時間がまったくないぞ、しゅんぞう!」が連呼されとても浸れない状態だ。車を飛ばしてお土産屋へ急ぐが、ここで屋久島から最高の贈り物が・・・


「虹が海から出てる!!!」


後ろで叫ぶ皆は黒味山頂以上に大興奮。


~しゅんぞう心の声~

参ったなあ。うざったいぐらいにはしゃぎ出したぞ。まずいなあ、ここで車から降ろさないと後で何言われるかわからない。けど、お土産が買えなくてもヤツラはきっとブツブツと一年間ぐらい言うにちがいない。どうする、俺。落ち着け。焦らないけど、焦る・・・どうせたいした虹じゃないだろうに。


言い訳を探しながら、ちらっと横目で海のほうを見てみると・・・


ふ、ふ、太いぞ~!!!

すごいぞ、この虹は!


なんて思っている時は、もうすでに無意識のうちに車を止めて皆で走って堤防の上に立って写真を撮っていた。今まで培ってきた判断力が直観力に負けた瞬間だった。


感動が人を突き動かす。


相田みつをさんの言葉は本当だ。



お陰でお土産もまともに買えず、徳之助がレンタカー屋に消え、まさかの、涙の別れなしの最後・・・見送りもできずごめんね。けど、たくさんの感動と笑いを3日間ありがとう!無邪気に遊ぶ皆はかっこよかったよ。また、きっと遊ぼうね!
f0252883_1136246.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-19 11:33 | 旅の日記
2011年 05月 18日

別れの旅

f0252883_11375438.jpg

なんて元気のある民族なんだろう。


前からユウコちゃん、いっちゃん、かなえちゃん、徳之助、千葉ちゃん。彼女たちは、な、な、なんと白衣の天使看護士だ。信じられましぇ~ん。笑 徳之助こと徳ちゃんが10回目の屋久島の旅でついに移住を決意した。


「徳ちゃんを見送りに屋久島まで来ちゃった。」


なんて仲のいい仲間なんだろう。でもこれじゃあ、見送るなんていいながら最終的に見送ることになるのは徳ちゃんなのでは・・・。まあまあそれはさておき、3日間我が家に泊まり大いに遊んだ。そして、今日はメインイベントの黒味岳登山。徳ちゃんの大好きな場所だ。きっと皆に大好きな屋久島の姿を見せたかったのだろう。


終始、放送禁止用語炸裂のトレッキング。屋久島の静かなる偉大な自然は満喫できたのかなあ、正直、自信ない・・・笑
f0252883_11381844.jpg

山頂ではさすがに、しばし雄大な自然に浸るシーンも。が!しかし、山頂でサプライズの誕生日祝いの儀式が・・・
f0252883_11384459.jpg


f0252883_1139510.jpg

束の間の沈黙を断ち切るように盛り上がりを見せるみんな。ヘトヘトの下りも楽しそうだったなあ。
f0252883_11393354.jpg

そんな、彼女たちが淀川の橋の上で見せる沈黙の涙が忘れられない。旅が終わりに近づくにつれて徳ちゃんとの思い出が・・・そして別れの悲しさがこみあげてきたのだろうか。自分が一人生きていくのに精一杯の忙しい社会で、友のために島まで来て、その友の大好きな島をいっしょに楽しもうとする皆、本当に素敵だった。淀川の清らかな川の流れを見つめるあの無言の静かなる永遠に続くかのような神秘の時間、永遠のようできっと束の間なんだろうなあ。その束の間の今という一瞬、皆の素の表情が素敵にあらわれた。
f0252883_11401256.jpg

徳之助!そんなときに写真に夢中になるな!


さあ、明日は最終日どんな結末が待ってるかな。

しみじみ、仲間っていいなあ。素敵な仲間たちだね、徳ちゃん。
f0252883_11403883.jpg

皆が橋に座り込んでずっと見つめていた淀川
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-18 11:37 | 旅の日記
2011年 05月 17日

自然の中での出会い

f0252883_11422084.jpg

昨日縄文杉に会いに行ってきた笑顔が素敵で大人なマサさんとクミさんと
f0252883_11424013.jpg

このテンション高いレディーたち(左からユウコちゃん、いっちゃん、かなえちゃん)はどんな時間を共にするのだろう・・・


恐る恐る白谷雲水峡の森歩きが始まった。うまくいくかな~。
f0252883_1143156.jpg

森の美しさや、突然の鹿との出会い、登山の苦しさ、そんな体験を自然の中で共有しながら

f0252883_11434993.jpg

少しずつ心を通わせ打ち解けていく。初めて会った人と笑い合い、感動の言葉を交し合うことが自然の中ではできてしまう。自然って本当にすごい!


今日は楽しい森歩きをどうもありがとうございました!
f0252883_11441929.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-05-17 11:41 | 旅の日記