屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 25日

あゆみさんより

f0252883_11201884.jpg

俊蔵さん!
このたびは大変お世話になりました。
俊蔵さんのおかげですてきな旅になりました。
ありがとうございます!

だんなさんが俊蔵さんのこと絶賛していて(もちろん私もですが)
たくさんいるガイドさんの中から俊蔵さんを見つけた私も誉められましたよ〜(笑)。

俊蔵さんからいただいた「やればできる!」この言葉を胸にいつももち続けていこうと思います。

私の一番の思いではダイビングの時にウミガメと泳げたことです。
何かもう、ほんと神様に会えたような思いでした。

また屋久島いきます、絶対!


--------------------------------------------------------------


17~18とお世話になった村上です。昨日の昼休みHPにカキコミして家帰ったら俊三さんからのCDが届いてました。さすがっ!仕事早い!どうせだったらCD見てからカキコミすればよかったなぁ。もちろんさっそく二人で見ましたよ。あの感動が再び…。縄文杉と鹿の写真がパラパラ写真みたく鹿が少しずつ動いていて大受けでした。やっぱり自分たちでとった写真とは全然違ってて俊三さんにお願いしてホントによかったと思ってます。ありがとうございました(^o^)v-~~~
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-03-25 11:19 | 旅人の声
2011年 03月 21日

たくちゃんより

f0252883_11183675.jpg

しゅんぞうさん
おひさしぶりです。クリーミーさとうです(コーヒーに入れる粉みたいですね)
なかなかお返事できず、すみません。。。

バーベキューやら忘れたTシャツを送っていただいたり、、、。
ほんまにお世話になりました。

日常とかけ離れたあの島での、空気や自然、人の生き方、考え方は乾きそうになっていた
スポンジにじんわりと染みてきたような気がしてます。うまく表現できませんが。

ともかく、しゅんぞうさんのおかげで屋久島の旅は今までの人生で、そしてこれからの人生にとっても、
非常に意義深いものになりました!!うん。なるはずです。ほんま、ありがとうございました!

ほんで、また行きます!!絶対に!

PS
写真現像しました。
データはまた mail@wazo.jp ←こちらのアドレスに送らせていただきます!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-03-21 11:18 | 旅人の声
2011年 03月 15日

くりちゃんより

f0252883_11173464.jpg

俊蔵さん

素敵な写真をアップしていただいてありがとうございます!
本当に素敵な1日で、今までの旅行とは全然違うモノになり、
初めての感覚というか、言葉では上手く言い表せない、本当に素敵な旅になりました。
トレッキングが終わってから、自分の中の尖っていたものが削れたような、
少しまるーくなれた気がします。
本当に良い経験になりました。

みんなとも、何度も『ほんとに楽しかった!よかった!』って話してたんです。
これも、素敵なガイドをしてくださった俊蔵さんのおかげです!
ありがとうございました!

次は、近くの六甲山にチャレンジしようと考えてます。

山のおもしろさを教えていただきありがとうございました!

最後になりましたが、帰ってからもう一回雑誌を見てみると・・・
『クリーミー男子とは・・・甘くソフトな外見を持ちながら、内に秘めた強さがある。決して肉食のようなガッツキじゃない。草食と肉食のいいとこ取り。』

だそうです。笑

これからも素敵なガイドで、山ガール&ボーイを増やしてくださいね。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-03-15 11:17 | 旅人の声
2011年 03月 15日

あけみちゃんより

f0252883_1115348.jpg

俊蔵さん こんばんは!

3/5に白谷雲水峡でお世話になったアケミです。
西部林道の魅惑のガジュマルの森、縄文杉登山も無事楽しく歩ききれ、昨日帰ってきました。
急に現実の世界に戻り、何となく放心のままで今日から仕事が始まりましたが、頭の中は屋久島の魅力的な木々や苔達でいっぱいで森森状態です(笑)  また旅する為にも頑張って働きます・・・。
3日間ともひたすら山歩きで、さすがにもうアラサーだし疲れるのかと思いきや、日に日に元気になっていく自分に驚きました。自然の力ですね!

白谷雲水峡から帰る時もそうでしたが、縄文杉に逢って荒川登山口に帰ってきた時も、まだ森の中に居たいという気持ちでいっぱいになりました。
飛行機に乗って、遠ざかっていく屋久島を見ながら雲の上に登っていくときは、ほんとに寂しくて心が苦しくなりました。残念ながらその10分後には爆睡してしまい、隣の席のおじさんに笑われましたが・・・(笑) やっぱり体は・・・・だったようです。

俊蔵さんとの旅は、笑いあり、熱いトークあり、静かな時間ありで、本当に楽しかったです。
太鼓岩に着く直前、『ハンカチの用意はできてますか~?』と言われ、また冗談言って~と思い笑ってましたが、ほんとにハンカチが必要でした(笑)
最初は、雄大な景色にただただ感動していたのですが、周りの人がほとんど居なくなって、心地よい静けさの中、目の前に広がる山や雲を見ていると、吸い込まれていくような感覚になり、急に涙が溢れてきました。
今まで色んな景色を見てきて、胸が熱くなることはあっても涙が流れたことはなかったので、びっくりしました。私にとってあの場所は不思議な場所でした。美しい苔達を見ながらたどり着けるというのが、またたまらないです!本当に貴重な時間をありがとうございました。

今思うと、一番の目的だった『もののけの森』ももっと時間をかけてじっくり見れば良かったなと少し後悔です。また行きます♪帰りに、目の前にひょっこり現れた鹿の赤ちゃん!ほんと愛らしかったです。Hpを開くと、あの子が居てついつい顔がゆるみました。発見した猿を撮る為に、夢中で岩をスルッと降りていく俊蔵さん。ザ・カメラマンという感じで格好良かったです。

自然を愛して大切にする俊蔵さんの今年初の旅人になれて、なんだか嬉しかったです(#^.^#)
今度は屋久島の川や海の魅力も味わってみたいと思いますので、その時はぜひよろしくお願いします!   アケミより


-------------------------------------------------------------



俊蔵さん、お久しぶりです(^^)


写真のデータ、とっくに届いていたのですが、お礼が遅くなりすみません。

旅フォトをお願いして本当に良かったです。
現像して、しょっちゅう眺めては屋久島の旅を思い返しています。
自分の目で見たモノと限りなく近い、またそれ以上の俊蔵さんの活きた写真は、見てると元気が出ます。
自分でお願いしたものの、でっかいレンズで撮られるのはすごく恥ずかしくて、変な笑いになりましたが、「私はこんな顔して笑うんだー。」と客観的に見て楽しんでいます(笑)

撮り方によって、苔の色やフサフサ感、木々の迫力はこんなにも違うんですね。そこに私も共存できていることが嬉しいです。(一人旅だとなかなか自分の姿はおさめられないので…)
色々考えていると再び胸が熱くなってきます。

俊蔵さん、素敵な写真達と大切な想い出を本当にありがとうございました。

いつかまた、お会いできることを楽しみにしています(^^♪

アケミより
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-03-15 11:15 | 旅人の声
2011年 03月 08日

ジブリ大好き大学生より

f0252883_1114046.jpg

あべっちより(写真後列奥左)

俊三さんへ

お久しぶりです。屋久島の写真送っていただいてありがとうございました。

最初、屋久島に行くっていったときは皆に心配されて、最後まで登れないかなあと内心思っていました。正直辛い時もあったけど最後まで登ることが出来たのは俊三さんとストックのおかげです(笑)社会人になっても何年たってもあの時皆で登った屋久島の思い出は忘れません。ボクがそうだったように、これからもたくさんの人に感動を伝えていってください!!ありがとうございました。


井海田くんより(後列左から2番目)

俊三さんへ

お元気ですか?ジブリ大好き井海田です。あれからもう1ヶ月半がたとうとしていますが、僕は順調にジブリ熱を増していってます。帰ってきてすぐに『もののけ姫』を観直し、屋久島で見た風景がたくさんでてきて興奮すると、今度は俊三さんがお勧めしていた『「もののけ姫」はこうして生まれた』も見たくなり、近くのTSUTAYAに駆け込みました。しかしそこには置いておらず、観れないとなると余計観たくなってAmazonで購入しちゃいました。俊三さんに「もののけ姫の映画そのものより感動した」と言わせただけあって、7時間弱の長編もあっという間に観終わってしまいました。となると、もちろん『もののけ姫』を再び観たくなるわけで、作品に込められたメッセージや裏のドラマを知った上で観た『もののけ姫』は本当にすばらしい作品でした。


僕は宣言どおりジブリをテーマに卒論を書きます。俊三さんに見せても恥ずかしくないものを書き上げたいと思っていますので、納得のいくものができたら送らせて下さい。もし届かなかったらダメだったんだなと思ってください。


この手紙では俊三さんへの感謝の気持ちを伝えたかったのですが、結局ジブリの話になってしまいましたので、最後にお礼を言わせてください。僕たちを無事縄文杉まで連れて行ってくださりありがとうございました。大学生活のいい思い出になりました。そして何より、ジブリを好きでいてくれてありがとうございました。またいつか俊三さんとジブリトークする日を楽しみにしています。


なっちゃんより(後列左から3番目)

俊三さんへ

お久しぶりです!!突然のお手紙失礼します。縄文杉トレッキングでお世話にりましたジブリ大好き大学生のなっちゃんです。旅フォトのお礼を伝えたくて、今回は手紙を書かせていただきました。実はみんなの予定がなかなか合わず、旅フォトをやっと全員で見られたのが12月後半だったんです。私もそれまでお預け状態で・・・(笑)だから、到着の報告とお礼がこんなに遅くなってしまいました。でも、みんなでとーっても楽しく写真を見させていただきました。


旅からは1ヶ月以上たってしまっていたんですが、写真を見てすぐに色んな思い出がよみがえってきました。写真は屋久島に行った私たち8人だけではなく、行けなかった他のゼミ生や先生も一緒に見たんですが、みんな競い合うようにして、俊三さんから教えていただいた島や杉の知識を他の仲間や先生に伝えていました(笑) 本当素敵な写真ばかりで、また屋久島へ行きたい!!という気持ちがより一層強くなりました。私たちの笑顔と、屋久島、杉の木の魅力がたっぷりつまった写真をありがとうございました。


ガイドさんを探す中で和蔵さんのHPに行きつき、HPを見ているうちになぜだかものすごく惹かれて、会ってみたい!!という気持ちが強まり、気づけば問い合わせフォームで連絡をしている自分がいました。自分の直勘を信じて良かったと今改めて思ってます。俊三さんに出会えたことに本当に感謝です!!


帰りの車で俊三さんが「キラキラしている社会人を見ていないから、社会に出ることを楽しみに感じれない」と話されていたこと、確かにそうだなと思い印象に残ってます。でも、私は運よく自分がやりたいと思える仕事を春からできるので、キラキラした毎日を送れるよう、今から楽しみに最後の学生生活を満喫しようと思います!!いつかキラキラ話聞いてくださいね(笑)


あれ以来田中家が気になって、心葉見させてもらってます。俊三さんがお話されていたカフェができるのを私もとても楽しみにしてます!!いつか遊びに行かせてください。


かなり長文になってしまってごめんなさい。次は屋久島の海で、お会いしたいです!!2011年も和蔵さんにとってHAPPYな一年になりますように。



とがのちゃんより(後列左から4番目)

俊三さん

おひさしぶりです。キムとペアルックカップルの(笑)、とがのこと戸叶です。写真ありがとうございました!デジカメより何倍もキレイで、感動しました。屋久島では本当にお世話になりました。いろんなお話をしていただけて、本当に嬉しかったです。俊三さんは屋久島で、仕事や、生活や、家族、すべてがつながっていて、その全部が俊三さんの毎日を豊かにしてるんだなーと思ってすごくうらやましく思いました。


私は来年からシステムエンジニアとして働くのですが、その仕事に誇りや夢を持って働いていけるのか、今は正直すごく不安です。でも、辛くてもなんだかんだ仕事が好き!と言えるような社会人になろうと思います。それに、どんなに悩むことがあっても、これからもたくさんのすばらしい出会いが私を助けてくれるはずです。(笑)


これからも元気でがんばってください!またいつか必ず屋久島に遊びに行きます。素敵な出会いをありがとうございました。


PS、心葉、ちょくちょく見させていただいてます。これからも応援してます。



岡部くんより(前列左)

俊三さんへ 

帰り道ひざが笑い続けた岡部です。旅フォトありがとうございました。あの日を思い出しながらみんなで楽しく見ました。みんなの笑顔や何気ない顔の写真、縄文杉を見る動画を見ながら俊三さんにお願いしてよかった、旅フォト頼んでよかったって思いました。ありがとうございます。


旅行以来テレビとかで「屋久島」って言葉がでるとピクッと反応しちゃったり、ツタヤで屋久島の森や川の音を収録したCDを借りるか30分くらい悩む程の屋久島ファンになりました。


4月からはじまる社会人生活は俊三さんに言われたように楽しみにしていきます。いつかまた屋久島に行きたいと思っているので、そのときはよろしくお願いします。本当に素敵な出会いをありがとうございました。(たぶんボケるまで忘れないです!)いつまでもお元気で屋久島の魅力を紹介してください。




キムより(前列左から2番目)

俊三さんへ

先日は本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。この前みんなで送って頂いた写真を見ていて、俊三さんに色々と教えて頂いたことをたくさん思い出しました。きっと一生に一度くらいしかチャンスのない屋久島の旅を楽しく、充実したものにできたのは、俊三さんに出会えたお陰だなって改めておもいました。本当にありがとうございました。あと何ヶ月かで就職するこの時期に屋久島に出会い、俊三に出会えたことは、本当にラッキーだったなあと思います。屋久島がくれたパワーと俊三さんに頂いたたくさんのメッセージを大切にして、これから社会に出ても頑張っていきたいなって思います。


俊三さんもたくさんの出会いを大切に、これからもお仕事頑張ってください。ありがとうございました。



まさよちゃんより(前列左から3番目)

しゅんぞうさんへ

「屋久島トレッキングは10時間くらいかかるらしい」と聞いてから、どれだけ過酷な挑戦になるんだろう、と内心不安でいっぱいでした。でも歌ったり、笑ったりしてたら、いつの間にか終わっていました。ゼミで一緒にたくさんの試練を乗り越えた仲間のおかげだったのだと思います。無事に帰ってこれたこと、自然の知識を教えてくれたこと、素敵な時間をありがとうございました!!しゅんぞうさんもお体を大切に、またお会いできたらと思います。




さらちゃんより(前列右)

俊三さんへ

俊三さんと行った縄文杉トレッキング、すごく思い出深いものになりました。東京では触れることができない大自然にすごく癒されたし、なんだか広い気持ちになれました。俊三さんが木々の成り立ちや歴史などなど色々な解説をしてくれたのでより堪能できたんだと思います。また帰りの車の中で社会人になりたくないと私たちがぼやいてた時の俊三さんの「かっこいい大人をみてないからだよ」という言葉がすごく印象に残っています。


う~んと上手くまとめられてないのだけれど、つまりは、皆と行った屋久島は私にとってすっっごく良い思い出になっていて、そうなれたのは俊三さんと出会えたことが大きいなってことです!また屋久島に行った時には俊三さんに会いたいです。本当にありがとうございました。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2011-03-08 11:13 | 旅人の声