屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 29日

田中さんより

f0252883_10585847.jpg

こんにちわ
10/29・30 白谷雲水峡と縄文杉トレッキングお世話になった、田中 ひろみです。
昨日、福岡経由で無事札幌に戻って来ました。

激しく前向きでプラス思考の廣島 順子さんと激しくうしろ向きのマイナス志向の
私との珍道中にお付き合いいただいて、ありがとうございます。
さぞかし俊三さんも戸惑ったことと思います。
あのあと二人で、グリーンホテルの温泉に入り、「磯の香り」で打ち上げをしながら
なんだかんだと言いながら、結局縄文杉にたどり着けて本当によかったと話をして
いました。
感動は、あとから・・・ですね
マスターに車で水明荘まで送っていただきましたよ。

大勢のツアーであれば、やっぱりついて行けなかったので、俊三さんにお願いして
ゆっくりペースで歩いてもらって、よかったです。
それにあんな大雨の中、自分のカメラで記念撮影をする気力は、残っておらず
助かりました。
縄文杉を見るより、縄文杉にたどり着き、宿に戻るまでが、私の中の「旅」でした。

本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

追伸
「膝」は、だいじょうぶです。ご心配かけました。


------------------------------------------------------


こんばんわ
CD届きました。
雨の中でこそ、疲労とカメラを出す力も出ないときこそ俊三さんに撮影を
頼んでよかったと思える写真でした。
ありがとうございます。
屋久島のことは、みんなに聞かれます。
自分の思ったままが写真になっている気がします。

俊三さんのエコの気持ちも伝わりましたよ。
自分にできること、まだまだある気がしますので、肩肘はらず実行しますね。
俊三さんもがんばってください。

追伸
あゆみさんの写真はあるのですが、俊三さんと一緒の写真がないことに気がつき
ました。残念です。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-29 10:58 | 旅人の声
2010年 10月 28日

松室さんより

f0252883_10575078.jpg

ブログを見ました!
俊蔵さんの後ろにぴったりくっついて楽しく登れました♪
ステキな写真や文に改めて屋久島のすばらしさとまた
山に登りたいという気持ちが沸いてきました。
まだまだ登れる自信が付いて感謝、感謝です!!!
今度はぜひ、久住山にのぼりに来てください。その時は
全員でお出迎えして山登りしたいなぁ。。。

その日が来るのを楽しみにハッスルばぁさんでがんばります!
本当にありがとうございました。

俊蔵さんんもますますお元気で、屋久島の魅力を皆様に
お伝えください。

奥様にもお世話になりましたとお伝えください。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-28 10:57 | 旅人の声
2010年 10月 28日

竹内さんより

f0252883_10554359.jpg

俊三さん、阿弓さんへ

 おかげさまで無事に念願の屋久島を旅することができました。
友だちがその友だちを誘い、いつのまにか6人に。
初対面同士の人たちもいたのですが楽しく、充実感を味わえた旅でした。

 黒味岳の深い森、圧倒される大樹、でもそれは数千年の歴史を刻んだせいかおおらかさ・優しさを感じさせるものでした。
森で出会った鹿や猿、そして俊三さんに励まされながら全員が登頂成功!
俊三さんにぴたりとくっついて登ったMさん、俊三さんからエネルギーをたくさんもらったみたいです。
吹き上げる雨風の冷たさや綱にすがっての大岩登りなどの困難を乗り越えてたどりついた山頂では、思わず「ばんざーい!」。
周囲の景色は真っ白、だけど達成感・満足感でいっぱいでした。
日ごろ口ばかり元気なおばちゃん達が、体力にも大いに自信を得た瞬間でした。(怖い!怖い!)
夜はビールで乾杯!!  どこで飲むよりもおいしかったですよ。

 白谷雲水峡は大きな花崗岩と勢いよく流れる清流、そして苔むす森。
ホントに精霊が出てきそうな神秘的なところで思わず声をひそめ耳をすませずにはいられないような光景でした。
自分の表現力の乏しさがもどかしいくらい。

屋久島ならではの、気候であり、島であり、歴史であり、自然を大切にする住人であり・・・・・
そんな条件のなかでこんなに素晴らしい風景があるのだなあと思います。

 とっても可愛い(失礼かな?)阿弓さんには昼食処やおみやげ売り場、スーパーまで連れて行ってもらってとっても助かりました。
有り難うございました。 阿弓さん手作りのお弁当もおいしかった。

 私たちの息子や娘のような俊三さんや阿弓さんが屋久島の自然に寄り添いながらたくましく生きている姿に励まされます。
これからも元気で、子育てにお仕事に頑張ってくださいね。
(頑張り過ぎも良くないと、あの樹の枝が教えてくれましたね。)

  チャンスを見つけ、黒味頂上からの眺望とシャクナゲを見に再挑戦します。
本当に有り難うございました。感謝の気持ちをこめて!!

大分県のくじゅう連山の写真(10月19日 中岳頂上から)を一枚添付します。いつの日か是非おいでください。



f0252883_10563138.jpg

竹内さんから頂いた大分県久住の山並み写真。いつか必ず行きますね!



CD受け取りました。
ありがとうございました。
しみじみと画像を眺めて楽しんでいます。
みんな童心に返ったようないい笑顔をしていますね。
屋久島の自然に触れると、あんないい顔になるんだなあと思いつつ、あらためて旅の余韻に浸っています。

阿弓さんと、俊三さんと一緒にうつった写真などお母様に送ってあげようと思っています。

家族そろって健康でありますように!!


-------------------------------------------------


読ませて頂きました。有り難うございました。
私の写真はちょっとびっくりでしたが・・・。
皆さんにもお知らせして読んでもらいました。
「俊三さんの文がいいね。」と、皆とても喜んでいました。

 俊三さんや阿弓さんのおかげで、
旅を楽しんだうえに、さらに綺麗な映像のCDで楽しませて頂き、そしてさらにさらにホームページでも楽しませて頂きました。

いろんな私の旅のなかでも、選りすぐりの印象深い屋久島の旅になりました。
 ホントにありがとうございました。

「くじゅう」での再会をお待ちしています。では、お元気で!!  御礼まで。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-28 10:55 | 旅人の声
2010年 10月 23日

みさきちゃんより

f0252883_10531195.jpg

こんにちは。屋久島の旅から京都へ戻り、早いものでもう2週間・・・10/23の白谷雲水峡では大変お世話になりました!!昨日、念願の旅フォトが手元に届きました☆自分のカメラは結局1枚も撮れなかったので、俊蔵さんに写真をお願いしておいて本当に良かったです♪写真を見ながら、あの日の激しい雨と色んな意味でのスリル(笑)が思い出されました(^^;)
滞在中の3日間はほとんどが雨ばかりでしたが・・・屋久島で本当の大自然に触れ(山の怖さも実感し!)とても充実した時間となりました。でも、まだまだまだ行きたい場所はたくさん!!また絶対に屋久島へ行きます!!!・・・というか、できたら年に1回は行きたいでっす(笑)その時はまたよろしくお願いしますね☆
その日まで、俊蔵さんもお元気で♪畑仕事も頑張ってください~。

P.S そうそう、白谷雲水峡の後に行った『森まつり』なんですが・・・もちろん始まりから終わりまでず~っと大雨だったのですが  なんと、終盤で一瞬だけ満月が顔を出したのです!!!!!!!!!!  あの瞬間、屋久島に森の神様がいることを確信しました☆  とても素敵なエコイベントですので、ぜひ来年は行ってみてください。  私もまた参加できれば・・・と思ってます(^^)


----------------------------------------------------------------


しゅんぞうさん

こんばんは。
風邪を引いてちょっとダウンしており、返事が遅くなってしまいました~(><)

しかし、わたくしなんぞのメールをHPにアップして頂くなんて・・・
個人的には全く構いませんが、逆にあんなんで大丈夫でしょうか?!
屋久島での興奮と、しゅんぞうさんへの感謝をとりあえず伝えたかっただけで
大したことも書いてないし、恐れ多いです~(汗)
もっと文章があればいいんですけど…(^^;)
でも、あのメールでよければぜひ使って下さい☆

来年は森の日はお休みですか。
そうですね~また山の神様がいたずらするかもしれませんしね(笑)
私も今度は、山の神様に怒られないよう、別の日に森へおじゃますることとします☆

でも。。。あの日の森での体験は、ある意味神様からの贈り物かもしれないと思った
りもするんです。
危機を感じる場面がありながらも、無事に私たちを森から帰らせてくれましたから
ね!!
そして、森の力強さというか、本当の姿というか・・・
なかなか遭遇することのできない姿を見せてくれたのですから♪
実は、あの日の出来事のおかげで?私はますます森の神秘的な力にハマってしまった
気がします(笑)

はい♪今度は、ぜひ増水してない森で遊びましょう!!
その日を楽しみにしておりま~す(^▽^)ノ
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-23 10:52 | 旅人の声
2010年 10月 22日

きょうたか君&恵美ちゃんより

f0252883_10513320.jpg

問い合わせフォームに書いていいものなのかわかりませんが…
今日、奈良に無事帰ってきました。
この4日間はホンマに有意義に過ごせたのも、俊三さんのおかげです。18日・20日の登山は両日共とても面白く感動しました。ホンマにありがとうございました。
自分の中での山登りへの興味がより一層深まり、それ以上に両日雨だったせいか、「雨」への認識がこの旅で180°変わってしまいました。山や自然の植物のように好きになっちゃいました。
また、屋久島に行きます!!俊三さんにいろいろ教えていただいた事をもっともっと体に感じていきたいです。
本当にありがとうございました。  恭教

f0252883_1052197.jpg


白谷雲水峡、縄文杉のトレッキングありがとうございました。
両方ともすごく楽しくて、森の自然ってあんなにすごいんやと初めて知りました♪
俊三サンから木の話聞くまでは“何で屋久島の木は変な形してるんやろ?”って思ってました(汗)
大自然やからこその形やったんですね(^-^)
縄文杉はほんまにすごかったデス♪
ずっと見たかった縄文杉、やっぱ本物は別格デスね。
感動しました。
正直、縄文杉に一番感動やろって思ってたんですけど…
一番の感動はゴールまでたどり着けた自分にでした(笑)
この旅で、私ってやれば意外と何でもできる?って思っちゃいました♪♪
本当に今回はありがとうございました♪
今度は…海の中も行ってみたいな(*^_^*)

P.S.
ちょっと、考えてみたんですが…
やっぱり奈良のシカより屋久島のシカの方が私は可愛いと思う(笑)  恵美
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-22 10:51 | 旅人の声
2010年 10月 15日

れいこさんより

f0252883_1049522.jpg

和蔵 しゅんぞうさん

こんにちは、10月15日にカヤックでお世話になりました、
三鷹市井の頭のレイコです(^-^)

写真ありがとうございました!!
東京に戻ってきて2週間くらい頭が屋久島モードから戻りませんでした(笑)
仕事が忙しくなってきたころにしゅんぞうさんからの写真が届き、
また屋久島での時間がよみがえってきて、とてもうれしかったです。
どの写真もとても素敵ですが、ブログにも掲載していただいている
ハイビスカスとツマベニチョウの写真は特にナイスショットですね!

3時間のカヤック、とても堪能できました。ありがとうございました。

大きな鷺がたくさん木にとまって出迎えてくれてうれしかったですね!
近づくと優雅に川の上流に飛んでいく鷺の姿は
安房川の静かなおおらかな世界にぐーっとひきこんでくれました。

川の流れや風の力強さでなかなかうまく前に進めなかったのも
楽しい体験でした。
思い通りに道具を操れないもどかしさは、
何でも毎日器用に便利に使って暮らしている自分にとって
新しい刺激で、すごく面白かったです。

私と同じ川を進んでいるのに、
無駄なく力まず進んでいるしゅんぞうさんはすごいなーと感心しました。
川でもお話ししましたが、私は居合をやっていて、
刀が自分の体の一部になって思うように動けることがテーマの一つなので、
自分とカヤックと川がどうやったら一体化して思い通りに動くかを
試行錯誤して楽しんでいました。
なかなか上手くいかなくて、逆に面白かったです!

また、
綺麗に木にからみつく彫刻のような蛇や、
川岸のたくさんの穴からひょっこり顔をだした赤いカニ、
季節の終わりに切なく舞う雌雄のツマベニチョウ。
しゅんぞうさんに見つけてもらった屋久島の小さな生き物たちは
とても美しく、きらきらしていました。

風が吹くと白く輝きだす川面、
川にせり出す迫力ある岩壁から流れ落ちる滝、
山高くにかかる赤い橋と秋の空にたなびく雲。

カヤックの上に寝そべって漂う静かな時間は最高でしたね!

大きな自然に包まれて、ちっぽけな自分を感じながらも、
そこにはちゃんと自分がいることを確認することができました。

ゆったりとした時間を体験させていただいてありがとうございました(^-^)
また、素敵な屋久島を紹介してくださいね!

しゅんぞうさんとは地元が井の頭公園近辺ということで
とても親近感を感じました(笑)
井の頭と屋久島がびゅーんと一気につながった気がして
面白かったです。

今、井の頭公園も桜やななかまどが赤く色づいて、
秋の装いになってきましたよ。
つやつやしたどんぐりもいっぱい落ちています。
毎朝、家から駅まで井の頭公園の中を歩いて会社に通ってます。

屋久島の大自然とは比べ物にならないですが、
こちらの秋もなかなかのんびりしていて素敵です(^-^)

寒くなってきましたので、風邪をひかないように。
今年もあと2カ月を切りました。
ご家族の皆さんと元気に毎日をおすごしください!

ありがとうございました!

★私のiphoneで撮った写真を添付しますね。
f0252883_10494092.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-15 10:47 | 旅人の声
2010年 10月 07日

ハッピ団長ほーりー&やっしーより

f0252883_10421545.jpg

こんばんわ☆
毎度お騒がせ 沖縄から ほ~り~です♪

先日は屋久島のガイドをありがとうございました。
でっかい感謝 おなかいっぱい


あ~ちょ~楽しかった~ 

翌日は、雲水峡と太鼓岩にいき、
岩から「しゅんちゃ~ん!」って叫んだの、聞こえたかな。

太鼓岩からの風景もすばらしかったし、
もののけの世界にひたりました。
緑の色が沖縄にはない色って、幸恵さんはすごく感動してました。
 

半ば強制的に奥様まで巻き添えにし、
申し訳ありませんでした…


やっしーは
「屋久島の思い出は天然酵母!!!!!(笑)」と、
と、言ってます。


とにかく奥さんのパンが最高においしくて
みんなで堪能しました。
ごちそうさまでした。
早くパン屋さんがOPENするのを楽しみにしてます。

トレッキング初心者の私たちでしたが、無事に歩ききれたのも、しゅんちゃんのおかげ。 
12時間も遊び続けれたのも、しゅんちゃんのおかげ。

あんな3時間のスピードガイドで往復したら、
たぶん、疲れただけで、屋久島の良さ、わからないはず。

テンションあげっぱなしで入れたのも、しゅんちゃんのおかげ。
ちゃんと、屋久島の自然や縄文杉の重厚さもしっかり心に刻んでますからね。
縄文杉に行くまでに魅力的なことが多かったんだもん。

とにかく、ありがとぉぉぉぉぉぉぉ。

まんてんの前で撮った写真いらないだろうけど、送ります(笑)
ガイド中のしゅんちゃんにはなかった、われわれに解放されたすばらしい笑顔です。 


また 行っちゃいますから
まちがいなく、絶対行く。
懲りずに相手してくださいませ。


------------------------------------------------------


こちらこそ お礼のメールもしないでスミマセ~ン やっしーです。

DVDちゃんと届いてますから・・・。
仕事に、遊びに、遊びに?、と
それぞれが忙しく日程が決まらず・・・でしたが、
4人での鑑賞会?がようやく28日に行われます。
はい・・・。ご想像通りの大騒ぎ(祭り) になるはずです。
私も、観てません(泣)  お預け状態です。
皆で一緒に楽しもうと思ってね。


『旅人』
今確認しましたよーーーー。
あんなにおバカ全開の私達を、
素敵なコメントでフォローして頂き  
ホントに感謝 カンシャ かんしゃです
訂正・削除は全くないですよ~。
私達のサイコーの記念になりました。

これを観て、屋久島への夢を抱く方が増える・・・?
かどうかはビミョウですが、
200パーセント満喫した私達の笑顔にウソは無い!!
おバカが増えたらスミマセン。

4人が4人 感動のポイントは全く違いました。
同じ縄文杉を目指したのに・・・不思議ですね。
また新たな感動を探しに必ず行きます。

来沖の際は、必ず連絡下さい。
お祭りわっしょい!! で騒ぎましょう。


ありがとうございま~す。

f0252883_1043038.jpg

[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-07 10:42 | 旅人の声
2010年 10月 04日

かなちゃんより

f0252883_1039441.jpg

俊三様 阿弓様 洸平様

3日間、朝から晩まで付き合ってくれてありがとう。
ずっとずっと、行きたいと思っていた屋久島。
屋久島は緑の島でした。圧倒的な質感と量感で迫ってくる緑の島でした。
川も空気も雫も緑で、白谷での苔の色は想像以上でした。
太鼓岩からの景色には、本当に息を飲んだんだ。
頂上から森を見る、わたしにとっては初めての経験でした。
まだまだ知らない景色がある、それを見たいって貪欲に思ったよ。

印象的だったのは、どんどんほぐれていく聖子ちゃんの顔でした。
職場で会う聖子ちゃんはどこか不安げで少し硬い顔をしていて。
この旅に出る前も、本当に行けるのかなって心配になってしまうくらい。
きっとわたしも同じような顔をしているんだと思う。
最終日の白谷でのほどけっぷりには、嬉しくなってしまった。
誘ってよかったな、一緒に旅ができてよかったなって。
あの聖子ちゃんの顔をひきだしたのは、屋久島の自然の力か、はたまた俊三の力か・・・。

そしてね、いやぁ、わたし俊三を甘く見ていたよ。
海はともかく、山や森の経験値、知識があんなにあるなんて。
フィールドに出ると、生き物たちのシンプルななりふり構わない生存競争にいつも感動するんだ。
俊三のガイドはそれをさらにさらに感じさせてくれるものでした。
そして、お客さんに合わせたガイディングも正直、すごいなって思った。
複数のスケジュールの中で時間管理をせざるを得ないのに、
好きな空間で好きなだけ好きな過ごし方をさせてくれる、なかなかないよね。
海で魚まみれになったのも、川で魚と一緒に流れたのも、太鼓岩で風の音にびびったのも
俊三のガイドじゃなきゃできなかったことだったかなって思うよ。

阿弓ちゃんと洸ちゃんにも感謝感謝です。
阿弓ちゃんのおいしいごはん、やさしい心づかい、嬉しかったです。
何より、まっすぐな凛とした阿弓ちゃんの考えがわたしは大好きです。
阿弓ちゃんの想いと一緒においしいパンやごはんがいろんな人に楽しんでもらえる日が早く来るといいねー。

遠い遠いと思っていた屋久島。意外に行けちゃうもんでした。また、行きます。
また、わたしの知らないことを教えてください。
3日間、本当にありがとう。

追伸
そうそう、安房川で見た淡水魚、オオクチユゴイかなって思うんだけど、どう?
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-04 10:38 | 旅人の声