屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:島に生きる人( 73 )


2016年 03月 26日

屋久島ピースジャム2 「地球の裏側を旅して気づいたこと」

f0252883_1729916.jpg

今回の屋久島ピースジャムは南米のピースな世界に包まれる会。屋久島ソウルナビゲーションEarth tribesのヒロくんの旅のスライドショーとトーキングサークルを通して、平和を味わう夜になったらいいな。アペルイのエルビスがブラジル料理でコラボ。いったいどんなジャムセッションになるかな。

5時集合~!と告知したけど

f0252883_17355339.jpg

5時になっても誰一人こな~い。笑
さっそく自由でピースな島タイムが流れ始めました。
ん~この自由感たまりません。笑
じゃあ、ぼちぼちはじめましょうと、少人数でディナースタート!

f0252883_17435921.jpg

夜の帳がおり始めた7時ごろ、じわじわ集まってきました。エルビスのブラジル料理フェジョンとみんなが持ち寄ってくれた料理をいただいて、まったり。

ほぼ参加者が集まったところで多目的スペースの森に移動してスライドショー開始。
3ヶ月中南米を旅したヒロくんがきりとった写真たちが、暗闇の森で浮かび上がりはじめた。

f0252883_7363742.jpg

標高4000mにある温泉や雪山の写真、マチュピチなどなど、ヒロ君の風景写真はあまり見たことがなかったから新鮮で、一気に南米の心の旅がはじまってしまった。参加者の人たちもきっと一人ひとり心の中で旅が始まっていたんじゃないかな。人物の写真はさすが!自然体でキラキラとした表情を撮るのうまいなあ。また、選曲がとてもよく、音楽と写真の相乗効果の魅力を知れたのが、ボクにとっての新たなピースでした。こうやって誰かのピースが一人ひとりの心の平和と混ざり合って、あらたな幸せのあり方が創造されていく。野いちごから自家製のジャムをつくるように。

f0252883_8334411.jpg

スライドーショーを終え、「ピース」をテーマにトーキングサークル。これが本当によかった。ひとりひとりが感じる平和、幸せを、誰からも否定されない環境の中で、みんながしっかり「傾聴」していく場が、ヒロくんによって見事に創りだされた。

ここからは自分もその輪の一員として加わったので写真がまったくないですが、みんなで手を繋いで声を出したときのハーモニーはもう失神寸前。最高に心地よかった~。あと、みんなで石や薪を使って自由に音をだしあったときの不思議な調和も、はじめて体感するピースなジャムの味でした。その他、一人ひとりが感じる平和、幸せのあり方を聴けたことがとてもよかった。自分の幸せを詰め込む袋が大きくなった気分です。参加してくれたみんなありがとう。

f0252883_8472354.jpg


ヒロくんが火の輪の中で言ったピースな言葉を最後に紹介します。

「地球の裏側を旅してきて俺は気づいたよ。」
「大切なものはすべて、すぐ足元の屋久島にあったってことを。」


ヒロ君の南米の旅の写真は以下のURLで鑑賞できるので、是非っ!
http://ameblo.jp/watarigarasu163/


屋久島ガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-03-26 17:26 | 島に生きる人
2016年 03月 22日

Yakushima Peace Jam 2 「地球の裏側を旅して気づいたこと」

f0252883_9262549.png

中南米を旅してきたEarth tribesの鈴木洋見氏招いて、地球の裏側のピースな写真たちをみんなで鑑賞しましょう。アペルイの森で野外スライドショーにて上映します。スライドショー前は、ブラジル出身のエルビスが南米料理を創作しますのでお楽しみに。スライドショー後は、火を囲ってのトーキングサークル。どんな平和な時間が紡がれるのか。楽しみたのしみ。参加費は無料なので、ヒトリ1品持ち寄りでお願いします!

開始時間:17:00~ 持ち寄りで夕食
スライドショー:19:00~ ※今回の核心です。15分ぐらいのスライドショーをもとに、ディープな3~4時間ぐらいのトーキングサークルに移行するので、スライドショーは遅れずに!

終了は夜遅くなる可能性が、あるので、アペルイに泊まる方は、寝袋を忘れずに。その他、、ハシ、皿、コップも持参でお願いします。

ではでは、みんなで素敵な夜を創造しましょう。不明な点がある方は気軽にコメントくださーい。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-03-22 09:25 | 島に生きる人
2016年 03月 20日

Fire Let People Laugh

f0252883_208661.jpg

「人が誕生して今までの時間を24時間だとすると
火と共に暮らしてきた人の営みは23時間59分
火を手放して己で管理できない核の恩恵を受けはじめたのはたったの1分
この1分で地球はとんでもないことになってるんだ」

どこかの国で聞いたこの言葉が久しぶりに蘇った

人は火を囲ってると心に平和が宿る
いや~よく笑った

f0252883_2034847.jpg

写真は島で仲良くしていた親子。昨日島を去った。最幸の火の子でありました。

ようちゃん、あいちゃん。またいつの日か火を囲もうぞ!
いってらっしゃい!

屋久島ガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-03-20 20:07 | 島に生きる人
2016年 03月 17日

第1回 屋久島ピースジャム 「薬島の塩づくり」  ~塩づくりから平和が見えてくる~

f0252883_1612338.jpg


【開催日】 2016年3月19日
【集合時間】 9:00~14:00ぐらい
【場所】 アペルイ  ※google mapで「アペルイ」と検索するとでてきます。
【料金】大人:1,000円 小学生&中学生:500円 未就学児:無料
【持ちもの】サンダル・ぬれてもいい服装(膝まで海に浸かります)・できあがった塩を振りかけてみたい食材・箸・お椀・飲みもの・塩を入れる袋

【お問い合わせ&ご予約】不明な点や質問などありましたら、お気軽に電話かメールにてお問い合わせください。予約はメールにて承ります。TEL:080-8357-3308 or 080-8840-3650 (問い合わせ時間:8:00~20:00)  Email:s28071977@gmail.com

アペルイのシュンゾウもアユミもよく元気だといわれます。家を建てたり、畑をしたり、家事もしながら、森のようちえんもしたり。島の友達に「アユミちゃんって200才ぐらい生きそうだよね」と言われたりもしてます。笑 僕らが元気でいつも前向きに夢を追える原動力は、ずばり健康な身体!健康でないと心に持続的なワクワクはなかなか宿らないです。

健康な身体づくり、とても大事です。僕らの健康の源は、ずばり塩です。

スーパーで売られている食塩は90%以上が塩化ナトリウムです。海水を煮詰めて凝縮した「海のエキスが詰まった塩」はまったく別物です。海の塩には塩化ナトリウム以外のたくさんのミネラルが含まれていて、そのミネラルバランスのよさが体にとても良いと言われています。アペルイでは毎年、調味料としてはもちろんのこと、塩を「薬」と崇めて1年分自給しています。

今回からはじまるピースジャムでは、母なる海から海水をくむところからはじめ、屋久島の父なる大地の木々を燃やして塩をつくります。作り方はとっても簡単!いっしょにワイワイつくりましょう。作り方・天然塩の効用・塩不足でなる病気などを話しながら、塩作りの魅力をお伝えします。 同時に大きな羽釜でご飯をたきますので、塩ができあがったら、塩おむすびをにぎってほおばりましょう。

正直、海水のミネラルを損なわずに作りあげた塩は、とても値段が高い!でも、海から直接いただけばプライスレス!

今回は、ゴージャスにプロの商品を買っちゃいましたよ!
f0252883_18541463.jpg

伊豆大島で海水からつくりあげることにこだわった「海の精」の塩と醤油、味噌を用意しているので、味見程度ですが、高級塩をいっしょに味わいましょう。我が家の自家製塩をつかってできた味噌もお出しします。

また、食後は、栗生でお茶をたてられる吉原さんが、焚き火で「野点(のだて)」をしてくれることになりました。
お楽しみに!

ではでは、19日は、シオシオしましょうね~。


ピースジャムの詳細はこちら↓
http://aperuy.com/peacejam.html

屋久島ガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html


[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-03-17 16:15 | 島に生きる人
2016年 02月 07日

山旅にもっていく楽器をつくろう

f0252883_23304972.jpg

アペルイにない新たな技を携えて個性あふれる2人が屋久島に移住してきた。

左:ヨガ伝道師やまちゃん
右:楽器作り師わっきー。

今日は3人で30分ほどヨガの太陽礼拝をしてから、朝食前にジャンベ作りの樹を頂きに開拓地へ。知り合いの農家さんが長年放置された畑を整備していて、そこで育った大木がみな伐採されている。その大木たちがただ燃やされてるのをみて、「くださいっ!」と言ったら快諾してくれたので、先日農園カフェ用の石釜の薪として大量にいただいていた。そのときに薪以外で何か利用できないかなあと思いながら、直径40~50cmある硬い大木の広葉樹の使い道が思いつかないでいたのだけど、わっきーの登場で、ビンゴーッ!

「世界中の武器を楽器に!」

屋久島で育ったこのクスノキでピースなジャンベを創っちゃおう!

f0252883_23344178.jpg

はじめてチェンソーを使うやまちゃん。クスノキの樟脳の香りに感動してました。本当いい香りが当たり一面に漂ってました。

f0252883_23533361.jpg

この三本をチョイス。4本に見えるけど、1本は2股に分かれたもの。叩くところが2つで音が出るところは1つのジャンベをつくろうと思います。いったいどんな音をかもし出すのか楽しみ楽しみ。皮はやっぱりヤクシカをはりたいな。だれか獣害駆除で打たれてしまった鹿などの情報を持っている方いましたら、お知らせください。皮をなめして、このヤクジャンベにはりたいと思います。

f0252883_23581861.jpg

夕方、「バイオリンを作ってみよう」とわっきー。タブノキの丸太を割り出した。バイオリンは生木でも製作可能らしく、今日からさっそく作るみたい。

やりたいことを日本の常識に囚われずドンドンやりだしちゃう種族たちが次から次へとやって来てはアペルイにいい刺激をもたらせてくれています。

ガイドの仕事が少ないオフシーズンの屋久島の今、こんなクリエイティブな暮らしがとても楽しい毎日です。


屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-02-07 00:06 | 島に生きる人
2016年 01月 28日

島の仲間と大工祭!

f0252883_21471999.jpg

農作業小屋、兼森のようちえん園舎の屋根&壁板はりをやりました。仕事休んでまで!手伝ってくれた人がいて、あれにはみんなびっくりでした。笑 今日は人の温かいつながりに包まれ、僕らアペルイメンバーが思い描く共生のエコビレッジの姿が早くも具現化してしまったような気分にさせてもらえた幸せな一日でした。この喜びは言葉ではとても伝えられそうもないので写真をドドンッと14枚アップしました。家作りの楽しさが少しでも伝わってもらえたら嬉しいな。

「家は買うもんじゃない。自分で建てるもんだ。」

20代の頃、呪文のように言われた言葉は、誠でした。

f0252883_2155528.jpg


f0252883_21561423.jpg


f0252883_21565951.jpg


f0252883_21573072.jpg


f0252883_2158272.jpg

夢中になっている人の表情ってなんて素敵なんだろう。

f0252883_2273816.jpg

二つ返事で「手伝いに行くよ!」と無償の手をかしてくれる仲間がいてくれることにただただ感謝です。みんなの真剣な顔を見てると、なんだか泣けてきます。

f0252883_21582496.jpg

休憩中で誰もいなくなった現場。カナヅチもしばし休憩~。なんか好きな風景

f0252883_21594658.jpg


f0252883_220447.jpg


f0252883_2202278.jpg


f0252883_2204411.jpg

るーちゃんはじめての1升羽釜たきにチャレンジしていると、「始めチョロチョロなかパッパ!」と背後から屋久島ヨーダが登場し、何やら指導が入ってました。笑 

f0252883_2231730.jpg

島の老若男女が集まって、喧々諤々、あーだ、こーだ、ワイワイやりながら、一つのものを創りあげていく快感をしってしまうと、人間の幸せの本質は物質的なものではないと悟ります。みんながこれまでに獲得した英知を出し合いながら、不足している事を補っていく作業って、何て気持ちのいいものなんだろう。

f0252883_228291.jpg

そんな平和な作業の後の宴といったら・・・ 棟梁エルビス、感無量な表情してました。笑

太鼓に、ギター、バイオリンまで登場して、幸せな大工賛歌が鳴り響く幸せな夜でした~。さあ、ガイド業が忙しくない間に、明日もエコビレッジ構想の完成に全力を注ぎます!

応援にかけつけてくれた島のみんな本当に今日はありがと!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-01-28 21:46 | 島に生きる人
2016年 01月 16日

幸せ家族写真

今日は、4月に島を出てしまうご家族の記念写真の依頼を受け、指定されたご家族のお気に入りの浜へ。

屋久島の海岸は岩礁が多く砂浜がとても少ない島ですが、ここは穴場の砂場。安房にも素敵なビーチがあるんです。写真撮影には、かなりおすすめです!屋久島二大港である安房が護岸工事される前は、ウミガメが産卵にやってくるほど、広大な砂浜があったそうです。

f0252883_2312756.jpg

室内の写真撮影と比べて、海は開放的で、すぐに表情が軽やかになっていきます。海ってやっぱりすごいなあ。

f0252883_2343689.jpg


f0252883_233933.jpg


f0252883_2332412.jpg


f0252883_2334439.jpg


f0252883_2341787.jpg


f0252883_2352221.jpg


また、屋久島に還ってきて再会できる日を楽しみにしてますっ!


今日のベストショットはこちら↓
https://500px.com/photo/136737599/kind-eyes-for-future-by-shunzo-tanaka

屋久島トレッキングガイド アペルイ http://aperuy.com/guide.html
[PR]

by shunzo_tabibito | 2016-01-16 22:51 | 島に生きる人
2015年 08月 27日

自由な学校で太鼓岩へ

今日は小学生対象の自由な学校の夏休み最後の日。
タクミとコウヘイのリクエストに応えて、白谷雲水峡の太鼓岩を目指してきました。

f0252883_10284917.jpg

葉っぱにどんぐり、アカホヤの粘土と、あらゆるものに興味を示す子どもたち。
全然すすまな~い・・・

f0252883_10315448.jpg

そして何やら・・・

f0252883_103224100.jpg

喧嘩もはじまる・・・

果たしてたどり着くのだろうか・・・

f0252883_1033121.jpg

何度も何度も休憩を入れて




ついに森を突きぬけ太鼓岩に!


f0252883_1034967.jpg

太鼓岩に真っ先に駆け上ったタクミの顔がみるみる輝きだしたのがとても印象的でした。

f0252883_10361514.jpg

2人が見たかった風景。いつかあの山峰を歩く日が来るのかな。


下山はぐずるだろうと僕は内心思っていたけど、まったく予想ははずれたくましく自分の足で歩ききった。大人の心配事ってあまりあたらないですね。最後に交わした会話がとても印象的でした。


「もうすぐゴールだな。よく頑張ったな。」

「自分たちで決めたことだから」



大人は見守るだけでいい。ワクワクセンサーによって湧き出たやってみたいこと(夢)を実現できる自由な時間を大人がしっかり確保してあげれば、子どもたちは好奇心という名の燃料でパワフルに夢を追いかけてゆく。


f0252883_1045593.jpg

自ら描いた夢を実現させた2人が、ちょっぴり大きく見えた。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-08-27 10:26 | 島に生きる人
2015年 08月 06日

今日は被爆から70年の「原爆の日」

f0252883_12501973.jpg

広島は今日6日、被爆から70年の「原爆の日」を迎えた。広島市の松井一実市長は平和宣言で「絶対悪」である核兵器の廃絶を呼び掛けた。

絶対悪であるはずの核が4年前、福島で爆発して、多くの方々が被爆した。イラク戦争では、どこかの原子力発電で生まれたゴミが輸出され劣化ウラン弾となり、多くのイラク市民が被爆したそうだ。

悪で経済がまわる今日この頃。


ネイティブアメリカン「ホピ族」の聖地から無理矢理掘り起こされたウランをつかって製造された原爆が、広島と長崎に投下されたという。ホピの民はこんな予言をしていたそうだ。

『白い兄弟はサークルをクロスに替えにやってくる。そしてわれわれに、白人のように生きることを強制するだろう。彼らはこの聖なる大地を掘り返し、そこで搾取したものから「灰の詰まったひょうたん」を造るだろう。その「灰の詰まったひょうたん」が地上に投下されれば、すべてを燃えつくし、一瞬で地上は灰になる。多くの病が長く続き、医者も薬ももはや何の役にも立たないだろう』

写真は屋久島の沢に刻まれた巨大なポットホール。直径3m以上はあるだろうこの巨大な穴ができあがるまでにいったいどのくらいの年月がかかったんだろう。何千年か、はたまた何100万年か・・・繰り返される増水によって水と石が作り上げた無二の造形美だ。

一度作られたら人の手では止めることも無毒化することもできない絶対悪のヒョウタンと、地球が長い間かけて創造した美しきヒョウタン、あなたはどっちに足を踏み入れる?

No Nukes
No War
No Abe-Seiken
[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-08-06 12:49 | 島に生きる人
2015年 08月 05日

自由な学校でカヤック

f0252883_9344378.jpg

小学生対象のアペルイ事業「自由な学校」

小学校では味わえない大自然への冒険。
何ものからも束縛されない環境で
感性のおもむくままのびのび遊ばせたい。

今日は島の小学生2人とカヤックで安房川へ。まだ体の小さいタクミとコウヘイ。漕ぐのが大変そうだったけど、持ち前の個性で楽しみをうまく見つけ出してた。

f0252883_9374910.jpg


f0252883_944592.jpg

協力してサップを運んで

f0252883_9382787.jpg

失敗したりもしたけど

f0252883_9391093.jpg

新たな事(サップ)に挑戦する力は大人以上。

f0252883_9405523.jpg


子供は自然で元気に叡智を養ってゆく。

屋久島カヤックガイド アペルイ http://river.aperuy.com/kayak
[PR]

by shunzo_tabibito | 2015-08-05 09:32 | 島に生きる人