屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 15日

野口ファミリーより

f0252883_16363432.jpg

昨夜、無事に帰宅しました。息子と娘は、それぞれの同窓会があり、自宅直前の

姫路駅で車を降りて行きました。私(父)と息子の膝はお風呂と湿布で改善しており、

大事には至らない様で、親子4人とも皆元気ですのでご安心下さい。

素人トレッカーかつ初ガイドツアーでしたので、案内がたいへんだった事と察します。

更に、白谷雲水峡で少々天狗になり、縄文杉まで目指すことになりましたが、正直言って

田中様のガイドが無ければ戻れなかった(もっと早く諦めた?)と確信しています。

今だから言えますが、縄文杉の帰路はテーピングと田中様のサポート帰れるだろうと、

少々安易ですが安心していました。(両膝とも、相当痛い目にあいましたが・・・)

また、他のガイドさんの説明を小耳にしていましたが、名所・旧跡の一般的な説明だけで、

植生や地学・歴史など広く深い説明が、田中様のガイド思想を表していると感じました。

その時間を掛けた解説が、我々が往復できるペースをだったかと感謝しています。

普段は皆がそろうことが少ない中、親子で食べた『冷たい弁当』が非常に美味しかったと

思います。素晴らしい銀婚式+子たちの就職記念旅行をありがとう御座いました。

今回は、屋久島のメインデッシュのみでしたので、ぜひもう一度訪ねたいと思います。


追伸)せっかくの正月に時間の掛かるガイドとなり、申し訳ありませんでした。

   ご家族の皆様には、よろしくお伝え下さい。

f0252883_16382781.jpg

姫路の野口です。お正月には大変お世話になり、有難うございました。

 先日(14日)に写真が届きました!

 びっくりするくらい、とっても綺麗な写真が沢山!!

 同じ風景を見ていたはずなのに、田中さんの目にはこんな風に映っているんだ・・・と感心しました。

 もう一度屋久島にいるみたいで、とてもうれしく拝見しております。

 子供たちにも転送します。



 仕事に行っている時に、ふとした瞬間に「あ~~屋久島でも同じように時間が流れているのに・・・」と思うことがあり、不思議な感じがします。姫路での生活と、屋久島での田中さんの生活と、違いすぎるな~と思いつつも、とりあえずここで生きていくことを精一杯頑張ろうと思います。でも、無駄をなくすように心がけていますよ。

  今週は娘が卒論の調査で帰って来たため、バタバタしています。屋久島で木を沢山見たおかげで、テーマを姫路の保存樹に絞り、限られた時間の中、頑張っています。私も付き合って大きな木を見て回りました。姫路の街中にも樹齢数百年の木が沢山ありました。何とかまとめて、無事卒業してくれることを祈っています。

 2月・3月は子供たちの下宿の引き払いの引越があり、慌ただしいです。そんな時にも屋久島の写真を見て、和みたいと思っています。そしていつの日かまた屋久島を訪れたいと思っています。その時はよろしくお願いしますね。

 そうそう、いわさきホテルの売店にけい水産さんの干物が置いてありました。クール便で送ってもらい、子供たちもそれぞれ持って帰りました。みんなが揃った時にメダイのヘッドを食べようと、楽しみにしています。

 急な予定変更や、無理ばかりお願いして、申し訳なく、そして本当に有難うございました。

 寒さが増す中、ご自愛下さい。

 お礼方々、ご報告まで。
[PR]

by shunzo_tabibito | 2013-01-15 16:23 | 旅人の声


<< 漁の手伝い      大きな切り株に入っていく旅人 >>