屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 04日

かなちゃんより

f0252883_1039441.jpg

俊三様 阿弓様 洸平様

3日間、朝から晩まで付き合ってくれてありがとう。
ずっとずっと、行きたいと思っていた屋久島。
屋久島は緑の島でした。圧倒的な質感と量感で迫ってくる緑の島でした。
川も空気も雫も緑で、白谷での苔の色は想像以上でした。
太鼓岩からの景色には、本当に息を飲んだんだ。
頂上から森を見る、わたしにとっては初めての経験でした。
まだまだ知らない景色がある、それを見たいって貪欲に思ったよ。

印象的だったのは、どんどんほぐれていく聖子ちゃんの顔でした。
職場で会う聖子ちゃんはどこか不安げで少し硬い顔をしていて。
この旅に出る前も、本当に行けるのかなって心配になってしまうくらい。
きっとわたしも同じような顔をしているんだと思う。
最終日の白谷でのほどけっぷりには、嬉しくなってしまった。
誘ってよかったな、一緒に旅ができてよかったなって。
あの聖子ちゃんの顔をひきだしたのは、屋久島の自然の力か、はたまた俊三の力か・・・。

そしてね、いやぁ、わたし俊三を甘く見ていたよ。
海はともかく、山や森の経験値、知識があんなにあるなんて。
フィールドに出ると、生き物たちのシンプルななりふり構わない生存競争にいつも感動するんだ。
俊三のガイドはそれをさらにさらに感じさせてくれるものでした。
そして、お客さんに合わせたガイディングも正直、すごいなって思った。
複数のスケジュールの中で時間管理をせざるを得ないのに、
好きな空間で好きなだけ好きな過ごし方をさせてくれる、なかなかないよね。
海で魚まみれになったのも、川で魚と一緒に流れたのも、太鼓岩で風の音にびびったのも
俊三のガイドじゃなきゃできなかったことだったかなって思うよ。

阿弓ちゃんと洸ちゃんにも感謝感謝です。
阿弓ちゃんのおいしいごはん、やさしい心づかい、嬉しかったです。
何より、まっすぐな凛とした阿弓ちゃんの考えがわたしは大好きです。
阿弓ちゃんの想いと一緒においしいパンやごはんがいろんな人に楽しんでもらえる日が早く来るといいねー。

遠い遠いと思っていた屋久島。意外に行けちゃうもんでした。また、行きます。
また、わたしの知らないことを教えてください。
3日間、本当にありがとう。

追伸
そうそう、安房川で見た淡水魚、オオクチユゴイかなって思うんだけど、どう?
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-10-04 10:38 | 旅人の声


<< ハッピ団長ほーりー&やっしーより      わっちゃんより >>