屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 20日

真司くん&美穂ちゃんより

f0252883_1138494.jpg

昨日までお世話になった太田です。無事に札幌に帰ってきました。メールをしようと思って和蔵のHPを開いたら、自分達の写真が!早くもアップしていただいて、ありがとうございます。

今日は、朝起きてからふと思い立って自転車をレンタルし、出発までの時間を利用して、ガジュマル園に行ってきました。さらに足をのばして、一湊のダイビングをした場所と、海水浴場も見てきました。思いのほか多かったアップダウンと強烈な向かい風で、ただでさえ悲鳴を上げている体に追い打ちをかける強行軍。滞在時間もわずか5分だったけど、心から行ってよかった!海の色がとてもきれいでした。あそこで一日中すごしていたかった。

ダイビングは、是非またやりたいと思います。もっといろんな魚と出会いたいし、もっと深く潜ってみたい。縄文杉も疲れたけど本当に行ってよかった。あの達成感は最高です。北海道の森にも興味がわいてきたし、登山をしてみようかと思うようになったのは、俊三さんのおかげです。解説や会話の一つひとつに、自然への愛があふれてましたね。

一緒に歩いたみんなは無事にシュノーケリングできたんでしょうか。今日は風が強くて波もけっこうありそうでしたが… えりさんが縄文杉まで行けなかったのは本当に残念で、ものすごい決断だったと思いますが、最後はみんなで帰ってこれてよかった。一緒に登れて楽しかったです。

屋久島に行ってよかった。
俊三さんにガイドをお願いしてよかった。

これに尽きます。
本当にありがとうございました!   真司







屋久島の心地よい時間の中でまだしばらくたゆたっていたくて、大好きな札幌へ帰るのを延期しようか悩みましたが、結局、帰ってきてしまいました。

最終日は、屋久島の里をもう少し感じたくて、一湊の海岸の碧さをもう一度見たくて、筋肉痛の体に鞭打って、2人で片道9kmの道のりを自転車でGo! …屋久島にきた初日、俊三さんの車でラクラク通った道だったので甘く考えていました。炎天下で向かい風の中、アップダウンが激しく、何度もくじけそうになりました。しかし、道端のシダやつつじ、時折飛び出してくる屋久猿、海の碧さを見ながら、なんとか気合いで目的を達成しました。海岸の砂は、花崗岩が混ざっているようで、確かに森と海はつながっているのかもしれませんね。

さて、本題です。「縄文杉を見たら人生観がかわる」、そんな噂を聞いて見に行ってみたくなり、訪れた今回の屋久島。実際縄文杉を見ましたが、縄文杉だけを見ても人生観は変わらないですね。縄文杉といっても、結局は杉の1本にすぎないですし。けれど、縄文杉に逢いに行くまでの道程が、価値観に影響を与えるのだと思いました。大人になってから、こんなに魂が揺さぶられる感覚は、なかなか得られないです。森のチカラは偉大です。

そして、ダイビング。海の中って、こんなに気持ち良かったんですね。上から見る海も好きでしたが、下から見る海はもっと好きです。太陽の光を感じたいなら、水上より水中です。ビビッドな色の魚が目の前を泳いでいる夢のような空間、水の中を漂っている感覚、気持ち良すぎて寝てしまいそうでした。終わった後の屋外シャワーも気持ち良かったです。

それから、この場をお借りして一言。えりちゃん、とよぴー、ともちゃん、本当にお世話になりました。えりちゃんの決断力、とよぴーの気配り力、ともちゃんの精神力、私も見習いたいと思いました。素敵な皆さんと出会えて、一緒に旅ができて、すごく楽しかったです。

最後に。俊三さん、本当にありがとうございました。俊三さんがいつも明るくさりげなくサポートしてくださったから、私は楽しむことだけに集中できました。阿弓さん、朝早くから準備してくださったお弁当、本当においしかったです。ごちそうさまでした。洸平くん、あなたの笑顔の写真のおかげで、あなたのパパと巡り会うことができたよ。ありがとう。

俊三さんと出会えたことで、ものの見方・感じ方が少し拡がった気がします。屋久島の自然も確かに素敵でしたが、俊三さんに出会えたことが、何より嬉しかったです。幸せな旅でした。ありがとうございます。

P.S:俊三さん、いつか、北海道で、熊が鮭を獲るシーンを撮影できたらいいですね☆
※もし、巡り会えなかったらご連絡を。その時は、私が熊の着ぐるみを着て、鮭を獲るシーンを熱演します。ぜひ、一眼レフで激写してください!  美穂



真司です。

写真みおわりました!とても満足!やっぱり一眼レフで撮ってもらえてよかったです。色もあざやかだし、奥行きが感じられます。けっこう撮られてるのに気付いてないシーンありましたね。笑 どの写真を見ても、自分たちが楽しんでいたのがよくわかります。旅フォトをお願いしてよかった。このメールを書いてる横で、嫁が2巡目を見てるし。笑 風景の写真もすごくきれいで、さっそく壁紙にしてます。いっぱい撮ってもらってありがとうございます!

今回の旅は、すごく心に残る旅でした。屋久島がよかったのはもちろんだけど、やっぱりしゅんぞうさんとの出会いがあったからのような気がします。ふだんの生活に戻ってますが、がんばって働いて、また旅に行きたいと思います。何かおもしろいことがあったら、またメールさせてもらいますね^^



こんばんは!みほです。

写真の鑑賞会が終わりました!!すごーい!!!TVに映して見たんですけど、大興奮です!!!!さすが一眼レフ。素敵な写真がたくさん☆…いやいや、しゅんぞうさんの感性のおかげですね(笑)

自分たちで撮ると、看板があるような名所でのカメラを意識しての撮影が大半になってしまいがちですが、しゅんぞうさんに撮ってもらった写真は、歩いている時に見ていた森の様子だったり、何気ない風景がたくさんつまっていました。森をまじまじ見てたり、お弁当を頬張っていたり、何気ない自分もいっぱいつまっていました。静止画なはずなのに、動画を見ている気分でした。

写真はしゅんぞうさんに完全にお任せしていたので、トレッキング中はじっくり森を見ることができました。撮ることに集中してしまうと、せっかく目の前にあるものをレンズ越しでしか見なくなってしまいますからねー。旅フォトお願いしてよかったです。ありがとうございました!!!!!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-05-20 11:30 | 旅人の声


<< 2回目はお母さんを連れて来てく...      かよちゃん&えっちゃんより >>