屋久島ガイドがお届けする今日のおすすめヒトトキ

tabibifoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 27日

コトちゃんより

f0252883_11165643.jpg

俊三さん

こんにちは。こと子です。
ダイビングの写真送っていただいてありがとうございました!
無事、山形に戻り、また就活と大学の卒業制作に打ち込む日々が始まりました..。笑

普段の生活に戻って約2週間。ふとした時に、屋久島の思い出がよみがえり、なんだか心があったかくなります。初めて訪れた屋久島は、とても心に残る思い出ばかりで、自分の価値観や考え方が一変した場所でした。

屋久島が持つ自然の雄大さに圧倒されたのは、もちろんのことですが、俊三さんにガイドしていただいたことが自分の心の転機になったように思います。俊三さんには、白谷雲水峡とダイビングでお世話になりました。色んなことが初めてで、少し不安でしたが丁寧かつ親切なガイドのおかげで存分に楽しむことができました。本当に感謝です。

最初は、白谷雲水峡の神秘的な風景に圧倒されていただけでしたが、俊三さんが屋久杉の歴史や植物の話をしてくださったことで、どこか漠然と捉えていた景色に色がつき、自分の見てる景色に深みが増したように感じました。自然が創る造形美を全身に受けながら歩いていると、歴史の重みや生命の尊さ、清らかさを感じ、自分の存在はとてもちっぽけで、今まで狭い視野でしか物事を見てなかったんだなぁ..なんて思いました。

お昼にお弁当をいただきながら、色んな話をしてくださりました。特に、自分が話した「光」の話について俊三さんが耳を傾けてくれたこと、本当に嬉しかったです。

光は、形に残るものではないし、身近にあるため普段そこまで意識しませんが、生活に密接に関わっているからこそ光は空間を作る上で、重要な要素になります。明るいだけが光の役割というわけではないし、光の在り方1つで人の心身が影響を受けることが面白いんですよ。..なんて偉そうなこと言いましたが、興味を持ってくれたことが嬉しくてついつい話してしまいました。ぜひ、素敵なカフェを作る参考にしていただければなぁと思います。

帰り道は、就活の話になり、人生やら価値観やら色んなことを考えさせられた帰り道でした。俊三さんのお話を聞いて、今まで色んな迷いがありましたが、最終的には「好きなことをやる!」これに尽きるなと思いました。迷わず突き進む勇気をもらいました。

そして、ダイビングは、自分の中でかなりインパクトのある体験でした。どこまでも青くて、青のグラデーションの中に漂う感覚が本当に心地よくて、海の中にいるはずなのに光に包まれてました。特に水中から見上げる海面は、きらきらゆらめいていて、ずっとずっと見続けたかったです。水中の光は、地上で感じるよりも繊細で、とても神秘的でした。本当に感動的でした。

俊三さんに出会えたことで、自分の視野を広げること、色んなことに挑戦していくことを学びました。最後にはガイドさんというより、兄貴!って思わず呼びたくなる、あったかい人でした。たった2日間でしたが、本当にありがとうございました。

自分の信念を持って、自分の夢を追いかけて、俊三さんみたいなキラキラした人でありたいです。

また、お会いしましょう!俊三兄貴!
[PR]

by shunzo_tabibito | 2010-05-27 11:16 | 旅人の声


<< さあきちゃんより      2回目はお母さんを連れて来てく... >>